雅子さまのお人柄を表すエピソード、自分のことより周囲を優先

雅子さまのお人柄を表すエピソード、自分のことより周囲を優先

雅子さまは17年以上、記者会見を行われていない(2002年12月、東京・港区。写真/時事通信フォト)

 昨年の5月1日、御代がわりにより皇后になられた雅子さま(56才)。快復途上で療養の身であるため、すべてを完璧にこなせないことがあったとしても致し方ないだろう。しかし、雅子さまはご自分らしい形で、国民への寄り添いを続けてこられた。

 国民を襲う災害が起これば、現地に出向いて被災者を励まし労われる。その姿は皇太子妃時代から変わらない。

「ただ、皇太子妃時代は、当時の天皇皇后両陛下が動いてからでないと動きにくかったのも事実です。被災地訪問は、上皇上皇后両陛下がとても大切にされてきた“象徴の形”を表すものであります。おふたりを尊敬されているからこそ、先んじて被災地に赴くことはできなかったのです。しかし、天皇皇后両陛下は当時から、困難な環境に身を置く人に対して強く心を寄せられていました。

 天皇皇后となられたいま、ご自分たちのお気持ちを全面に出したお出ましが増えていくと思います」(宮内庁関係者)

昨年12月、台風19号で大きな被害を受けた宮城県・福島県を訪れられたことは、両陛下のお気持ちを表す顕著な例だろう。

「当時は即位に関する行事が続き、雅子さまの疲労もピークに達していました。それでも“是が非でも年内にお見舞いしたい”というお気持ちが強かったと聞いています。少しでも多くの被災者と交流し、励ましたいという願いから、ご多忙の中でスケジュールを組み、訪問を実現されたそうです」(前出・宮内庁関係者)

 福島県で雅子さまに励まされた被災者の高校生は次のように語る。

「家が浸水したことをお話しすると、“大変でしたね”“つらかったでしょうね”と労ってくださいました。とても緊張しましたが、私と目の高さを合わせてお話しくださり、優しい気持ちになれました」

◆子供たちに見せた気遣い

 ご公務で地方を訪れた際にも、雅子さまらしい振る舞いが見られたという。

 昨年9月、両陛下は「全国豊かな海づくり大会」出席のため、秋田県を訪問された。両陛下は訪問中の視察先に、秋田市の「秋田県動物愛護センター」を選ばれた。動物愛護の施設が皇族方の訪問先として選ばれるのは非常に珍しいという。動物がお好きで、保護された動物たちを飼われる両陛下らしいものだろう。

 愛護センター所長の金和浩さんは次のように語る。

「雅子さまはお出迎えの秋田犬にとても優しい笑顔を向けられていました。犬と慣れた様子で触れ合うお姿から、動物について普段から勉強され、大切にされているのだと感じました」

 雅子さまの優しい視線は、犬だけに向けられたわけではなかったという。

「センター内では、両陛下が座るための2つの長椅子が用意されていました。しかし、そのうちの1つに、その場にいた子供たちが座りました。子供たちに椅子を空けるようにと伝えると、雅子さまがすかさず“いいえ、結構です”とおっしゃり、子供たちに席を譲ったのです。さらに、残った椅子には陛下が座るよう促されました。ご自分より子供を優先され、さらに陛下を立てられる雅子さまのお気遣いを感じました」(金さん)

 自分のことよりも、周囲を優先される──そんな雅子さまのお人柄を表すエピソードはほかにもある。

 昨年12月、雅子さまの誕生日に伴う祝賀の席でのこと。当時、雅子さまはご感想文書の発表が遅れ、ご体調が心配されていた。

「出席者から祝辞が伝えられ、天皇陛下がお礼の言葉を述べられました。その後、雅子さまが出席者に対し“これから寒くなりますので、みなさんお体に気をつけてください”とおっしゃいました。私たちは雅子さまを心配していたのですが、かえってこちらに気を使ってくださったのです」(別の宮内庁関係者)

 多くの即位関連行事のなか、お疲れがないはずがない。そんな中でも周囲への気遣いを忘れない、それが雅子さまなのだ。

※女性セブン2020年5月7・14日号

関連記事(外部サイト)