追悼2017 日野原重明さん他、政治家・文化人7人の在りし日

追悼2017 日野原重明さん他、政治家・文化人7人の在りし日

三浦朱門氏は文化庁長官を務めた(写真:時事通信フォト)

 2017年を振り返れば、多くの人が旅立った。彼らの活躍や生き様は、私たちの目に、心にしっかりと刻まれている。今年、惜しくも世を去った政治家・文化人の「在りし日」を紹介する。

●日野原重明さん(聖路加国際病院名誉院長、享年105)
 民間病院で初となる人間ドックの開設や生活習慣病の周知など、予防医療の発展に尽力。小学生に命の大切さを説く「いのちの授業」のために全国を飛び回る一方、100歳を超えても現役の医師として診察を続けた。1970年、「よど号ハイジャック事件」に遭遇、人質となったことでも知られる。7月18日没。

●三浦朱門さん(作家、享年91)
 1951年に『画鬼』で文壇デビュー、翌年『斧と馬丁』で芥川賞候補となる。妻・曽野綾子氏らとともに「第三の新人」として注目を集め、『箱庭』(1967年)で新潮社文学賞を受賞。文化育成に尽力し、民間人では2人目となる文化庁長官に就任。曽野氏との共著も数多く残した。2月3日没。

●鈴木清順さん(映画監督、享年93)
 日活専属監督として『港の乾杯 勝利をわが手に』(1956年)でデビュー。宍戸錠主演の『殺しの烙印』が堀久作・日活社長の怒りを買い日活を退社。『ツィゴイネルワイゼン』(1980年)で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞、『陽炎座』『夢二』との3部作による映像表現は「清順美学」と呼ばれた。2月13日死去。

●羽田孜さん(元首相、享年82)
 自民党時代は竹下派七奉行の1人として要職を歴任。1993年に離党、新生党党首に。翌年非自民連立政権の首相に就任したが、現憲法下最短の在任64日に終わった。半袖スーツの省エネルックを愛用したことで知られる。8月28日没。

●篠沢秀夫さん(学習院大学名誉教授、享年84)
 専門はフランス文学。『クイズダービー』(TBS系)での珍解答で「篠沢教授」の名が一躍全国区に。2009年に難病「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」を発症。闘病生活の傍ら、執筆や講演活動を精力的に続けていたが、10月26日に死去。

●西村昭五郎さん(映画監督、享年87)
 1963年に『競輪上人行状記』で映画監督デビュー。一般映画14本を監督した後、日活ロマンポルノ第1作『団地妻 昼下りの情事』(1971年)のメガホンをとったことで知られる。以降、『団地妻』シリーズや団鬼六作品など、監督として最多の84作品を送り出す。8月1日没。

●与謝野馨さん(元財務相、享年78)
 祖父母は歌人の与謝野鉄幹・晶子夫妻。中曽根康弘元首相の秘書官を経て、1976年衆院議員に当選。通産相、財務相などを歴任、政界きっての政策通として知られる。囲碁好きとしても有名で、小沢一郎氏とたびたび対局して話題に。1977年に悪性リンパ腫を発症して以降、直腸、前立腺、下咽頭と4つのがんと闘った。2012年に声を失い政界を引退。5月21日死去。

※週刊ポスト2017年12月22日号

関連記事(外部サイト)