「コロナで生活苦」つぶやくと誘ってくる闇バイト募集に注意

「コロナで生活苦」つぶやくと誘ってくる闇バイト募集に注意

記事画像

 新型コロナウイルス感染拡大で、テレビや舞台を中心としたイベント系やエンタメ系、飲食系などの仕事が開店休業状態となっている。3月にも、舞台照明の仕事がなくなった50代の女が、Twitterで見つけた仕事に応募。90代の女性からキャッシュカード二枚を受け取る「受け子」をして逮捕された。仕事がなくなった人が、Twitterなどでの闇バイトや副業詐欺などに手を出したり、勧誘されたりする例が増えている。SNSにおける犯罪事情に詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、Twitterではびこる副業詐欺や闇バイト募集の実態について解説する。

 * * *

◆仕事がなくなりTwitterにあふれる窮状

 フリーアナウンサー、俳優や声優、パフォーマー、講演者、イベントスタッフ、飲食店経営者、飲食店スタッフ……。イベント系やエンタメ系、飲食系の仕事に就く多くの人が、仕事ができず、収入源を絶たれている。

 イベント系の会社に勤める40代女性も、先日会社からクビを宣告されてしまったという。「長年勤めていたしこのままずっと勤めるつもりだったけれど、会社の窮状はわかる。しばらくは給料を保証してもらえたから、その間に再就職を頑張るつもり」。求人サイトで応募しているが、求人自体少なく、なかなか厳しい状態だそうだ。

 仕事がなくなっただけでなくバイトの求人もほとんどなく、家賃や生活費に困っているという人は少なくない。Twitterで「仕事がない」と検索すると、「明日も仕事がないと思うとこんなに不安なのか」「仕事はないけど、むしろ仕事がないから心配で眠れない。疲れる」「仕事がない。コロナで死ぬか生活苦で死ぬか」などの経済的困窮を思わせる投稿が多数見つかる状態だ。

 多くの人が経済的に不安を抱える中、TwitterなどのSNSには弱みに付け込んだ勧誘が増加中だ。

◆リツイートとフォローで10万円

 Twitterは匿名で発信できることもあって、募集されている仕事には問題があるものが多く混じっている。普通の時であれば、ありえない、おかしなものとして気にも留めないでスルーするような内容でも、非常時となると、うまい話をそのまま信じてしまう人が少なくない。

 たとえば「コロナで大変ですよね。リツイートとフォローした人全員に10万円あげます」という旨の投稿には、一日で1000件近くリツイートされている。収入があり、生活が安定していれば、そんなうまい話はないと考えられるのだが、追い詰められるとそういった判断力まで低下するようだ。実際、問題の投稿には「会社を強制解雇になって生活費に困ってます。少しでも借金の返済と生活費に当てたいです」などのリプライが複数寄せられており、多くのユーザーが本気で信じているようだ。しかしこのアカウントは他の投稿がひとつもなく、いったいどこの誰なのか投稿主の正体も不明、目的も明らかにしていない。

 リツイートとフォローするだけでお金をあげます、という類いの投稿をきっかけとした詐欺行為は、Twitterで何度も問題になってきた。過去の例では、応募者に対して当選した旨を連絡し身分証明書のコピーを送らせて個人情報を悪用したり、紹介者がアフィリエイト収入が得られるサイトへ誘導して登録させたり、利益がない、もしくはマイナスになるような投資へ勧誘するなどの問題行為が行われていた。

 いままでの実例を思い浮かべれば、似たような投稿だが今回に限って実際に配るということはまずありえず、何らかの個人情報を奪われたり、投稿主の利益のために一方的に協力させられたり、金銭を奪われる可能性が高いだろう。酷い場合は、犯罪に加担させられる可能性もある。

◆"日常"SNSに頻出する危険な誘い

 こんな事件も起きている。ある大学生がTwitterで「仕事がない。今月のシフト減らされすぎて死にそう」などと投稿したところ、知らないユーザーから「空き時間で簡単に稼げる副業に興味はありませんか」という連絡がきたという。

「連絡を取ったら、数十万円の投資が必要な明らかに怪しい副業の誘いだった」ため以後、没交渉にしたが、SNSで違法行為への誘いは珍しくないことのようだ。「同じ大学に、割の良いバイトだと思って詳細を聞いたら、"受け子"の誘いだったという友だちがいる」と、自分が受けた誘いよりもより、直接的な犯罪に加わる誘いを受けた友人の話があったと続けた。受け子とは、振り込め詐欺などの特殊詐欺のうち、被害者から直接金品などを受け取る役割のことを指す。当然犯罪である上、逮捕されるリスクが高いことで知られる。

 そんな恐ろしい誘いが珍しくないTwitterをなぜ利用するのかと不思議に思う人がいるかもしれない。しかし、今年20歳になる人たちは2000年生まれだということを思い出してほしい。Twitter日本語版サービス開始が2008年、iPhoneが日本発売されたのが2010年だ。いまやSNSはリアルな日常と地続きなものとして、我々は受け止め、そのときに感じたもの、見たものを、友達に話すようにつぶやく。怪しい投稿については、SNSを日常的に使っている人ほど、普通に近所の道を歩いているだけなのに、なぜ、迷惑な人たちが潜り込んでくるのかと戸惑っているような状態だ。一方で、悪意を持って犯罪や犯罪まがいの行為に人を巻き込もうという人たちにとって、様々な状況にある人を広く探せるSNS、とくにTwitterは実に便利なツールとなってしまっている。

 既に述べてきた通り、副業詐欺や闇バイトの募集も、「コロナで仕事ないor給料少ない、副業に興味があり、空き時間に稼ぎたい方、連絡ください」などといった、通常時なら人集めが難しい求人内容が増えている。しかも、新型コロナウイルスによって仕事がなくなったり、収入が減った人を対象としている。

 現在の我々は、新型コロナウイルス感染の心配だけでなく、収入が減ったりなくったりという経済的な不安に苦しめられている。甘い誘いに乗りたくなる気持ちは分かるが、問題がある誘いに乗ってしまうと、犯罪に巻き込まれたり、かえってお金を失う事になりかねない。

 総務省によると、新型コロナウイルス感染症に伴う経済対策として、1人あたり10万円を給付する「特別定額給付金」(仮称)が支給される予定だ。その他、32の都道府県のうち8割の自治体が、休業要請した施設や店舗に対して協力金などの支援策を打ち出すなど、続々と救済対策が始まっている。どうしても生活が立ちゆかなくなったら、真面目に働いてきた人間の権利なのだから、遠慮せずに生活保護を受ける方法もある。しばらく我慢のときが続くが、くれぐれも詐欺や犯罪の誘いには乗らないように注意してほしい。

関連記事(外部サイト)