コロナ感染経験者たちの嘆き 風評被害が経済的困窮に直結も

コロナ感染経験者たちの嘆き 風評被害が経済的困窮に直結も

記事画像

 かつてハンセン病は患者だけでなくその家族も社会から排斥され、差別されていた。治療法と感染症についての知識が広まったこと、差別の歴史を反省する気運が高まり日本政府も過去の施策を謝罪した今では、ハンセン病患者に対して差別と排斥を繰り返すことを許容する人はほとんどいないだろう。だが今、まだよく分からない感染症流行への不安からなのだろうか、新型コロナウイルス感染者に対して、一度は反省したはずの、感染症に対する間違った振る舞いと認識があらわになってきた。得体が知らない新しい感染症が身近にある怖ろしさと元感染者たちの戸惑いについて、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
 新型コロナウイルスの日本国内の感染者が、ついに1万人を超えた。死者は236人(クルーズ船の乗客含む)にのぼり、未だ収束の目処が全く見えない状況だが、感染者の中には、治療や検査を経て無事に「陰性」となり、日常生活に復帰しようとしている人たちもいる。ただし、風邪や怪我から復帰するのとは訳が違う。元“感染者”たちの戸惑いはあまり知られていない。

「海外旅行から帰ってきて、3月中旬にPCR検査を受けコロナ感染が発覚しました」

 西日本在住の学生・Aさん(20代)は、北欧から帰国した後、少し咳が出るくらいで体調に変化はなかったが、念の為最寄りの保健所に相談。その「念の為」に受けた検査で「陽性反応」が出たために、総合病院に入院したという。

「まさか自分がかかっているとは思いませんでした。よく言われているような発熱、咳などの症状もなかったですし……。感染症に対応している大きな病院に入院するよう言われ、期間は二週間程度と聞いていましたので……」(Aさん)

 特に症状もなく、バイトもしておらず学校は休校、当初はゆっくり勉強や読書でもしよう、そんな軽い気持ちだったという。しかし、2日に一度ペースで行われていたPCR検査の結果は、入院から一週間を過ぎても「陽性」のまま。症状はないが、感染していることは確実で、急に重い症状が出るのではないかと疑った。ちょうどその頃、テレビではとあるニュースが話題になっていた。

「志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったと……。あんな有名人が死ぬくらいだから、僕も死んでもおかしくないと思いましたね。家族や友達に向けて、遺書っぽいメールを送ったりもしました。症状がないのにかかっている、というのが逆に怖かったんです」(Aさん)

 結局、目安の二週間を超えても「陽性」反応が続き、いよいよ精神的に追い詰められていたが、4月に入って検査結果が「陰性」に。胸をなでおろしたが、次の検査結果はまた「陽性」。PCR検査の精度については諸説あるが、Aさんも翻弄されたのだ。

 Aさんは海外帰りだから自己責任だという人は、3月はじめのころをよく、振り返ってほしい。あの頃は、中国への渡航だけが危険だとみなされており、欧州、特に北欧が危険だと考えていた人はほとんどいなかったのではないか。むしろ、帰国後に多少の体調不良を見逃さず、病院を訪れたAさんの慎重さは感染症対策の一つとして推奨される行動だ。

 だがその真面目さのために、予想外に長い入院生活を送ることになったAさん。目に見えぬ検査結果を待つだけの日々は、予想外に苦しいものだった。

「感染患者の場合、PCR検査の結果が二度連続で陰性にならないと、病院を出られません。一度の陰性で喜んでいて陽性が出て……地獄に突き落とされたような感じでした」(Aさん)

 そこから、二回連続の「陰性結果」を経て無事退院。医師からは、引き続き二週間程度は自宅で療養を、と告げられたと言う。

「退院は嬉しかったですが、実はまだ感染してるんじゃないか、という疑いが晴れず、迎えに来るという家族の申し出も断って、自宅まで2時間ほど歩いて帰りました。自宅に帰っても、陰性という結果は本当は間違いで、急に症状が出てきて苦しくなり、誰にも助けを呼べず一人で死ぬんじゃないかとか、ネガティブな想像ばかり。結局まだほとんど自室から出ていない」(Aさん)

 得体が知れず、有効なワクチンも特効薬も開発中という「新型ウイルス」だからこそ、感染者は疑心暗鬼になってしまう。元々はアクティブな性格だったAさんの目下の不安は、不安がいつまでも続き、いつの間にか引っ込み思案になってしまわないか、ということだ。逆に、新型コロナウイルスに感染し、ネガティブからポジティブに性格が変わったと言う例もある。しかし、それが世間に受け入れられるかは別だ。

 都内在住のBさん(30代)は、3月の下旬、仕事を終えて帰宅する途中に頭痛を感じ、翌朝には39度台の発熱と倦怠感に苛まれた。同じ会社内から感染者が出た、とは聞いていたが、部署も違い、ほとんど話したこともない人。それでも万一の「濃厚接触の可能性があるかも知れない」と保健所に相談し、病院で検査を受けたところ感染が発覚した。

「陽性反応が出て入院するまでの3〜4日は、本当に死ぬかと思いましたね。症状を保健所に伝えても"軽症"ですと言われ、本当に驚いた。インフルエンザの何倍もきついのに、これで軽症かと。コロナなんて風邪みたいなもんでしょ、などと友達と話していたのに。本当にコロナはやばい、気をつけろとSNSで知人に伝えました」(Bさん)

 入院後はすっかり症状もよくなり、一週間ほど経過した頃には検査結果も「陰性」に。ほぼ二週間で病院を出た後は、なるべく早く仕事に戻り、人のために頑張ろうと意気込んだ。これまでは、できれば仕事なんかしたくない、遊んで暮らしたいと思っていたが、そんな怠惰な生活をすべきではないと、感染したことで思い知ったのだ。しかし……。

「現場系の仕事をしていたのですが、私が感染したことが一気に職場や取引先に知られ、会社自体に風評被害が出ていたと知らされました。職場にはできれば来ないでほしい、と遠回りに言われ、それがいつまでかもわからない。大手の建設会社も工事をストップするなどしていて、仕事は減っています。その少ない仕事にも関わることができません。私の場合、基本給と現場に出た分の歩合が収入なんですが、基本給は月に10万円に満たない。みんなが不安がっているのはわかります。しかし、ここまで敬遠されると気が滅入る。向上心に燃えていましたが、今は絶望感しかありません」(Bさん)

 ウイルスの怖さは、ウイルス自体ではなく、極度に人間が怖がることにある、などとも言われる。日本だけでなく、世界中で新型コロナウイルスに起因する差別が発生しているが、仮にある程度ウイルス感染が沈静化したところで、こちらはすぐに消え去りそうもない、われわれ人間側の問題なのだ。

関連記事(外部サイト)