コロナ禍での大学入試 「記述式」「英語4技能」実施状況は

コロナ禍での大学入試 「記述式」「英語4技能」実施状況は

2月下旬、二次試験に臨む受験生ら(時事通信フォト)

 日本の大学入試制度は今、困難に直面している。今春の入試は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、国公立大の一部で後期日程試験が中止された。昨年末には2021年から予定されていた大学入学共通テスト(新センター試験)への「記述式問題」と「民間の英語試験」の導入が、野党や世論などの反対もあり見送られ、白紙に戻された。しかし、さまざまな仕事がAIで置き換えられていく未来の社会を生きる若者たちに、思考力や判断力、表現力、そして、英語のコミュニケーション能力を入試で問うべきとする改革の理念に反対する人はほとんどいない。共通テストへの導入による入試の全体改革が頓挫した今、各大学は個別に入試改革を遂行することが求められている。

 東京大と慶應大の両大学で教授を務める鈴木寛氏は、文科相補佐官だった時代(〜2018年10月)に大学入試改革を推進してきた。共通テスト改革が頓挫した後、初めて実施された2020年の大学入試。これまでとどう変わり、変わらなかったのか、鈴木氏に振り返ってもらった。

 * * *
──今年の入試は新型コロナの影響を受け、北海道大や山形県立米沢栄養大など8大学23学部で後期日程試験が中止になった。

鈴木氏:今年は綱渡り中の綱渡りでした。いや、一部の入試は中止になったのですから、綱渡りではなく綱から落ちています。国公立の二次試験は前期も後期も2月下旬〜3月上旬に実施されているので、ほとんど強行突破で、入試会場で感染が広がった可能性さえあります。

 私は前々から「1月〜3月というインフルエンザがもっとも流行る時期になぜ一発試験で合否を決めるのか」という問題提起をしてきました。大学入試改革に対しては、「記述式は採点のブレが大きい」とか、「民間試験は受験機会に差が出る」といった批判がありましたが、インフルエンザに罹ってしまった子は1年間の努力が水の泡になり、流行っている地域と流行っていない地域でもまた、地域格差が生まれます。新型コロナでは差が出るどころか、受験機会そのものが失われた。受験生にとってはとんでもないことで、免疫力の弱い生徒にしわよせがくる。これも不公平ではないのでしょうか。

──共通テスト改革が白紙に戻ったため、大学ごとに個別で入試改革をすることになったが、今年の英語4技能(聞く、話す、読む、書く)の試験の実施状況はどうか。

鈴木氏:昔から秋田の国際教養大学は英語の民間試験を活用していましたが、今年は千葉大学や金沢大学、鹿児島大学、九州工業大学、山口大学、大阪教育大学、兵庫県立大学、福井大学などの国公立約20校と、上智大学、早稲田大学、明治大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、関西大学、立命館大学など約100校が、全学部もしくは一部の学部で、英語の民間試験を利用しました。利用するというのは、入試の英語を民間試験で代用したり、あるいは、民間試験の得点を加算したりするということです。

 京都工芸繊維大学は、「ダビンチ(AO)入試」という独自の選抜方式を採用していて、コンピュータを使ったスピーキングとライティングのテストを実施しています。民間試験の利用ではなく、独自に英語4技能の試験を実施していて立派だと思います。

 しかし、国公立の約9割が英語4技能の試験を実施していない。私立は4割が導入しているので、国公立より進んでいますが、6割が未導入です。入試改革批判に対する反動で、むしろ後退してしまった感があります。英語4技能を実施しない大学は、国際的人材の育成には関心がないとみなさざるをえなくなります。現に、理系の学生などで、才能・能力はあるのに、英語での発表や質疑に苦手意識があるばっかりに、その才能・能力が活かされていない若者が多数存在しています。

──国公立では、東大、京大などトップ校が導入していない。

鈴木氏:だから、最近は、東大を蹴って、海外大学にいく優秀な高校生が増えています。95%以上が一般入試を経ている東大生の英語4技能の力は、一般入試入学が半分の慶應SFCの学生に比べて、遥かに劣っています。東大も、民間試験を使うのがいやならば、京都工芸繊維大のように独自で4技能試験を実施すべきです。東大も矛盾していて、東大のHPには、アドミッション・ポリシー(大学の入学者受け入れ方針)のなかで「英語4技能を身につけるべき、しかし、スピーキングの試験は技術的な課題があって実施していない」と書いてある。今の教授陣のマンパワーでスピーキングの試験を独自に実施するのが大変なのはわかりますが、技術的な課題があってできないのなら、民間試験を吟味して選んで使えばいいのです。現に、東大の大学院入試や東大の学部でも留学生や帰国生の入試には民間試験を利用しています。おかしな話です。

 千葉大学などは、民間試験をしっかり利用し始めました。強豪校がひしめく関東で競争にさらされていて、生き残るために必死で考えて、英語4技能を極めて重視した改革を行っているのです。東大との差異をどう出していくかを考えて改革をしている。金沢大も京大とどうすれば差異を出せるか考えている。東大や京大のやっていないことをやろうという姿勢は評価すべきです。千葉大や金沢大はもともと優秀な大学ですけれど、実業界は、各大学の中味をよくみて、これらの大学の人材をもっと注目すべきだと思います。

◆私立大の多くが記述式を実施せず

──記述式問題の導入状況はどうか。

鈴木氏:共通テストへの記述式導入は、当初は80文字書かせる設問を導入し、いずれ100文字、120文字へと増やしていく計画でしたが、先送りされ、導入は未定になりました。それで、各大学が個別にやるということになったわけですが、結局、今年の入試を見る限り、ほとんど変わっていません。

 まだすべての問題を入手したわけではありませんが、国公立68校では、81文字以上書かせる設問はおおよそ8割くらいが出しています。大学入試改革は国公立二次試験も対象で、国立大学協会(国大協)が3年前に記述式を導入すると決めて8割で実施されるようになりました。これは大学入試改革の成果です。

 一方、私立大はどうか。著作権等の問題で、まだ約70校分しか入試問題を入手していませんが、約4割が実施したというものの、81文字以上書かせる設問はその内の2割でした。つまり、全体のおおよそ1割に過ぎない。他の9割は実施していない、もしくはやったふりをした大学が多かった。実施した大学でも、日本にありがちな「目的と手段の取り違え」が起きていて、とにかく書かせればいいというものが多かったように思います。

 勘違いしている人が多いのですが、マークシートではないからといって、抜き出し(引用)問題や、空欄補助(穴埋め)問題などは、意図している記述式とは呼びません。例文中の文章を引用するだけのような問題ではなく、書いてあることを咀嚼して、自分の知識と合わせて頭で再構成して表現することを求めるのが記述式問題で、思考・判断・表現を問うものです。

 すべての入試問題を見たわけではないので、漏れがあるかもしれませんが、私立のなかで記述式と呼べるような設問で、それなりの分量をしっかり書かせているのは、関東では1000文字の小論文を課している慶應と、早稲田、それから津田塾くらいでしょう。関西にも何校かあります。

 今年、早稲田は文学部で100字、法学部・政経学部で180字の記述式問題を出しました。今まで記述式問題のなかった文化構想学部でも記述式の出題がありました。

 津田塾の場合は以前から記述・論述問題を出しています。学芸学部国際関係学科の国語では、最大で200文字書かせる良問を出しています。ちゃんと受験生に考えさせ、表現させる問題です。

 記述式の採点は大変ですが、津田塾は受験者数がそれほど多くないのと、やはり教員陣が充実していて出題能力、採点能力があるからできるのです。文字量が多くなるほど採点が難しくなり、受験者数が多い大学だと大変な作業になります。

 国公立ではすべての大学が二次試験で記述式を導入するという方針になったときに、多くの私立は受験者数の規模が大きく実施が難しいので、日本私立大学協会から「記述式は共通テストで実施してほしい」と要望されて共通テストで導入することになったのですが、本来は個別にやるべきことなのです。

 今年の入試で、改めて私立は個別に実施するのが難しいということが明らかになりました。今後、私立大はどうするのでしょうか。ぜひ、本格的な論述試験を、各私立大学も導入していただきたいと思います。

 * * *
 大学入試は、その大学がどんな学生を求めているかを映し出す鏡である。私立大のなかには受験者数が多くて処理しきれないために、マークシート100%の入試を実施している大学がまだまだ多いが、他大学が記述式を導入していけば、論述力や表現力を磨いた受験生は他大学に流れていく。大学格差を広げる要因にもなりうるかもしれない。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)