校則廃止中学の前校長「何もしない時間は子どもの成長に必要」

校則廃止中学の前校長「何もしない時間は子どもの成長に必要」

親の「過干渉」について語った西郷さん(撮影/浅野剛)

 全国に先駆けて2月27日から小中学校の一斉休校を行った北海道。札幌市児童相談所に寄せられた3月の児童虐待通告件数は、約150件。これは、前年同月比の1.5倍の数字だ。明らかにコロナ自粛は、家庭、ことに子どもを追い込んでいる。

 それは日本に限った話ではない。国連のアントニオ・グテーレス事務総長はビデオ演説(4月16日=米現地時間)で、児童虐待やDVの兆候を早期につかむ重要な仕組みが失われ、本来ならば守られるべき場所で子どもたちが暴力にさらされていると警鐘を鳴らした。

 外出できないいら立ちから、机に向かわず一日の大半をダラダラ過ごすわが子が目に入れば、つい小言を言いたくなる。怒鳴りつけてしまうこともあるはずだ。ではこの悪循環から、どう脱却すればいいのだろうか。

『「過干渉」をやめたら子どもは伸びる』(小学館新書)の著者の1人で、教育評論家の尾木直樹さんは、「そうした気持ちになることは充分理解できる」としながらも、こうアドバイスする。

「いま私たちは、この先どうなるのか見通しが立たず、言いようのない不安にさいなまれていますよね。でも、考えてみてほしい。子どもだって、同じようにストレスや不安にさらされているということを。

 コロナ禍でダメージを被っているのは、大人も子どもも同じこと。いまは、わが子をか弱い存在としてではなく、“困難な時代をともに乗り越えていく同志”ととらえてほしい。家族=仲間として、この難局を乗り切るのです」

 さらに尾木さんは、子どもの不安を解消するのに必要なのは、「言う」ことではなく「聞く」ことだと話す。

「小言は横に置いて、まずは子どもの声を聞いてください。“その不安な気持ち、わかるよ”のひと言が、お子さんを救うはずです」(尾木さん)

◆何もしていない時間が脳を育てる

 同じく同新書の著者で、校則ほか学校における不必要な干渉を排した学校として知られる東京・世田谷区立桜丘中学校前校長の西郷孝彦さんは、「いまこそ一歩引いて子どもを見守ってほしい」と話す。

「外にも出られず、家にいる時間が長い分、勉強など親が重要視することに費やす時間より、ダラダラと過ごす時間の方がどうしても長くなる。そんな子どもを見て、ついイライラしてしまうでしょう。

 でも、考えてみてください。人生でこんなに何もしなくていい時間を過ごせることなど、そうあるでしょうか。65年間の私の人生を振り返っても、学生時代は勉強や部活、教員になってからは常に時間に追われ、これほどぼんやりできる時間はありませんでした。

 子どもにとって、この“何もしていない時間”こそが、成長のために必要な時間なのです」(西郷さん・以下同)

 実際、ボーッとする時間に脳で記憶を整理したり、無意識が浮かび上がって、いいアイディアがひらめいたりするといわれる。それは大人も同じだ。

「“窓辺で何もしないで、ボーッとしている時間が本当の時間である”と言ったのはフランスの作家、フランソワーズ・サガンだったでしょうか。私もいま、その言葉をかみしめています」

 西郷さんはこの時間を、突然プレゼントされた“自由な時間”と考えてほしいと語る。

「お子さんが、勉強以外に打ち込める好きなことを発見したら、大成功です。ゲームをやりすぎているんじゃないか、という心配もわかりますが、やりつくせばいずれ飽きます。子どもたちは、自分の不安をゲームで埋めているともいえる。そのことに気づいて、大人はただ見守ってあげていれば大丈夫。彼らには、親から何も言われずとも成長する力があります。

 アメリカの児童文学作家のE・L・カニグズバーグは、『ベーグル・チームの作戦』の中で、《(成長の大部分は)ひとりでいる時に起こる》と書いています」

 西郷さんが、実践してきた教育は、「子どもに不必要な干渉をせず、子どもを信じて、子ども自身に任せる」というものだった。

 家で子どもと一緒にいる時間が長いからこそ干渉がすぎれば、子どもの、自分で考えて行動するという思考に悪影響を及ぼしかねない。「学校に行かない時間」とは、言い換えれば「子どもが自分の頭でものを考える時間」でもある。

 尾木さんも言う。

「文科省や各自治体は、休校した分を、夏休みの削減や補習で対応しようとしています。でもこの考えは、非常にナンセンスです。なぜ“授業時数”を気にするのでしょうか。学校での学習は本来、“履修すれば終わり”ではありません。大事なのは“習得”することです。いまこそ日本は、履修主義から習得主義へと転換すべきではないでしょうか」

 文科省は学習指導要領を約10年ぶりに改訂し(2020年度より小学校、2021年度より中学校で実施)、大きく「生きる力」の習得を打ち出している。

「新しい学習指導要領は教え方にも踏み込んでいるのですが、そこでうたわれているのが、アクティブ・ラーニングです。日本語でいうなら、“主体的・対話的で深い学び”です。たとえばすでにある中学校では、新型コロナウイルスについて調べることを課題として出し、その成果を学校のホームページで公開しています。これこそ主体的な探究型学習といえるでしょう。詰め込み型授業の時間を確保して帳尻を合わせるのではなく、休校のこの時間を、探究型学習へと振り向ければいいのです」(尾木さん)

 そうはいっても、わが子にそれができるのか。言わなければ何もしないのではないか。そういった不安もあるだろう。だが、「言わなければ何もしない」のではなく、「言われ続けるから、言われるまで何もしない」子どもになる、と考えたらどうだろうか。

※女性セブン2020年5月21・28日号

関連記事(外部サイト)