麻雀で、加齢で衰えやすい脳部位活性化 愛好者の脳は実年齢より3才若いとの調査結果

記事まとめ

  • 麻雀にはタバコの煙が充満する中、金を賭けて目が血走っているイメージがあるという
  • しかし、麻雀のゲーム中には加齢で衰えやすい脳部位が活性化するとの調査結果が出た
  • さらに、麻雀の愛好者の脳は実年齢より3才若く、認知症予防の効果が期待できるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております