田原総一朗氏 ゴーン逮捕と日産幹部保身は「これが日本人」

田原総一朗氏 ゴーン逮捕と日産幹部保身は「これが日本人」

話題の本を田原総一朗氏はどう読んだ?(時事通信フォト)

 日産自動車元会長、カルロス・ゴーン氏の肉声を10時間以上にわたって保釈中に聞き出していたのが元東京地検特捜部検事の郷原信郎氏である。その記録が『「深層」カルロス・ゴーン氏との対話』(小学館刊)としてまとめられた。田原総一朗氏(ジャーナリスト)は2人の対話をどう読み取ったか。

 * * *
 僕はゴーン氏が逮捕された当初、これは“正義のクーデター”だと思いました。日産の大株主のルノーが、フランス政府の意向を受けて日産を統合したいと言ってきて、統合反対だったはずのゴーン氏はルノー会長の座を守るため統合賛成に転じてしまった。これを阻止するため日産は経産省と組んでゴーン氏の追い落としに動き、それに検察も乗った。それは、日本経済を守るための正義の行動であるという解釈でした。

 しかし本書によれば、それは違うという。ゴーン氏はこう言っています。

〈フランス政府は統合させたかったが、日産というか日本側は全く受け付けない。私の立場としては統合したくない。でも、物事を進めなければならないので、次のステップとして私が考えたアイデアが、持ち株会社(HD)の設立だった〉

〈私はずっと統合には反対してきた。1999年以来ずっと統合はだめだと言ってきた。ところが、統合問題が私に対しての悪材料として用いられた〉

 つまり、ゴーン氏は統合には反対だったのに、統合問題がクーデターに利用されたのだと。ゴーン氏はこのようにも言っています。

〈経営上層部が、自分たちがクビになるおそれをかなり強く感じ始めた。(中略)業績が悪くなっていたし、HDだと全員が今の職を続けられない〉

 ゴーン氏に引き上げられた日産の幹部たちが、実績を上げられずこのままではいつ解任されるか分からない……そうした不安に駆られて経産省や検察を巻き込んで事件が始まったのではないか。本書から浮かび上がって来るこの構図を、僕は説得力があると思いました。

 森友問題で佐川宣寿・元財務省理財局長が文書の改竄を指示したのも、同じく自分の地位を失いたくなかったから。自分の地位を守るためには事実を歪め不正をすることも厭わない、これが日本人の性質なのだと、改めて思い知らされました。

※週刊ポスト2020年5月1日号

関連記事(外部サイト)