『どうぶつの森』が大ヒット、同時期発売ビッグタイトルとの差は

『どうぶつの森』が大ヒット、同時期発売ビッグタイトルとの差は

『あつ森』人気のヒミツとは!?(C)2020 Nintendo

 発売3週間で約300万本の売り上げを達成(ファミ通調べ)した、大流行中のNintendo Switch向けゲームソフト『あつまれ どうぶつの森』(通称『あつ森』)。実はこのゲーム、子供だけでなく大人も夢中になる要素がたくさんだ。

 魚釣りや虫捕り、ガーデニングなどスローライフを楽しむゲーム『どうぶつの森』。2001年の第1作発売以降、大人気のシリーズだが、今作の売れ行きはいままで以上だ。ヒットの理由をゲーム総合誌『週刊ファミ通』編集人/ファミ通グループ代表の林克彦氏はこう分析する。

「シリーズ自体のファンが多いことに加えて、今作は初のスイッチ用ソフト。ご家庭のリビングに置かれていることが多いゲーム機なので、発売前から“次のどうぶつの森は、家族みんなで遊べそう”という雰囲気ができていたのが大きいのではないでしょうか」(林さん・以下同)

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛要請にともなう、ゲーム業界自体の家ごもり需要もある。

「実は『あつ森』と同時期に大きいタイトルが複数発売されているのですが、どれも売れ行き好調です。なかでも『あつ森』が飛び抜けている理由は、“平和さ”。争ったり戦ったりすることなく、まったり楽しめる。さらに今作は最大8人まで通信プレー可能。友達の島に行って果物を交換したり、チャットで話したり。現実世界で人と会いづらいご時世なので、ゲーム上で簡単なコミュニケーションを取れるのは、すごくいいですよね」

 いままでゲームをやったことがない人でも楽しめる?

「簡単な操作ばかりなので大丈夫です。ゲーム内に細かい目的がたくさん設定されているので、自由すぎて何をしたらいいかわからないということもありません。現在、スイッチの品切れが続いているのですが、ご家族やお知り合いがスイッチを持っているのであれば、ぜひ一緒に遊んでみてください」

 街を作ったり、おしゃれを楽しんだり、友人と通信したり…自由な遊び方が魅力の『あつ森』。初心者の皆様に『向けて、代表的な楽しみ方をいくつか紹介する。

◆自分の好きなように島を発展させよう!

 最初はなにもない無人島も、発展すればこんなに賑やかに! 橋を架けたり、崖を削ったり、家を建てたり、道路を整備したり…。ゲームが進むと、自由に島を工事できるようになるので自分だけの島を作ることができる。

◆キャラも服も自分で作れる!

 主人公の見た目も、パターンを組み合わせて好きなように作ることが可能。さらに、「マイデザイン」という機能を使うと、着る洋服のデザインを自分でデザインすることができる。世界に1人しかいないキャラクターでゲームの世界にいる気分に!

◆マイホームが建てられる!

 島に引っ越した当初はテント生活だが、物語が進むと家に建て替えられる(もちろんベル(=通貨)は必要)。さらにベルを使うと部屋の増築や2階建てにも。また家の中はDIYしたりショップで購入した家具を置いたり壁紙や床を張り替えたりできるので、自分好みの家にアレンジするのが楽しい!

◆友達の島に遊びに行ける!

「Nintendo Switch Online」(有料)に加入すれば、通信で遠く離れたフレンドの島にも遊びに行けるし、フレンドを自分の島に呼ぶことも可能。最大8人まで呼べるのでみんなで鬼ごっこしたりパーティーをする人も。新型コロナウイルスの影響で集まれない友達とも、ゲームの中なら安心安全だ。

◆釣りや虫取りを楽しめる!

 つりざおや網を手に入れたら、島の中で自由に釣りや虫捕りが楽しめる。釣った魚や虫は、博物館に寄贈したり、タヌキ商店に持っていけばベルと引き換えに売ることもできる。ベルは島を発展させるために必要。

◆家ごもり芸能人の間でも“あつ森”が流行中!

 指原莉乃はファンの島を訪れて交流したり、きゃりーぱみゅぱみゅは自粛要請の出ていた花見をあつ森の中で開催。その他みちょぱや本田翼らもあつ森にハマっているそう!

※女性セブン2020年5月21・28日号

関連記事(外部サイト)