パチンコライター・河原みのり 専門誌制作現場の苦境を語る

パチンコライター・河原みのり 専門誌制作現場の苦境を語る

「コロナでパチンコ業界は大打撃を受けています」と河原(撮影/藤岡雅樹)

 2012年に『パチスロ必勝ガイド』初の女性ライターとしてデビューして以来、人気ライターとして活躍してきた河原みのり。数多くのパチンコ・パチスロ専門誌がコンビニの書棚に並んでいるのをみかけた人も多いだろう。全国的な規模でパチンコ店が休業している現在、専門誌の制作現場はどのような影響を受けているのか──。彼女が厳しい現状を語った。

 * * *
 これまで朝はだいたい5時前後に起き、地方での仕事があれば始発の新幹線や飛行機で移動し、パチンコ店にて実戦収録や取材を行う。ある時はひっそりと都内のパチンコ店で誌面の実戦データをひたすら採っていたり、メーカー主催の大きなイベントでファンの皆さんと触れ合ったり……。

 オフの日でさえ、独自で新台の調査や打ち込み度を深めたい一心で、われわれパチンコ・パチスロライターは毎日のように実機に触れてきました。

 普段はパチンコ・パチスロ情報を掲載している専門誌でライティングも行なっています。もちろん好きが高じてやっている仕事ですので、つらいと思うことはほとんどないですし、むしろ仕事以外の趣味打ちに興じることも少なくありません。

 昨今の出玉の制限や、ちょうど4月からのホール内原則禁煙化など、パチンコのユーザー離れが心配される中で、それでもなんとか工夫して楽しんでもらいたいという思いでイチ編集部員として雑誌づくりに参加しています。

 そんな矢先、それどころではないトドメのような一撃が降りかかってきました。「新型コロナウィルス」、テレビでも連日その名が囁かれ、耳が痛くなるほど聞き飽きた話題かもしれませんが、残念ながらその勢いは留まるところを知りません。

 例外なくパチンコ・パチスロ業界も大きな打撃を受けることとなりました。

 緊急事態宣言後パチンコ店は休業、大きなお金が動く業界なだけにその損害は計り知れません。1日、2日休んだだけで潰れてしまうお店も少なくないでしょうし、他業種同様、多くの人を困窮に追い込むのには十分過ぎる未曾有の危機に直面しています。

 知り合いが働くパチンコ店も休業、そのまま閉店を余儀なくされると聞きました。家族を持つその主の次の仕事はまだ決まっていません。そして、われわれパチンコ・パチスロライターもまた、もちろんお店が開いていないのでホール実戦はおろか、密を避ける意味でも編集部に集まっての収録すら出来ない状況にあります。

 3月頃から不穏な空気になり始め、徐々に仕事量が減っていきました。緊急事態宣言を受けて4月、5月に入っていた仕事はバタバタとキャンセルになり、外仕事はゼロに。

 それでも専門誌は出続けるので、内容を変更しての執筆、誌面の実戦記事は、家に持っているスロ機や中古で仕入れた実機で対応しています。付属のDVDに関しては動画を家で自撮りしたり過去のものを再録にしたり、慣れない作業も多く試行錯誤の毎日です。仕事の激減で金銭的な苦悩ももれなくつきまとうでしょう。

 私自身も生活スタイルがガラリと変わり、家に引きこもる日々がほとんどになりました。自宅で仕事をする以外は、アニメやドラマを観てゲームをして、食事については台所に立つ機会がぐっと増えました。

 パチスロ欲はないと言えば嘘になります。が、今はよりリアルな感覚でPCやスマホからも気軽にオンラインゲームでパチンコ・パチスロが遊べるサービスもあり、それらが私を含めたユーザー皆のストレス解消や家での遊戯欲解消に繋がるのではないかと思っています。

 人によってはyoutube配信やライブ配信でファンとの交流を深めたり、何か今私たちに出来ることはないかと、新しいことに挑戦しているライターやパチンコ・パチスロタレントも多いようです。

 休業協力要請に応じない店舗、他県からのユーザー、何かとテレビの話題に取り上げられることも多く、正直かなり叩かれやすい業界ではありますが、今はぐっと堪える時です。

 パチンコ業界も属するエンタメ系の仕事のほとんどは、完全復活は決して早くないかもしれません。人々が生活していく最低限の土台があるうえでの娯楽と認識しているので、このコロナ禍が収まらない限りは難しいでしょう。

 みな厳しい状況下にありますが、一日も早い収束、そしてパチンコ・パチスロファンにもまた純粋に楽しんでもらえる日が訪れることを祈っています。そのためにも今、一人一人が後悔しない行動をしなくてはいけませんね。

●かわはら・みのり/1989年生まれ、北海道出身。グラビアアイドルとして『週刊ヤングジャンプ』や『週刊プレイボーイ』などで活躍。『パチスロ必勝ガイド』の当時の編集長にスカウトされ2012年に転職し、人気ライターとして雑誌や動画などで台の実戦・解説を行なう。

関連記事(外部サイト)