総額32万円だったはずの葬儀費用、なぜ200万円に膨らんだか

「家族葬」で200万円請求、山口恵以子さんエッセイ話題 葬儀社トラブル相談が年600件

記事まとめ

  • 作家・山口恵以子さんが母との最期の日々を綴って話題となっている『いつでも母と』
  • 「お葬式は家族だけで質素に」と考えていた家族葬の費用が200万円になり怒るシーンも
  • 国民生活センターには葬儀社とのトラブル相談が年間約600件も寄せられているという

総額32万円だったはずの葬儀費用、なぜ200万円に膨らんだか

総額32万円だったはずの葬儀費用、なぜ200万円に膨らんだか

「家族葬」の費用はどのくらいかかる?

 作家・山口恵以子さんが最愛の母との最期の日々を綴って話題となっている『いつでも母と』にこんなシーンがある。母を自宅で看取り、悲しみのなか家族葬を執り行おうとしたところ−−《母は「お葬式は家族だけで質素に」と言っていたのに》、家族葬の費用は予想を大きく上回る総額200万円弱に。

《「どうしてこんなに高いのよ! 金がなかったら死ねないじゃない!」》と山口さんは憤懣やるかたない気持ちを爆発させる−−葬儀はたった一度、リハーサルもできないからこそ、事前に調べ、決めて、準備しておくべきなのだ。家族との時間が増えたいまのうちに、じっくり話し合ってみては?

◆総額32万円のはずが終われば200万円!?

 葬儀において忘れてはいけないのが、お金の問題だ。「家族葬」と言われれば安いのでは、と感じるが必ずしもそうとはいえない。そもそも家族葬の費用はどのくらいなのか。家族葬を専門に行う大阪セレモニーの山田泰平さんはこう言う。

「葬儀会社や地域、人数によって異なりますが、20〜30人程度なら、生花祭壇や棺、遺体安置や通夜、告別式など一式セットで50万円ほどあれば行うことができるでしょう。別途、寺院へのお布施、火葬費用(地域により異なる)が必要になるし、祭壇や棺をグレードアップすれば追加料金がかかります」

 比較的低コストの家族葬だが、お金で失敗する人も多い。国民生活センターには葬儀社とのトラブル相談が年間約600件も寄せられている。

 例えば夫を亡くした70代女性の次のようなケース。

 女性は参列者も少ないので、葬儀社に「家族葬にしたい」と伝えていた。しかし、夫を亡くして精神的な余裕がない状況で祭壇などの高価なオプションをすすめられ、業者に言われるままに押し切られてしまう。さらに、狭い会場での葬儀を希望していたが、当日通されたのは広い会場。

 参列者が少ないので寂しいお葬式になってしまった。そればかりか約150万円を請求されて、支払いをしたくないと相談があったという。山口さんも、想像以上に費用がかかってしまったと後悔している。

「葬儀社と契約した際、いちばん安い祭壇を選んで、総額32万円のセット料金だと思っていました。すると棺・骨箱・遺影の額・告別式の会席膳などの費用が加算されて、最終的に200万円弱になってしまったんです。すべてが後の祭り。事前に調べるべきだったと、いまだに悔やまれます」(山口さん)

 こうした後悔をしないためには、どうすればいいのか。山田さんがアドバイスする。

「霊安室などで慌てて葬儀社を決めると、失敗する可能性が高くなります。ご遺体を運び込める一戸建てなら、病院が提携している葬儀社に頼んで一度病院から自宅に連れて帰ってから、葬儀社を考えるのも1つの方法です。パンフレットにはセット料金の最低金額が書かれていますが、サービスがどこまで含まれているかを、漏れなくチェックするようにしましょう」

 見積書にサインをしていても、正式に契約をしていなければキャンセルも可能だ。

「葬儀会社がご遺体を引き取り安置した後、断りづらい状況下で追加オプションを提案されて、やむなく契約してしまうことがあるかもしれません。断ってもしつこくすすめてくるなら、葬儀社を変えてもかまいません。ドライアイス代と輸送費用が2万〜3万円程度かかりますが、納得できない葬儀を行って後悔しないようにしてください」(山田さん)

 葬送・終活ソーシャルワーカーの吉川美津子さんはこんなアドバイスをする。

「事前にインターネットで葬儀社を調べて当たりをつけている人は多いですが、見積もりまで取っている人は少ない。見積もりがないから、契約時にズレが生じてしまうんです。セット料金に含まれている内容を確認するためにも、参列者の数や規模を伝えて、見積もりまで出してもらうと安心です。同地域で数件の葬儀社から見積もりを取り寄せれば、相場が見えてくるし比較しやすい」

※女性セブン2020年4月30日号

関連記事(外部サイト)