9月入学論が浮上、なぜ日本は「4月新年度」が続いてきたか

9月入学論が浮上、なぜ日本は「4月新年度」が続いてきたか

入学式といえば桜のイメージだが…

 全国を対象にした新型コロナ「緊急事態宣言」の延長により、一部では各自治体が実施する小中高の休校が続いている。登校はおろか、入学式すらできなかった新入生もいるなか、「9月入学」「9月新学期」への制度変更をめぐる議論がにわかに活発化した。「9月新学期がグローバルスタンダード」などと言われるが、そもそもなぜ、日本の学校は4月始まりなのか。歴史作家の島崎晋氏が紐解く。

 * * *
 細かく見ていけば、年度の種類は米穀年度、酒造年度、事業年度など日本だけでも数十に及ぶ(*注)が、国民全体に関係するのは国や自治体の「会計年度」と児童・生徒らの学年を分ける「学校年度」の2つである。世界全体を見渡せば、この2つが一致しないところのほうが多いが、日本では最初に法制化された際、学校がすべて国公立であった関係上、学校年度が会計年度に付随するかたちが現在も継承されている。

【*注:米穀年度/米穀の取引に関わる年度。前年11月1日〜当年10月31日。:酒造年度/酒造・醸造業界における年度。当年7月1日〜翌年6月30日。:事業年度/法人の支出や収入を整理分類する区切りとしての1年。法人ごとに異なる】

 4月を新年度の始まりとする制度は、学校令(勅令)が公布された明治19年(1886年)に始まる。それまで明治政府の会計年度は「1〜12月」、「7月〜翌年6月」など短い間に変遷を重ねていた。試行錯誤の末、明治19年に「4月新年度」が定められた理由としては、主に3つの説が唱えられている。

 まず1つ目は稲作との関わりである。農家は収穫した米を現金化したうえで納税するよう定められていたが、政府が収支を把握し、予算編成を行なうためには1月では早すぎ、4月くらいがちょうどよかったという説である。

 2つ目は、当時の覇権国家イギリスの会計年度に合わせたというもの。当時のイギリスは欧米諸国のなかでも頭一つ抜きん出た存在で、日本政府は島国と君主制という2つの共通項から親近感を抱いたことも合わさり、イギリスに倣ったとする説である。

 3つ目は、当時の大蔵卿(財務相)・松方正義が任期中の赤字計上を嫌ったから、という説。当時は7月から翌年6月末を会計年度としていたが、赤字が見込まれた明治18年度を3月末までの9か月と短くすることで、松方蔵相としては財政赤字を免れることができた。それが明治19年から4月新年度が採用された理由だというのである。

 この説はNHK総合テレビの人気番組『チコちゃんに叱られる!』でも「大蔵省のトップがインチキしたから」として紹介された。当時の「公文類聚(こうぶんるいしゅう)」というれっきとした公文書(法律及び規則の原議書などを収録した編集物)の中に、詳細が記録されている。

 前述したように、海外では会計年度と学校年度の不一致がむしろ普通で、学校年度についていえば、アメリカに倣った9月始まりが圧倒的に多い。

 会計年度についていえば、アメリカは10月、イギリスと旧イギリス植民地のカナダ、インド、南アフリカは4月、南半球のオーストラリアとニュージーランドは7月、EU加盟国と中国・韓国は1月を始まりとする。ただし、アメリカでは連邦政府と州政府で違いがある。全米50州のうち46州が7月を始まりとしているのに対し、4月、9月を始まりとする州が各1、10月を始まりとする州が2つ存在する。

 明治日本は年度の区切りの変更を何度も重ねたが、1886年以降はずっとそのままできている。太平洋戦争に敗れ、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領下にあった時期に、アメリカのそれに合わせた変更がなされても不思議ではなかったが、実行されなかった。

 その要因は中国大陸の情勢にあった。1946年7月に始まる第2次国共内戦では、大方の予想に反して蒋介石率いる国民政府軍が劣勢に転じ、朝鮮半島北部にソ連軍が進駐を続けていることと相まって、東アジア全域が赤化する恐れが出てきた。それはアメリカにとって由々しき事態だった。

 そこでGHQ総司令官のマッカーサーは1947年3月に「早期講和構想」を発表。占領政策の柱であった非軍事化と民主化は達成されたとして、次には経済復興に重点を置いた。すでに着手済みの改革を除いては、既存の制度をできるだけ踏襲することにしたのである。

 サンフランシスコ講和条約の締結(1951年)により、主権国家としての独立を回復したのちの日本では何度か年度の変更が議論に上ったが、そのたびに多くの法改正に加え、大変な手間がかかるとの理由から事実上不可能と結論され、4月開始のまま現在に至るのだった。

 チコちゃん流に言えば、戦後の日本で4月新年度が続いたのは「マッカーサーの気が変わったから」と言えるかもしれない。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)など著書多数。最新刊は『人類は「パンデミック」をどう生き延びたか』(青春文庫)。

関連記事(外部サイト)