ホンダの中古車サブスクが人気 若者のクルマ離れ解消なるか

ホンダの中古車サブスクが人気に 「Hondaマンスリーオーナー」の滑り出しは好調

記事まとめ

  • ホンダの中古車が月額定額制で借りられるサービスが人気となっている
  • クルマのサブスクリプションサービスは自動車業界で新たな需要創出のネタとして期待も
  • 予約サイトを見ると33台が利用中、11台が予約済み、2台が仮予約、2台が準備中に

ホンダの中古車サブスクが人気 若者のクルマ離れ解消なるか

ホンダの中古車サブスクが人気 若者のクルマ離れ解消なるか

ユーザー目線のサービスと価格で勝負に出るホンダのサブスク

 ホンダ中古車が月額定額制で借りられるサービスが人気となっている。折しもコロナ感染の脅威から公共交通機関を避ける人が多い中、「若者のクルマ離れ」解消の契機となるか。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がレポートする。

 * * *
 自動車業界で新たな需要創出のネタとして期待が大きく膨らんでいるクルマのサブスクリプション(月額定額制)サービス。

 自分で購入するときのように高額な頭金を用意する必要がなく、月々決まった額を払うだけでOKというシンプルな消費形態は若年層に向く……という皮算用で自動車メーカーやリース会社などが続々とサービスを開設しているが、現実は厳しく、苦戦の報ばかりが目に付く。

 そんな中、ホンダが興味深いサブスクを始めた。中古車を月額定額制で借りることができる「Hondaマンスリーオーナー」だ。

 滑り出しは好調だ。現在、埼玉県和光市の中古車センター、Uセレクト城北の1拠点のみでサービスを行っている(4月29日〜5月6日は休店)が、予約サイトを見ると33台が利用中、11台が予約済み、2台が仮予約、2台が準備中で、今すぐ予約できるクルマが1台もないという状況だった(4月28日時点)。まさに“早い者勝ち状態”である。

 なぜホンダのサブスクだけが日本の顧客に受け入れられているのか。理由はいつでも違約金なしで解約可能であることから実質月単位で借りることができるという手軽さと、価格の安さの2点であろう。

 契約は最長11か月だが、それを超えて使いたい場合は再契約をすればいいという。車両が免責5万円、対人、対物、搭乗者傷害は免責0円というフルスペックの任意保険込みでスターティングプライスは税込み2万9800円と、レンタカーを数日借りるのと同等。これで1台のクルマを占有できてしまうのである。レンタカーより面倒な点は車庫証明を取得する必要があることくらいだ。

 他社のサービスはいずれも新車がベース。途中でやめられたらコスト計算ができないので、期間が3年、5年などと決められている。リース会社のサービスの中には、何と9年というプランまで存在する。途中解約も可能だが、場合によっては高額な違約金を支払わなければならない。

 整備費、車検代、税金、任意保険まで全部ワンパッケージになっている(サービスによっては整備、任意保険が別というものもある)という簡単さはあるが、必要に応じて乗るというサブスクのメリットは事実上なく、ユーザーにクルマを買わせるのと本質的には何も変わらない。その点、Hondaマンスリーオーナーは唯一の“正真正銘のサブスク”と言える。

 ハードウェアの価格と維持費の両方が高価なクルマのサブスクでそんな自由度の高いサービスを設計するのは、さぞや大変だったことであろう。普通にコストを積み上げていくやり方で採算を取るには、最低年限縛りをかけざるをえない。

 それに対してHondaマンスリーオーナーは最初に目標を設定して、それを実現させる方法を考えるという、クルマの開発手法と同じアプローチで作られている。

 顧客のニーズが断然高い月額定額制と低価格の2要素を満たすことを絶対条件とし、その実現のためには「新車でなく中古車を使う」「拠点は正規中古車ディーラー」「保険はレンタカー向けのものを流用」……と工夫を凝らしたアプローチでなければ、このサービスは生まれなかっただろう。

 最近、メーカー系のサブスクが増えているのは、新車需要の先細りをカバーするための手段にしたいという思惑があるからだ。ゆえに、何はなくともまずは新車ありきになる。ホンダとしても、本音では新車販売に貢献する新車サブスクをやりたいのは山々だったろう。その気持ちをぐっと抑え、マーケットイン(顧客需要を見てモノやサービスを作る)に徹したのは大したものである。

 こういう自由度の高いサブスクサービスの出現は、既存ユーザーの保有→使用への置き換えだけでなく、新規需要の創出効果についても期待が持てる。その筆頭は、クルマ離れの流れがすっかり定着した感のある若年ユーザーへのアピールだ。

 若年ユーザーがクルマを持たなくなってきたのは、言うまでもなくクルマに大金を投ずるのはもったいないという意識が強いからだ。

 もちろんクルマが生活必需品であるという人はクルマを買うケースも多いのだが、最近は地方都市であっても市心部に近いところに住み、移動は公共交通機関を使い、クルマは持たないというライフスタイルの人も増えている。どうしてもクルマを使わなければいけないときはレンタカーやカーシェアで事足りるという考え方だ。

 そんな若年層に対して、合わなければすぐやめてもいいというHondaマンスリーオーナーのようなサービスデザインは強い訴求力を持つ可能性がある。自宅に駐車スペースがあったり、最近増加中である敷金礼金なし、月単位で借りられる駐車場が近くにあるユーザーであれば、ちょっと数か月試してみようかと思わせるに十分な価格設定だ。

 そのお試しの結果、どういう印象を持つかは人それぞれであろうが、ひとつ言えるのは、利用者はレンタカーやカーシェアのような短時間ないし日単位での借用では得られない体験ができるということだ。

 もともとクルマを保有することの最大のメリットは、暇といくばくかのお金さえあれば24時間、自分が行きたいところに自由に行くことができるようになること。混雑期だろうが真夜中だろうが、予約状況や拠点の営業時間を気にする必要はまったくない。

 レンタカーやカーシェアはどうしても必要というときに使うものだが、サブスクはそれだけでなく、急にどこか遠くへ旅してみたい気分になった時にも燃料代だけで出かけられる。この自由さは、1台のクルマを“占有”してみなければわからない。

 その体験をしたうえでなお、クルマでどこかへ行きたくなったりはしないし、予約がいっぱいで借りられないときは使わなければいいと考えるユーザーもいるだろう。それはそれでいい。移動の自由というものをまずは体験してもらうにはどうしたらいいかということに、自動車メーカーはずっと頭を痛めてきた。Hondaマンスリーオーナーのような解約自由のサブスクは、その思わぬソリューション足り得る可能性を秘めている。

 もっとも、レンタカーとカーリースのハイブリッドと言えるホンダ方式のサブスクは、ナイスアイデアではあるが、ホンダの専売特許ではない。低廉な月額定額制とフレキシブルな使用期間を両立させることができればユーザーがついてくるということが実証された以上、今後ライバルもそこに着目してくるであろうことは明白だ。

 あくまで新車販売の一助と位置づけているカーメーカーはそうそう追従してこないだろうが、レンタカー、カーリース、カーシェアなどのサービス業者、および中古車販売店あたりは手ぐすねを引いていることだろう。

 従来、月間レンタルはホンダのサブスクよりずっと高かったのだが、ホンダが今後、拠点を増やしてシェアを拡大してくれば黙って見ているわけにはいかない。もともと日本のマンスリーレンタルはサービス価格が高く、そのぶん利益率も過剰だったので、価格引き下げの余地は結構大きい。必ずや対抗商品を出してくるに違いない。

 これまでほとんど総討ち死にの感があったクルマのサブスクだが、何が障害となっていたかがハッキリとした今、これからどういう形で普及していくのか。新車サブスクの革命的なアイデアの誕生も含め、大いに楽しみだ。

関連記事(外部サイト)