同居者にコロナ感染者が… 細かな対策と時に必要な“非情さ”

同居者にコロナ感染者が… 細かな対策と時に必要な“非情さ”

広がる家庭内感染(写真/アフロ)

 厚労省の最新調査で、4月末の時点で新型コロナウイルス感染者2000人近くが自宅で療養していることが判明した。PCR検査の陽性者のうち23%にものぼるという。政府は軽症者も宿泊施設などで療養するように通知しているが、実態はまったく徹底されていない。

 もしも、同居者に感染者がいたり、家族に感染が疑われる症状が出た場合はどうすべきか。様々な感染防止対策を実践するのは当然のこと、徹底した「隔離」が大事になる。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんはこう話す。

「感染疑いの人と家族の部屋を分けて、世話をする人はできれば1人に限定します。感染疑いの人の衣服や食器などは手袋をして触り、廃棄物は密閉して処理します。家族全員がマスクをすることも必要です」

 感染疑いの人には家族の最後に風呂に入ってもらい、利用後は掃除して充分な換気をすることが必須。ちなみに、一般にウイルスは大気中でも水中でも活動は変わらない。「湿気で感染力が弱まる」とされるのは、大気中の水分が付着して重くなるので、地面や床に落下するスピードが上がり、大気中のウイルス濃度が低くなるからだとされる。

 坂根Mクリニック院長の坂根みち子さんは「食器洗いに注意」と指摘する。

「ほかのことは気をつけていても、感染疑いの人が使用した食器を洗うときについ気をゆるめてしまって、普段通り水をバシャバシャと流して洗ってしまい、跳ねた水に付着したウイルスに触ってしまうことがよくあります。洗剤を使って注意深く水が跳ねないように洗うことが必要です」

 皿や箸は感染者が直接口に触れるため、感染リスクが高い唾液が付着する。水で洗い流すとキッチン周辺にウイルスが残ってしまう可能性があるのだ。

 寝室も分けたい。寝ている際にも、くしゃみや咳で飛沫感染するおそれがあるからだ。ちくさ病院の内科医・近藤千種さんがアドバイスする。

「できれば2mの距離を置いて横になってください。家の造りで難しい場合は、お互いの顔と足が向き合う姿勢で寝てほしい。また、少なくとも週に1度はシーツを洗濯してください」

 3万人近い死者が出たイタリアは、3世代が同居する大所帯が多い。若い世代が感染し、同居する高齢者へと家庭内感染していったケースも多かったという。この例から見ても、高齢の親と同居する場合はとりわけ注意が必要だ。

「食事が最大のリスクなので、できれば別々に食事をとり、食器類を共有しないようにしてください。自宅内で動線を分けて互いに接触しないようにして、部屋も分け、常に2mの距離を心がけてほしい。親の検温も定期的に行うようにしてください」(一石さん)

 親と離れて暮らしているなら、時に“非情さ”も求められる。

「高齢の親が“孫に会わせて”と言ってきてもいまはがまんの時期です。スカイプで孫の顔を見せたり、LINEの動画を送ったりしてコミュニケーションを図ってください。親の健康を心配して食べ物などを送る場合は、“到着したらちゃんと箱を拭いてから開けてね”と伝えることを忘れずに」(近藤さん)

 大切なのは、「自分はすでに感染していて、知らないうちにウイルスをまいている」と想像して、周囲の人と接すること。それが「新しい日常」の最初の心がけだろう。

※女性セブン2020年5月21・28日号

関連記事(外部サイト)