世田谷一家、王将社長…今も捜査が続く未解決事件10の現在

世田谷一家、王将社長…今も捜査が続く未解決事件10の現在

最後に目撃された場所には友梨ちゃんの看板が立てられた(写真:共同通信社)

 世間を騒がせた凶悪犯罪は時が経てば人々から忘れられるが、被害者やその遺族の怒り、苦しみは決して消えることはない。懸命の捜査にもかかわらず、いまだ犯人が野に放たれたまま逮捕に至らぬ「未解決事件」のその後を追った。

※記事中の「懸賞金」は、容疑者検挙につながる有力情報に対し、警察庁が上限300万円で設定する公的懸賞金(捜査特別報奨金、期間1年)に、遺族や民間団体による懸賞金を加えたもの。検挙に寄与した情報提供者が複数ある場合には、貢献度に応じて上限内で分割して支払われる。

◆熊取町・吉川友梨ちゃん誘拐事件
【2003年5月20日 大阪府警】懸賞金300万円

 小学4年の吉川友梨ちゃん(当時9歳)が下校途中、行方不明に。自宅から約400メートル離れた地点で、友梨ちゃんは忽然と姿を消した。最後に目撃された付近には事件後、地元の協力により看板も立てられ、今年7月に10回目の報奨金延長がなされ、父親らがビラを配った。

 府警は2017年、不明となった当日午後3時頃、現場近くに停車していた白色の不審車を「クラウン」130系(1987~1990年)か120系(1983~1987年)と公表。同府南部の該当約2300台のうち現在約1400台の所有者に当日の行動を聞くなど、捜査を続ける。

◆群馬・横山ゆかりちゃん誘拐事件
【1996年7月7日 群馬県警】懸賞金600万円

 七夕の午後2時前、群馬県太田市で、両親と訪れていたパチンコ店で横山ゆかりちゃん(当時4歳)が行方不明になった。県警は未成年者略取・誘拐容疑事件とし、店の防犯カメラに映っていた、ゆかりちゃんに話しかけるサングラスをかけた身長約158センチの男を重要参考人として追っている。

 パチンコ店内の長椅子に座っていたゆかりちゃんは、不審な男に話しかけられた後、店を出て姿を消した。今年で21年目を迎えたが、父親・保雄さんは情報を求めてチラシを配る。県警は、防犯ビデオの映像を使った動画『白昼の死角』をYouTube公式チャンネルで公開。現在、ゆかりちゃんは26歳になっている。

◆東京・世田谷一家殺害事件
【2000年12月30日 警視庁】懸賞金2000万円(※12月15日まで)

 年の瀬の深夜、東京都世田谷区の会社員・宮澤みきおさん(当時44歳)、妻の泰子さん(同41歳)、にいなちゃん(同8歳)、礼くん(同6歳)の一家4人が包丁で刺されるなどして惨殺された。犯人は殺害現場でアイスクリームを食べるなど異常な行動も。犯人が着ていたトレーナー、ヒップバッグ、靴、帽子、手袋など犯人の遺留品が多数あった。

 2014年、懸賞金が国内最高額2000万円に引き上げられたが、犯人はいまだ見つかっていない。警視庁はこれまで捜査員延べ約26万人を投入。敷地内のポリスボックスに警官が24時間常駐する。

◆葛飾柴又・上智大生殺害事件
【1996年9月9日 警視庁】懸賞金800万円

 東京都葛飾区柴又で上智大学4年生の小林順子さん(当時21歳)が自宅で殺害、放火された事件。焼け跡の2階寝室から、粘着テープやストッキングで手足を縛られ、首を数か所刺された順子さんの遺体が見つかった。遺体に掛けられた布団に付着していた犯人のものと思われる血液のDNA鑑定から、A型の男と判明している。

 事件直前に順子さん宅を見ていた身長約160センチの不審な男の似顔絵もあるが、いまだ犯人は見つかっていない。

◆広島・廿日市市女子高生刺殺事件
【2004年10月5日 広島県警】懸賞金300万円

 広島県立廿日市高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が帰宅後の午後3時頃、自宅離れで男に首や胸などを刺されて死亡した。当日、聡美さんは高校の定期試験で午後早めに帰宅していた。

 犯人は悲鳴を聞いて母屋から駆けつけた祖母も刺し、逃走。広島県警はこれまで延べ27万人以上の捜査員を投入。父親はブログを開設し、手がかりを求めている。

◆京都岩倉・京都精華大生刺殺事件
【2007年1月15日 京都府警】懸賞金300万円

 午後7時45分頃、京都市左京区岩倉幡枝町の歩道上で京都精華大学マンガ学部1年生、千葉大作さん(当時20歳)が男に刃物で全身をめった刺しにされて死亡。帰宅途中の千葉さんを刺した男は、黒色のジャンパーを着ていた。府警は延べ約5万人の捜査員を投入して犯人を追っているが、犯人はまだ見つからない。

「アホ、ボケ」と暴言を吐いて上半身を揺らす犯人の特徴など、事件を描いた漫画冊子を大学教員が作成。新情報が出る度に改訂している。

◆加古川・小2女児刺殺事件
【2007年10月16日 兵庫県警】

 午後6時頃、小学2年生の鵜瀬柚希(うのせゆづき)ちゃん(当時7歳)が兵庫県加古川市別府町の自宅玄関前で、自転車を自宅裏に置き、玄関まで行く間に何者かに左胸と腹を刃物で刺され、死亡した。柚希ちゃんは搬送される救急車の中で、犯人を「大人の人」「男」と話し、その後、意識を失った。

 兵庫県警は現在も約20人態勢で捜査を続けている、事件から10年目の今年10月16日にもチラシ1000枚が配布された。

◆東京・八王子市スーパーナンペイ射殺事件
【1995年7月30日 警視庁】懸賞金600万円

 東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」でアルバイトの女子高校生・矢吹恵さん(当時17歳)、前田寛美さん(同16歳)、パート従業員の稲垣則子さん(同47歳)が頭を拳銃で撃たれて殺害された。事件は閉店後の2階事務所で午後9時20分頃に発生。前田さんは当日非番だったが、友人の矢吹さんを迎えに来て事件に遭った。

 2015年、粘着テープの指紋の一部から約10年前に病死した日本人男性が浮上したが、同一と断定されなかった。

◆東京・板橋資産家夫婦殺害事件
【2009年5月25日 警視庁】

 雷雨の深夜0時すぎ、東京都板橋区の不動産賃貸業・瀬田英一さん(当時74歳)、妻の千枝子さん(同69歳)の屋敷の離れから出火。焼け跡から頭部を鈍器で殴られ、胸や腹を刃物で刺された夫婦の遺体が見つかった。

 自宅敷地は1500平方メートル超。火元の離れから2千数百円の現金が発見された。英一さんは周辺にも7500平方メートル以上の土地を所有。敷地内には警報音が鳴る赤外線センサーが設置されていたが、被害に遭った。襲撃後に灯油をまいて放火したとみられ、物証の多くを焼失。被害総額もわかっていない。

◆京都・「餃子の王将」社長射殺事件
【2013年12月19日 京都府警】

「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの社長だった大東隆行さん(当時72歳)が京都市山科区の本社前で胸と腹を拳銃で4発撃たれて殺害された。午前5時45分頃、自ら車を運転して出勤したところを狙われた。早朝に本社前を掃除するのが日課だった。

 短時間で至近距離から正確に連射しており、プロの手口とみられている。犯人が使用したのは25口径の拳銃。海外では護身用に使われるが、国内での使用は稀という。

※週刊ポスト2017年12月22日号

関連記事(外部サイト)