繁忙期の農家 コロナで技能実習生が帰国し深刻な人手不足に

繁忙期の農家 コロナで技能実習生が帰国し深刻な人手不足に

記事画像

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のための施策は、様々な事柄に影響を及ぼしている。たとえば農業分野では、休校によって給食がなくなったり、飲食店などの休業で余った牛乳や野菜、肉や魚などの食材を買って下さいという呼びかけが盛んに行われているが、実はそれより手前、収穫が間に合わない事態に見舞われている。農業にはまったくの素人である旅館の従業員など人手をかき集めて対応しようとしている農家の今について、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
 ゴールデンウィークが始まった直後の4月下旬、茨城県常総市の農業・松本弘さん(仮名・60代)の姿は、自身の所有する畑にあった。

「もう一週間くらい、スケジュールが押している。家族や近所の人にも助けてもらってるけど、農業全然やったことないって人もいるし、捗らない。やっぱ全然ダメだね」(松本さん)

 例年この時期は、芋類や夏野菜の種まき、玉ねぎなどの収穫に追われて猫の手も借りたいほどの多忙さだが、今年は特に作業が進まない。それもそのはず、多い時で10名ほどいた、主に東南アジアからの「技能実習生」達が、新型コロナウイルスの影響から全員帰国し、作業人員が確保できていないのだ。

「中〜大規模農家は軒並み人手不足、お互いに助け合ったりしてなんとかやっていこうと思ってるけど、結局実習生頼りだったワケよ。実習とは名ばかり、単なる安い労働力、なんて言われてて、まあそういう側面もあったんだけどね。もう、そういうものに頼っていかないと、農業は成り立たなくなってきてるんだよ」(松本さん)

 同じく群馬県内で農業を営む原田幸雄さん(仮名・70代)も、松本さんと同様、技能実習生の帰国によって、深刻な人員不足に悩まされていた。

「人手不足で、収穫も追いつかないし、種まきや植え付けもできない。このままだと夏や秋の収穫にも影響が出そうだと思い、あらゆる知人に“手伝ってくれ”とヘルプを出したんです」(原田さん)

 原田さんは知人のつてをたどって、県内の温泉旅館で働く料理人や客室スタッフ、タクシー運転手を紹介してもらった。いずれも新型コロナウイルスの影響で仕事がないか、大幅に減ったという人たち。みな農業には不慣れだが、労働力にはなる。

「時給に換算すると最低賃金に少し色がついたくらい。でも、仕事がないよりはマシとみんな頑張ってくれています。いや、よくよく考えてみると、昔はみんなこうだったんですよ。農家の繁忙期には、いろんな人が手伝いに来てくれていたんです。農家だって、年がら年中忙しいわけでないし、冬は東京に出稼ぎにも行ってました」(原田さん)

 約10年前、原田さんは地元の農協や斡旋団体に勧められて「技能実習生」の受け入れを決めた。農業は若者に魅力がないらしく、実の子でさえ農業を継ぎたくないと出て行った。地元に残るのは高齢者ばかりで、とても労働力にはなり得ない。安い労働力である「技能実習生」が派遣されてくることは「渡りに船」だと思ったという。しかし……。

「やっぱり、貧しい国から豊かな国にやってきた単純労働者、という風にしか思えませんでした、申し訳ないけど。朝から深夜まで働いてもらうだけで、じゃあ本当に特別な“技能”を習得できていたのかって。今は、彼らの国も発展して物価も上がり、実習生なんてやってられないという若者も増えました。そこで今回のコロナでしょう? 人が足りないから移民を受け入れよう、という議論もありますけど、こういう問題が起きた時、どうするのか。人が足りないという職場、現場は結局選り好みされて“人気がない”ってだけで、働く人はいるんですよ、実際には。安易に外ばかりに頼ってはいけないんです。銀行や農協に言われて色んなことをやってきたけど、なんか気付いちゃったって感じだよね。金儲けというより、農業やってるわけだから」(原田さん)

 実際に原田さんの元で働く群馬県内のリゾートホテル従業員・吉川健太郎さん(仮名・40代)も次のように述べる。

「本当なら超がつく繁忙期のはずでしたが、営業縮小で給料の出ない“休み”を強制させられました。ホテルにも繁忙期、閑散期があり、被りさえしなければ、閑散期はこうやって農業を手伝う、というのも良い気がします。人口も減っているし、この先仕事だって減ってくるかもしれない。その時は、人が必要とされている場所に行って掛け持ちで働けばいい。ホテルマンなので、国際化やインバウンドは大歓迎でしたが、コロナで考え方や生き方を改めて考えています」(吉川さん)

「持続可能な社会」の形成などと言われてきた昨今だが、安価な労働力を外から導入し、それでなんとか回していく、というのははたして本当に持続的なのか?より安価な労働力を求めて、さらに貧しい国へと触手を拡げざるを得なくなることも、歪ながらも資本主義が説く「あるべき姿」だろうが、あくなき利益追及の先には必ず終わりがあるし、コロナウイルスのようなパニックが起きれば、全てが一気に瓦解する。必要なことを自分たちの力で可能な限り行うという、まさに無理のない「持続可能な生き方」を選択する人々が「コロナ後の世界」の主役になってくるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)