コロナ禍で「医学部受験離れ」進むのか 現役志向の高まりも

コロナ禍で「医学部受験離れ」進むのか 現役志向の高まりも

医学部の合格者数を増やす中高一貫校もあるが…

 新型コロナウィルスの感染が拡大している。それを防ぐために発令された緊急事態宣言は全国に及び、多くの大学が学内に立ち入ることを禁じている。

 こうした事態は大学入試にも大きな影響を与えそうだ。昨今の受験生は、将来の就職を考えながら大学・学部を選ぶことが当たり前になっている。コロナの感染拡大により、世界的に経済活動に陰りが見られる中、就活戦線の動向が「志望校選び」にも多大な影響を与えるだろう。

 ここ数年、売り手市場といわれるほど好調だった企業の採用は、間違いなく減少に転じると見られている。なかでも事務系の採用が減るだろう。

 過去のバブル経済の崩壊、リーマン・ショックが起きた後も同じだった。この時には文系学部の人気が下がり、理系学部の人気が上がる“理高文低”の学部志望動向になった。理系の中でも人気になるのが国家資格と結びついた学部だ。

 優秀な受験生には医学部人気が高まっていく可能性はある。今の高校生は「困っている人を助けたい」気持ちが強く、さらに未知なるウィルスとの闘いで医療従事者の役割がますます高まっていることもあって、来年は医学部を志す人が多くなるかもしれない。

 ただ、今回の場合、単純にそうなるかは疑問だ。コロナの猛威により、医療機関における院内感染が多数報告される中、二の足を踏む受験生も出てくるのではないだろうか。

 近年、受験生の「医学部離れ」が進んでいるが、これが加速する可能性はある。いま医学部よりも人気になっているのが情報系だ。今年もコロナ禍で在宅勤務が進み、そのためのインフラ整備に注目が集まっている。このような事態になると、ますます企業のIT化は急務となり、来年入試でも情報系人気が高まる可能性は高い。

 また、コロナ不況の深刻化によって、経済的な理由から医学部受験を諦める受験生が増えることも考えられる。

 なにしろ、私立大医学部の平均学費は初年度納入金が約730万円、国立大の約82万円の9倍にもなる。6年間だと私立大が約3200万円、国立大が350万円だ。私立大はこれでも安くなったが、仮に浪人して医学部を目指すにしても、私立より国立大へとなる可能性が大だ。

 今年の国公立大医学部でも、志願者は10%ほど減った。センター試験が難化し、5教科7科目の平均点が18点下がり、難関の医学部を諦めた受験生も多かったと見られる(河合塾調べ)。

 その一方で、東京医科大で不適切入試が明るみに出て、意図的に浪人生や女子生徒を入学させなかったことが分かった。同様の入試を行っていた私立大も相次いだ。それも文部科学省の指導の下、不適切入試は解消され、浪人生が合格して減っていることも背景にあるのではないか。

 今や多浪生が多いのは医学部だけと言われているが、今年の入試で判明している国公立大医学部全体の現役合格者の割合(現役合格者数÷全合格者数×100)は54%だった。10年前は47.4%だったから、現役合格率は大きく上がっている。推薦入試やAO入試が実施されるようになり、現役での合格者が増えていることもある。ただ、最難関の東京大の今年の現役合格率が67.2%だから、それと比べるとまだまだ低い。

 そんな中で、今年の国公立大医学部に強かった学校を見ていこう。別掲の表にあるように、今年も西日本の中高一貫校が強かった。ちなみに、昨年トップ10に入っていた男子校御三家の「開成(東京)」はまだデータを公表していない。

 トップは13年連続で「東海(愛知)」の94人。内訳を見ると、名古屋大が28人、名古屋市立大が17人(両大学でトップ)、岐阜大11人などだ。2位は「灘(兵庫)」の79人。内訳を見ると、京都大が24人、東京大が14人(両大学でトップ)、大阪大11人などだ。3位は「洛南(京都)」の69人。内訳は京都府立医科大11人、滋賀医科大10人でトップ、京都大8人などだ。

 トップ3はいずれも合格者を昨年より減らしている。医学部離れとも見えるが、校内での医学部人気は年によって変わることもある。特に中高一貫校では、学年によって東大や京大の理系人気が高まることもあれば、医学部人気が高まることもあるからだ。

 大きく伸びたのは7位の「青雲(長崎)」で31人増の61人になった。次いで12位の大阪の「清風南海」が29人増の49人、24位の東京の「日比谷」が19人増の36人、4位で女子校トップの「四天王寺(大阪)」が17人増の67人、13位の「新潟」も17人増の45人だった。

 今年、現役合格者がもっとも多かったのは東海の48人だ。医学部現役合格者の割合(医学部現役合格者数÷卒業生数×100)を見ると、トップは44人合格で5位の「久留米大付設(福岡)」の21.7%だった。唯一の2割超えだ。昨年、中高一貫の女子が初卒業し、東京大合格者が増えたが、今年は医学部合格者が増えた。2位は灘の43人で19.5%、3位は北海道の「北嶺」で20人、16.5%だった。

 北嶺は中高一貫の男子校で、寮もある。道内だけではなく全国から生徒が集まっている。卒業生は121人と少ないが、国公立大医学部だけでなく、東京大に17人(うち理IIIに2人)、北海道大に31人(うち医学部に5人)合格している。

 10年前と比べてもっとも現役合格者が増えているのが、11位の北海道公立の「札幌南」で25人増だ。10年前は42人でうち現役が13人だったが、今年は51人中38人が現役だ。次いで日比谷の23人増。10年前は10人中1人だったが、今年は36人中24人が現役だ。

 以下、久留米大付設の21人増、「豊島岡女子学園(東京)」の20人増、「渋谷教育学園幕張(千葉)」の19人増と続く。今の受験生は現役進学志向が強い。医学部でも現役合格者が増えている。浪人が当たり前だったのが、徐々に解消されてきているようだ。

 いずれにせよ、コロナの影響が今後の医学部受験にどんな影響を与えるか、注目していきたい。

●文/安田賢治(大学通信常務取締役)

関連記事(外部サイト)