令和の御代がわりから1年、重圧に打ち勝った雅子さまのご活躍

令和の御代がわりから1年、重圧に打ち勝った雅子さまのご活躍

トランプ氏は雅子さまの類まれな英語力に驚愕したという(昨年5月、東京・千代田区/時事通信フォト)

「国民が一丸となって乗り越えなければならない」、「心を一つにして力を合わせながら、難しい状況を乗り越えていくことを心から願っています」

 これは4月10日、新型コロナウイルスについて専門家によるご進講を受けられた際の天皇陛下のおことばだ。同じテーブルの前に座られ、陛下の隣でご進講を受けられた雅子さまは、その言葉に何度も深くうなずかれていたという。

 ワクチンも治療薬もないウイルスの蔓延という未曽有の事態にあってなお、おふたりは深いお気持ちで国民を思われている。

『皇后考』(講談社)の著者で政治学者の原武史さんは、その様子に“令和の両陛下らしさ”を見出したという。

「椅子を並べてふたりで進講を受ける姿は、天皇と皇后が対等な関係であることを視覚的に感じさせるものでした。“皇后が天皇を立てる”といった、これまでの皇后像とは違った新しい夫婦の関係性が垣間見えたように思います」

 昨年5月の御代がわりから約1年。雅子さまのご活躍を振り返ると、“三歩下がってついていく”とは違った「新しい皇后像」が見えてきた──。

◆胸中が凝縮されたお言葉

「この1年は雅子さまにとって、ご自分が“いるだけで価値がある存在”であることを再認識できた年だったのではないでしょうか」

 コラムニストで『雅子さまの笑顔 生きづらさを超えて』(幻冬舎)の著者である矢部万紀子さんは、そう振り返る。

 元外交官という肩書を持ち、職業経験を持たれる初めての皇后である雅子さま。皇室に入られるまで、ご自分の仕事に誇りと生きがいを感じられていたことだろう。しかし、皇太子妃として皇室に入られた雅子さまを待ち受けていたのは、何よりもお世継を求める声だった。

「1993年の婚約内定の記者会見で記者から“希望するお子さまの人数”について尋ねられ、ユーモアあるお答えをされました。雅子さま自身も男子出産が期待されていることは充分に理解されていたはずです。しかし、そればかりは努力だけではどうにもならないこと。

 どれだけほかのことで活躍しても『男子出産』が第一に求められ、“なんのためにここにいるのだろうか”と、ご自分の存在意義が見えなくなってしまったのではないでしょうか」(矢部さん)

 そうした経験を経た雅子さまにとって、自身が皇后となることを国民は受け入れるのか、不安は尽きなかっただろう。昨年12月、皇后になられて初めての誕生日を迎えられたご感想文書に、そんな不安が垣間見える。

《多くの国民の皆様から、思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに、心から感謝しております》

“思いがけない”という一言に、胸中が凝縮されているのではないだろうか。

 昨年の即位関連行事で雅子さまがお出ましされるたび、国民は雅子さまに温かな視線と歓声を注いだ。

 コラムニストで皇室ウオッチャーの辛酸なめ子さんは“第2次雅子さまブーム”の到来を感じたという。

「1993年のご成婚のときを『第1次ブーム』とするならば、昨年5月前後から続く御代がわりのタイミングが『第2次ブーム』でしょう。即位が近づくにつれて、世の中が雅子さまを応援するムードになるのを感じました。

 皇太子妃時代には、どこかこわばった表情が多かったように感じましたが、即位のパレードで見せられた表情は、打って変わったような自然な笑顔。素晴らしい笑顔に、国民は安心したことと思います。つらい経験をされたからこそ出る慈愛を、いまの笑顔から感じます」

 昨年11月10日に挙行された即位に伴うパレード「祝賀御列の儀」で、沿道に詰めかけた約11万9000人からの祝意を一身に浴びられた雅子さま。道中、涙を浮かべながら手を振られるお姿に感動を覚えた人は多いだろう。

『素顔の雅子さま』(河出書房新社)の著者で放送作家のつげのり子さんは、その日の雅子さまの手に、“誠心誠意応えよう”というお気持ちが表れていたと話す。

「オープンカーの後部座席に座られた雅子さまは、実は、お手振りされていない方の手でドアの内側のハンドルをしっかり握られていたのです。揺れる車の中で、そうしてバランスを取りながら体をねじり、沿道の人々にできるだけ正対しようとされていらっしゃいました。

 いくら車がゆっくり走るとはいえ、片手でバランスを取りながらお手振りされるのは苦しい体勢だったはず。できる限り国民の方を向いて感謝を伝える、雅子さまの誠実なお気持ちが感じられました」

 パレード前夜に皇居前広場で行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」では、奉祝曲を聴かれた雅子さまが涙を流される場面があった。

「即位関連行事で雅子さまが見せられた涙は、国民への “感謝”の表れだと思います。つらい時期があっても、いつか乗り越えられるときが来る。そんな希望を多くの女性に与えたのではないでしょうか」(つげさん)

 そうして、雅子さまは即位に関するすべての行事に出席され、新皇后として無事に務めを果たされた。

 元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、次のように言う。

「皇后陛下には、即位関連の儀式、行事には出なくてはいけないというプレッシャーがあったことでしょう。しかし、プレッシャーに打ち勝ち、すべての儀式、行事に出席されました。心からよかったと思っています」

 無事に即位に関する行事を終えられた雅子さまだが、特に強い存在感を発揮されたのは、昨年5月に来日したドナルド・トランプ米大統領夫妻への歓迎行事ではなかっただろうか。

「トランプ大統領ご夫妻と通訳を通さずに会話されたことが大変評判になりました。元外交官である雅子さまにとって語学力は当然で、国民が魅了されたのは海外の要人の前でも堂々と振る舞われる“国際性”だったと思います。そして堂々たるご様子は国民の前でも変わらず、同時に心からの笑顔をお見せになっています。そこに雅子さまの素晴らしさを感じます」(矢部さん)

※女性セブン2020年5月7・14日号

関連記事(外部サイト)