コロナ「集団免疫」のために 教訓となるスペインかぜ3度の流行

コロナ「集団免疫」のために 教訓となるスペインかぜ3度の流行

感染拡大を食い止めるカギは「集団免疫」にある(時事通信フォト)

 一向に終息のめどが立たない新型コロナウイルス。感染者増加を食い止めるために、重要だとされるのは「集団免疫」だという。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんが解説する。

「ウイルスに感染すると、体内の免疫システムが働いて『抗体』ができます。するとその後、再び同じウイルスには感染しにくくなる。こうした抗体を持つ人が人口の一定程度を占めるようになると、ウイルスが人から人へ移動できなくなり、やがて流行が終息します。これを『集団免疫』と呼びます」

 米ハーバード大学公衆衛生大学院の研究チームは、外出規制などで流行と医療崩壊を防ぎながら、徐々に感染者を増やして集団免疫を獲得するまでの期間を予測した。その結果、新型コロナの流行を抑えるために集団免疫を獲得するには、2022年まで「断続的な外出規制」を続ける必要があることがわかったという。『断続的な外出規制』とは、2〜3か月の自粛と解除を繰り返す、といった方法だ。

◆ワクチンの世界中への供給は3年かかる

 集団免疫を獲得するには2通りの方法がある。1つは「結果的集団免疫」と呼ばれる方法だ。

 これは多くの人が自然に感染することで、結果的に集団免疫が成立するというもの。前述したハーバード大の試算も外出規制を強めたり解除したりしながら、自然に感染者が増えて集団免疫を獲得することを前提にしている。

 新型コロナの発生源になった中国の武漢では、爆発的感染拡大によって集団免疫を得た可能性がある。上海新型肺炎治療専門家チーム長は「武漢の多くの人が免疫を持っているということは、武漢は中国で最も安全な都市ということになる」との見方を示している。

 だが、結果的集団免疫の獲得には高いハードルがある。集団免疫を得るまでに多くの人の感染が必要不可欠で、死亡者の増加や医療崩壊が懸念されるのだ。

 その困難な道に挑んだのがイギリス政府だった。ボリス・ジョンソン首相は3月、多くの人が集まるイベントの禁止や外出規制をせず、段階的な制限によって多くの人に感染させ、集団免疫を獲得する施策を打ち出した。しかし、国内外から「国民の命でロシアンルーレットをやるのか」との批判が強まると、一転して、ロックダウンやソーシャルディスタンスなどの活動制限に踏み切った。

 日本の安倍晋三首相も4月3日に国会で、コロナ対策の方針として「集団免疫の獲得を直接の目的とはしていない」と答えている。

 集団免疫を獲得する第2の方法は、「ワクチン」によるものだ。多くの人がワクチンを接種することで免疫をつけることができれば、自ずと集団免疫が成立する。

 現在、アメリカと中国を中心に60のワクチン候補の研究が進むとされる。ただし開発に時間がかかるのも事実だ。史上最速で承認されたといわれる「おたふくかぜ」のワクチンは、ウイルスサンプルの収集から認可まで4年を要した。

 2002年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)や2012年から登場した中東呼吸器症候群(MERS)もワクチンは開発されていない。1976年に発生したエボラウイルスでさえいまだに、効果的なワクチンや治療法は確立していない。

 たとえワクチンが開発されても、終息は難しいという意見がある。昭和大学の二木芳人客員教授(感染症学)はこう話す。

「ワクチンが世界中の人にまんべんなく供給されるのは、開発されてから3年以上はかかります。その間にも感染者は増え続けるでしょう。さらにこの感染力の強いウイルスは感染の過程で変異する恐れがある。ワクチンを作っているうちに効かなくなることがあり得ます」

 教訓となるのは、ちょうど100年前に流行が終息したスペインかぜだ。

 1918〜1920年にかけて地球を襲ったスペインかぜでは、当時の世界人口の約3分の1にあたる5億人が感染し、2000万人から4500万人が命を落とした。

 内務省(当時)の報告書などによると、日本をスペインかぜの第1波が襲ったのは1918年8月で、翌年7月までに2116万人が感染して25万人が死亡した。その3か月後に2回目の流行が発生し、241万人が感染して12万8000人が死亡。さらに1920年の8月に第3波が到来して、22万人が感染して3600人が死亡した。

「なぜか第2波は死亡率が高かった。最初の流行で感染せずに免疫がつかなかった人が命を落としたのか、ウイルスが強力に変異した可能性もあります。

 その一方で多くの国民が感染して集団免疫が獲得されると、次第に死亡率が低下しました。それとともに病原性も低下し、スペインかぜは季節性インフルエンザに移行したとされます。当時とは医療態勢が違うものの、国内で3度にわたって流行が発生し、終息まで丸2年かかったことは歴史の教訓として心に刻んでおくべきです」(医療ジャーナリスト)

※女性セブン2020年5月7・14日号

関連記事(外部サイト)