ウイルス制圧の4テーマ 新型コロナはどこまで解明できたか

ウイルス制圧の4テーマ 新型コロナはどこまで解明できたか

新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」の電子顕微鏡画像(AFP=時事)

 世界を覆うコロナ禍はいまだ収束の兆しを見せない。日本にしても現状はピークを迎えつつあるのか、それともさらなるピークを迎えるのか。一度、収束しても再びウイルスが息を吹き返してくることはないのか。新型コロナウイルスがこれまでの常識が通用しない新たな感染症であることは、人々の不安をより増幅させている。

 アルベール・カミュの小説『ペスト』(1947年)が爆発的に売れるなど、感染症をテーマにした過去の文学作品や映画に大きな注目が集まっている。その一つに、新型コロナウイルスの登場を予見していたかのような、未知の感染症を描いた『感染列島』という日本映画がある。2008年に封切られた映画で、パンデミック(爆発的に流行する感染症)による国内の混乱や、主に病院を舞台にしたウイルス感染症との戦いを描く。

 ある日、妻夫木聡演じる医師の松岡剛の勤務する病院へ、インフルエンザ感染症と思われる患者が運ばれてくる。患者は鼻や口から出血。翌日から次々に同じ症状の患者が次々と運ばれてくるが、あらゆる治療が効かずにバタバタと亡くなっていく。

「新型インフルエンザ」を疑ったWHO(世界保健機関)は日本での鎮静化を期して医師を松岡の病院に派遣する。その医師とは、松岡の大学時代の教師助手であり、元恋人の小林栄子(檀れい)だった。小林は病院内で陣頭指揮を執ることになる。そこでパンデミック鎮静化のために打ち出したのが、新たな感染症における4テーマについて明らかにすることだった。

 4テーマとは、【1】それは何か(ウイルスの正体)、【2】それは何をするのか(感染症が引き起こす症状)、【3】それはどこから来たのか(感染経路の究明)、【4】それをどう殺すのか(治療法)である。以下、この4テーマになぞらえて、今回の新型コロナウイルスについてこれまでにわかっていることを整理してみたい。

【1】それは何か

 今回の新型コロナウイルスは、人に感染する7種類目のコロナウイルスだ。コロナとは「王冠」を意味し、このコロナウイルスの形が王冠に似ていることからこの名がついた。

 4種はいわゆる風邪のウイルスで、残りの2つは2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」と、2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」の原因ウイルスである。

 SARSは日本での感染者は最終的にゼロ、MERSも日本での報告例はない。ところが、今回の新型コロナウイルスは日本を含む世界で300万人の感染者、20万人以上の死者を出している。昨年末以降、発生地の中国・武漢から世界中に感染が拡大し、多くの都市が封鎖された欧米だけでなく、いまやその魔の手はアフリカ大陸にも伸び、同地で3万人以上の感染者を出している。

【2】それは何をするのか

 そもそもウイルスは自己増殖できないため、動物の細胞に取りついて宿主に寄生することで生きながらえる。新型コロナウイルスも、人間の目や口、鼻などの粘膜から細胞に侵入し増殖する。初期症状としては、喉の痛みや倦怠感が出るとされる。

 ウイルスに感染した体内では免疫系が働き、体温を高めてウイルスを退治しようとする。ウイルスは熱に弱いからだ。その結果として発熱が起こる。せきやたん、くしゃみや鼻水が出るのも、ウイルスを体外に出そうとする体の働きによるものだ。

 今回の新型コロナウイルスに特異な症状としては、初期症状として味覚や嗅覚に異常が現れるケースがある点だ。やがて肺炎を発症し、せき、呼吸困難といった症状が出るケースが多いが、新型コロナウイルスの場合は一般的な細菌性肺炎とは異なり、両方の肺に一度に炎症が出る重症化例が報告されている。

【3】それはどこから来たのか

 新型コロナウイルスの遺伝子配列はコウモリ由来のSARSウイルスに酷似しているため、同様にコウモリが由来と考えられている。人から人への感染経路としては、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられている。

 飛沫感染は、感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込み、ウイルスが粘膜の細胞に入り込むことで感染する。

 接触感染は感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付着する。未感染者がその部分に触れるとウイルスが手につき、その手で目をこすったり、傷口に触れたりして、あるいは口や鼻の粘膜から入り込んで感染する。物にくっついた新型コロナウイルスが死滅するまでの時間は、物の材質によって違い、3時間から数日かかるとされている。

 体内にウイルスを取り込んでも症状が出るとは限らない。体の免疫系が正常に働いてウイルスの増殖を防いだ場合は、症状が出ないまま完治してしまう。そのため、潜伏期間(ウイルスを体内に取り込んだものの症状が現出しない期間)は最大で2週間程度と考えられている。

 ここで湧き上がってくるのが「潜伏期間中はウイルスをばらまくことがないのか?」という疑問だ。新潟大学医学部名誉教授で予防医療学が専門の医学博士・岡田正彦氏は次のように解説する。

「米国の科学雑誌『サイエンス』に発表された米、英、中国の大学の合同研究によると、中国の武漢を中心とした375都市の感染者1万1829人のデータをもとにシミュレーションした結果、都市封鎖前後で感染性期(人にうつす感染性を擁する期間)は、封鎖前が3.47日、後が3.31日でした。

 つまり、発症後3〜4日は人にとくにうつしやすいことがわかる。一方、発症前は人にうつすほどウイルスが増えていないので、感染力は低いと考えられていました。ところが同研究から、たとえ無症状であっても、発症している人の5割くらいは感染させる力があることもわかりました。そのため、人と人とが近距離で接触しないことが全体の感染リスクを減らす唯一の方法なのです」

「発症していなくても自分の体内にウイルスがいるかも」と思って過ごすことが重要であることがわかる。

【4】それをどう殺すのか

 新型コロナウイルスに対抗する手段は、ワクチンと治療薬しかない。ワクチンには2つあり、ひとつがウイルスを弱毒化させた「生ワクチン」であり、もうひとつが熱や化学物質によって殺したウイルスや細菌からつくる「不活化ワクチン」である。

 このワクチンは感染した人の抗体からつくるため、比較的早期に開発できる。映画『感染列島』でもパニック発生から半年でワクチンが開発され、パンデミックが収まっていく様子が描かれている。予防接種で体内に取り込むのはこのワクチンなのだ。

 だが、ウイルスを直接退治する治療薬となるとそうはいかない。インフルエンザにおける「タミフル」や「リレンザ」がそれだが、これらの開発には少なくとも十数年かかると言われている。新型コロナウイルス疾患の重症化を防ぐのに有効であると期待されている「アビガン」も抗インフルエンザ薬のひとつだが、専門家によれば新型コロナウイルスに対する有効性についてエビデンスレベルが高いとは言えず、現状では安易な処方は許されない。

 ワクチンや治療薬がない状況下では、人間の体に本来備わっている免疫系の機能によってウイルスの増殖を抑えるしかないのが実情だ。

 免疫系の機能が低下している人は死亡リスクが高まるわけだから、そうした人たちを守るためには、ワクチンが開発されるまで人と人との接触を避けるしか方法はない。前出の岡田氏はこういう。

「先ほどの研究結果では、都市封鎖前と封鎖後で『一人の感染者が何人にうつすか』の値である『再生産数』についても算出されています。この数値が1以上であれば感染者数は増え、1以下であれば減っていきます。封鎖前にはこの数字は2.38でしたが、封鎖後は0.98になったという数字が出ています。都市封鎖の効果があることが実証されたわけです」

◆感染拡大の収束は?

 そして最後に気になるのが、日本でいつ収束するのか、その時期だ。映画『感染列島』では前述のとおり半年で収束する筋書きだが、新型コロナウイルスの場合はどうなるのか。岡田氏は「5月末」がポイントになるとみる。

「今回の新型コロナウイルスはSARSコロナウイルスと構造がほぼ同じで、兄弟のような近縁関係にあることがわかっています。アジア全体で見ると、新型コロナ感染者数の増加傾向は、2002年に流行したSARSのものとほぼ同じ時間経過をたどっています。2002年のときには4月にピークがダラダラと続き、5月に入って徐々に減っていき、5月末にゼロになりました。

 また、ウイルスの研究では湿度と温度を上げていくと、培養細胞の中でウイルスの増殖が止まります。今回の武漢は年間1100ミリもの雨量があるのに12月はほぼゼロという40年ぶりの干ばつでしたし、2012年にアラビア半島で発生し、中東やアジア、欧米に感染が拡大したMERSのときも、世界各地で干ばつが発生しています。日本では6月に梅雨の時期を迎えることも、新型コロナが5月末で収束すると私が予測する理由です」

 5月6日に緊急事態宣言の期日を迎えるが、宣言の解除を巡っては政府や専門家会議で議論が続いている。仮に一部で解除されたとしても、岡田氏が収束のタイミングと予想する5月末までにはまだ3週間ある。

「たとえ緊急事態宣言が解除されたとしても、あくまで経済を再開させるための配慮であり、感染リスクがなくなるわけではありません。忘れてならないのは、無症状の病原体保有者がどこにでもいるということ。当分の間、マスクを必ず着用し、家族以外の人との飲食は絶対に避けるべきです」(岡田氏)

 遠くの光を見据えて、今は耐えるべき時だ。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

関連記事(外部サイト)