コロナ騒動で全国100万人超と言われる引きこもりにも変化か

コロナ騒動で全国100万人超と言われる引きこもりにも変化か

記事画像

 自宅に半年以上、閉じこもっている「引きこもり」は全国で15〜39歳が推計54万1千人、40〜64歳が推計61万3千人、あわせて100万人を超えるとみられている(内閣府調べ)。まったく外出しないなら、新型コロナウイルスに感染する心配が無い、とばかりも言っていられない。ライターの森鷹久氏が、変わらざるを得なくなった引きこもりと、元引きこもりが外へ出た体験についてレポートする。

 * * *
 今年一月下旬、中国の遠い都市でアウトブレイク(大流行)が確認された「新型コロナウイルス」。もう何年も前のことのようにも思えるが、当時、まさか火の粉が日本に降りかかり、現在のように日常生活が送れなくなる程の事態になろうとは、ほとんどの人が思っていなかった。誰も予想出来なかった非常事態は、全人類に公平に不幸を与えているが、中には「気づき」を得ている人もいるようだ。

「10万円弱の年金、あとは近くの雑貨店でアルバイトをして、月に15万円くらいが1ヶ月の収入でした。息子に使うのは、そこから大体5万円程度でしょうか。携帯代やネット代も私が支払っておりましたので」

 千葉県在住の中田晴美さん(仮名・70代)は、間も無くアラフォーの息子と二人暮らし。先立った夫が残してくれた自宅があり、幸いにして住むところには困らないため、少ない収入で何とかやりくりし生活してきたと話す。息子は30代前半の時に勤めていた会社でパワハラやいじめを受け、精神を病んで退職。それ以降、10年近く自室に引きこもる生活を送っている。

「将来に対する不安は、それはもう凄まじいものがありました。私が死ぬ時、あの子も一緒に殺そうかとか……。コロナウイルスのせいで、3月から雑貨店のアルバイトに入れなくなることがわかると、本当に死を考えました。休業手当とか補償とかテレビや新聞で色々いってますけど、正直よくわからないし、もらうために動く気力もない。息子にも“これ以上無理かもしれない”と手紙を書き、覚悟を決めようとしていました」(中田さん)

 その数日後、中田さんが思いもよらなかったことが起きる。朝起きると、中田さんの枕元に、息子からの書き置きが残されていたのだ。会話が無くなって数年。そこには「迷惑をかけてごめん、心を入れ替える」とだけ記されていた。

「急に部屋の掃除をし出して、伸びきった髪も坊主頭にして、パソコンを使って“休業手当”に関することも調べてくれました。この非常事態でやっと、自分が置かれている現実に気がついてくれたのかもしれません。私のためなのか、自分のためなのかなんてどうでもいいんです。やっと息子がやる気を出してくれたから」(中田さん)

 未曾有の危機は、今まで何を言っても自室から出てこなかった息子の意識さえ変えた。9年前、東日本大震災をきかっけに、同じように自分の部屋から外へ出た“息子”がいた。

 中学の頃に両親の離婚がきっかけで引きこもりとなったが、現在は建設作業員として働いているという福島県いわき市在住の幸田祐樹さん(仮名・20代)はいう。

「成人する直前に、東日本大震災が発生し、自宅の近くまで津波が押し寄せました。たくさんの人が亡くなり、家や仕事を失いました。僕はまだ家に引きこもっていて、母親と二人暮らし。離婚で僕を不幸にした母親を困らせたいという気持ち、惨めな気持ちにさせた両親への復讐みたいな感覚があったんです。しかし母親は僕のために炊き出しに並んだり、いろんなところを駆けずり回ってお金を借り、食べ物を持ってきてくれましたね。そういうのを見ていると、引きこもりなんてバカバカしくなってきて、外に出て後片付けのボランティアをやるようになりました」

 思えば「引きこもり」など、世の中が平和で、金のある親がいないとできない。平和でなくなり、親にも金がなくなると、引きこもりは真っ先に死ぬしかない。そういった危機感を、幸田さん自身が感じたのかもしれない。

「普通に生活していると、誰かと自分を比較して憂鬱になったり、やる気がなくなって投げ出しちゃう。それは自分がやらなくても、身近な誰かがやってくれる、世話してくれるからなんです。今、引きこもりを続けている人でも、親や家族が危機的状況になれば、自分にできることは何か、嫌でも考える日が来ます。誤解を恐れずにいうと、これ以上のきっかけはありません。頑張りたいけど、普通の生活をしたいけどその資格は自分にはない、という自己否定なんかやってる場合じゃないんですから」(幸田さん)

 新型コロナウイルスの影響で、世界中の人々たちが「生き方」や「常識」について考え直し始めている。極端例かもしれないが、生きる力を取り戻す人々だっている。コロナ禍後の世界は人間が決めるのだ。

関連記事(外部サイト)