羽生結弦、大谷翔平、岡村隆史、深田恭子… 戌年の特徴は?

羽生結弦、大谷翔平、岡村隆史、深田恭子… 戌年の特徴は?

戌年男はストイック?(写真/アフロ)

 2018年は「戌年」。戌という漢字は、「滅」を語源とする。消滅、滅亡と、どこかマイナスイメージをほうふつとさせるが、そうではない。古来より戌年は、収穫を終えて次の始まりに備える時期、いわば「新たなる芽生え」を予感させる年として位置づけられてきた。

 戌年生まれの人間にとって、2018年は飛躍への助走期間といえそうだが、該当する年男年女たちにはどんな特徴があるのか。風水師の伊藤夢海さんが語る。

「戌年生まれは基本的に律儀で真面目。そして従順です。犬の性格に通じるものがあります。人をよく観察し、人の話にも耳を傾けるので、信頼感も抜群。しかし土壇場では物事の決断をはっきりさせない優柔不断な面もあります」

 とりわけ戌年男は真面目で正義感が強く、仕事に対しては極めてストイックに向き合うタイプが多いという。

「人の上に立つ者も多いですが、名参謀、名補佐として忠実に働くケースも目立つ。ただし実直な分、人の裏切りや欠点が許せません。自分を守る意識も強く、自分が傷つくのは極端に嫌がります。真面目すぎるがゆえにストレスを自分でため込み、落ち込みやすい」(伊藤さん)

 歴史上の偉人を見ると、生類憐れみの令を出した“犬将軍”徳川綱吉、大河で松山ケンイチ(32才)が演じた平清盛、幕末志士の中岡慎太郎、早稲田大学創設者の大隈重信などが戌年生まれ。情に厚く、真っ直ぐな人間といわれれば納得もいく。

 ちなみに2011年の東日本大震災時に首相だった菅直人(71才)も戌年男。原発対応を巡りあいまいな判断で日本中に混乱を招いたあたり、戌年の悪い面が出たということか。

 戌年生まれの男性有名人は、山崎賢人(23才)、羽生結弦(23才)、大谷翔平(23才)、小栗旬(35才)、向井理(35才)、岡村隆史(47才)、高橋ジョージ(59才)など、若手イケメン俳優からアスリート、往年のミュージシャンまで多様な顔ぶれが揃う。

 山崎、大谷、向井は真面目で従順なイメージそのもの。日々、役者仲間と朝まで演技論に明け暮れるといわれる小栗は、戌年生まれらしい「仕事へのストイックさ」を見せている。

「結婚せずいまだお笑い一本で生きている岡村さんも、ある意味ストイックといえますよね(笑い)。元妻の三船美佳さん(35才)との離婚裁判の際、モラハラを主張された高橋さん。これが事実だとすれば、人の欠点を見過ごせないという点では、やはり戌年らしさを持っています」(伊藤さん)

 一方、戌年女性の特徴について、風水師の生田目浩美さんはこう話す。

「人なつっこく、社交性がとても高い。自分を犠牲にしてでも人の役に立とうとするところがあります。情に深いのも特徴で、一度してもらったことはずっと忘れず、恩を返そうとします」

 前述の三船をはじめ、二階堂ふみ(23才)、真木よう子(35才)、深田恭子(35才)、吹石一恵(35才)、工藤静香(47才)、中山美穂(47才)、永作博美(47才)などがいる戌年女性。真木、中山、三船と離婚経験者が目立つが、これについて生田目さんが語る。

「奔放なイメージですが、人なつっこく社交的であることの裏返し。同時に、恋愛に対しては火のように燃え上がりますが、冷めやすいのも特徴です」

 生田目さんによれば、戌年男女を九星占術でさらに細かく分けると、「三碧木星」「六白金星」「九紫火星」の3つに該当するという。

 1958年生まれの高橋は「六白金星」にあたり、「三碧木星」は工藤、中山、永作ら1970年生まれ組。真木や深田、小栗、向井など1982年生まれは「九紫火星」となり、二階堂や山崎ら1994年生まれは再び「六白金星」になる。

「三碧木星は、戌年の中でもとりわけ明るくてチャーミング。トークがうまく、美しさの中にも無邪気な子供っぽさがありますが、気まぐれで、落ち込むと手がつけられない。永作さんたち47才組の女性は多く当てはまっている気がしますね。

 六白金星はつらい経験を乗り越えて大物になる素質が高い。経営者や指導者になる星です。ストイックに自分を追い込む大谷さんや羽生さんは、まさにこの星の人間でしょう。

 小栗さんや真木さんら九紫火星は最も芸能界向き。華やかで行動力がバツグン。前向きでみんなを引っ張っていく強さを持っています」(生田目さん)

※女性セブン2018年1月18・25日号

関連記事(外部サイト)