富岡八幡宮殺傷 第一通報者が聞いていた「異様すぎる言葉」

富岡八幡宮殺傷 第一通報者が聞いていた「異様すぎる言葉」

現場は騒然となった(写真:時事通信フォト)

 東京都江東区の富岡八幡宮で、宮司の富岡長子さんが殺害され、運転手も刺されて重傷を負った事件。富岡さんの弟の富岡茂永容疑者との間にあった宮司の地位をめぐるトラブルにばかり注目が集まっているが、事件現場では、“もう一人の女”の異様さが際立っていたという。第一通報者に接触したノンフィクションライター・柳川悠二氏がリポートする。

 * * *
 イベントの運営を手がけるAさん(41、自営業)は、12月7日の午後8時過ぎ、富岡八幡宮からほど近い自宅に帰ろうとしていた。地下鉄・門前仲町駅から大通りを歩いていると、一本の道を挟んだ富岡八幡宮の方向から人が争う声が聞こえてきた。最初は、カップルか夫婦の痴話喧嘩かな、と思った。しかし、叫ぶような声も耳に入ってきて、複数人による言い争いのようにも聞こえた。

 その声色が尋常ではない。気になって富岡八幡宮の方向に歩いて行くと、境内脇の通りをスーツ姿の男性が歩いて行くのが見えた。さらにもうひとり、ニット帽を被り、黒い服を着た人物がゆっくりとした歩調で前方の男性を追いかけていく。

 しばらく様子をうかがっていると、近所のコンビニエンスストアの方向から怒声が聞こえてきた。今度ははっきり、言葉を認識できた。

「お前だけは許してやる!」

 その言葉の異様さにこれは大事(おおごと)だと、Aさんもコンビニに向かう。その時、先ほどの黒い服を着た人物とすれ違った。身長160センチほどで、中肉中背。性別は判然としなかった。その人物は、小さな赤い橋を渡って、富岡八幡宮方向に入っていく。Aさんはその状況をこう振り返る。

「単なるケンカにしては、声の感じが普通じゃなかったんです。怖かったんですけど、『お前だけは』という言葉がどうしても引っかかって。それで恐る恐る、コンビニに向かって歩いていたら、途中にある家の住人が棒を持って家の前に出て来ていて、『今、歩いて行った女の人は、日本刀を持っていましたよ』って。その道って、地元の人が積極的には利用しない道で、暗い場所だったから、日本刀に僕は気付かず、黒い服を着ていたのが女性だということもその時に分かったんです」

 どこからか、「110番!」の声が聞こえ、Aさんはすぐに通報した。携帯電話の履歴にある通報時刻は午後8時26分。Aさんは第一通報者となった。

◆「首元に折れた日本刀が刺さっていました」

「日本刀を持った女が、富岡八幡宮方面に向かって橋を渡っていきました。ニット帽を被っていて、黒い洋服で……」

 110番で出た警視庁の係員に状況を説明していると、コンビニ方向から若いカップルが走って来た。男性の方が、通報中のAさんに告げた。

「コンビニの前で、人が刺されています!」

 Aさんは、その言葉をそのまま係員に伝え、カップルとコンビニに向かう。すると最初に遭遇したスーツ姿の男性が、多量の血を流してコンビニの外に倒れていた。

「おそらく日本刀で斬りつけられ、右腕で防御しようとしたんだと思います。右腕から右肩にかけてパックリ斬られていて、胸にも大きな刀傷がありました」

 事件が起きた当初は、周辺は静けさに包まれていた。しかし、すぐ騒ぎになって、多くの野次馬が赤い橋の方に向かおうとしていた。彼らは、犯行に及んだと思しき女が、日本刀を持っているなんて知る由もない。若者はAさんの制止を振り切り、「心配だから、見てきます」と言って、赤い橋の方向に走ってゆく。

 その間、警視庁への電話はつながったままだった。しばらくして救急車、そして制服を着た警官がさすまたを手にして到着し、Aさんは電話を切る。通話時間は7分だった。わずか7分間の出来事だったことが、Aさんにはとても信じられなかったという。

 すると警察官とすれ違うようにさっきの若者が戻ってきて、その無事を確認したAさんは胸を撫で下ろした。そして、ふたりはこんな会話を交わしたという。

若者:「あっちで人が死んでいました……」

Aさん:「エッ、人が死んでいたんですか!? 何色の服を着ていましたか?」

若者:「白です」

Aさん:「さっきの日本刀を持った女は黒い服を着ていた。犯人は、複数いるのかもしれないですね……」

若者:「(コンビニに倒れている)男性は僕が止血しました。たぶん、助かります。でも、白い服を着た女性は、首元に折れた日本刀が刺さっていました。既に血が出きっていたので、即死だと思われます……」

 その時、Aさんは初めて、若者の両手が血まみれだったことに気付く。コンビニで買い物をしていて事件に遭遇した若者の迅速な処置が、スーツ姿の男性の命を救った。

 まもなくパトカーが到着し、すぐに規制線が貼られた。目撃者が集められ、事情聴取が始まった。目撃者の間では当初、通り魔の疑いが持たれていた。

「通り魔で犯人がつかまっていないなら、さらなる犯行を繰り返すかもしれない。僕には同居している彼女がいるんですけど、仕事中の彼女に連絡を入れて、今日はタクシーで帰ってくるか、会社に泊まるかした方がいいと伝えました」
 
 そう語るAさんは、一方で、現場で目撃した状況から怨恨が理由の殺人事件ではないかと推察していた。

「赤い橋からコンビニまで血痕が残っていたので、僕が目撃した時には、スーツの男性は既に深手を負っていたかもしれない。だから、男性を追っていた女も、ゆっくり、余裕を持って追いかけられたのではないでしょうか。それに、コンビニから赤い橋の方向へ戻って行く姿が、どこか風を切るような、達成感があるような歩き方に見えたんです。もちろん、これは事件の全容がある程度、見えてきた今だから思うことかもしれませんが。それに複数人による犯行だというのは分かっていました。男女で凶行に及ぶ通り魔なんていないじゃないですか」

 現場が騒然とする中で、いち早く通報したAさんや、機転を利かせた対処で被害男性の命を救った若者には、亡くなっていた女性やスーツ姿の男性、そして黒い服の女がどういった関係にあるのか、もちろん、分かってはいなかった。

 その後、約2時間半にわたって続いた事情聴取や、報道で明らかになったのは、白い服の被害女性が富岡八幡宮の富岡長子宮司で、スーツ姿の被害男性がその運転手。そして黒い服の女が、加害者である男女のうちのひとりであることだ。

 だが、Aさんの証言には、決定的に欠けている重要人物がいる。事件を首謀したとされる富岡長子宮司の弟、富岡茂永容疑者だ。茂永容疑者は、妻でAさんらが目撃した黒い服の女と共に凶行に及んだあと、その妻を殺害し、自らも心臓を三度突き刺し、自死を選んだとされる。

 つまり、ふたりの加害者が心中をはかったのは、Aさんが黒い服の女を目撃し、通報したあと、警察官が到着するまでの7~8分の出来事なのだ。

「夜10時過ぎに自宅に戻って、ニュースを見て、びっくりしました。こんな結末なのか、と。被疑者が死んでいた現場から数十メートルも離れていない場所に自分もいたのに、犯行の時刻、物音1つしなかったんです。それに、女を殺害するまで、男がいったい、どこで何をしていたのか……」

 Aさんに話を聞いたのは、事件から約22時間後だったが、もっとも耳に残っているのは、あの「お前だけは許してやる」という声だと話す。

「とにかく強烈な声で、その声を聞いて家から飛び出てきた人もいたぐらいです。あの黒い女の、何か“やりきった”感を醸し出していた後ろ姿が、忘れられません」

 運転手の救助にあたった若者は、止血している最中に運転手からこんな言葉を聞いていたという。

「開けた瞬間に男と女ひとりずつにやられた」

 富岡長子宮司を乗せた車が自宅前に到着し、運転手が車のドアを開けた瞬間、宮司と運転手は襲われた。現時点の報道では、宮司の弟の積年の怨恨に注目が集まっているが、現場に居合わせた目撃者には、日本刀を手にして異様なテンションで運転手を追い続けた女の姿ばかりが脳裏に焼き付いている。


関連記事(外部サイト)