コロナで高齢者が「集中治療を譲る意志カード」は日本に必要?

コロナで高齢者が「集中治療を譲る意志カード」は日本に必要?

医療崩壊の危機(写真/Avalon/時事)

 新型コロナウイルスの感染で混乱する医療現場では「どの患者から先に治療をするか」の葛藤が生じ、医療が崩壊することが危惧されている。

 この状況に一石を投じて話題を呼んでいるのが、大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授で現役医師(循環器科専門医)の石蔵文信氏(64)が高齢者向けに作成した「集中治療を譲る意志カード(譲〈ゆずる〉カード)」だ。表面には次のように記されている。

〈新型コロナウイルス感染症で人工呼吸器や人工肺などの高度治療を受けている時に機器が不足した場合には、私は若い人に高度医療を譲ります〉

「譲カード」には医療現場の負担を軽減する狙いがある。実際、ヨーロッパはコロナ禍による「命の選択」を余儀なくされた。特に悲惨なのは、65歳以上が人口の23%を占めるイタリアだ。

 3月の時点で、北部ロンバルディア州では激増する新型コロナ感染者に医療資源が追い付かず、病床の足りない病院では人工呼吸器をつけた感染者が廊下や待合室に横たわった。毎日何十人もの患者が息絶えるなか、現場の医師らは治療の優先順位の選択を迫られた。

 同州ベルガモの病院のなかには、70歳以上の患者の集中治療室受け入れをほぼすべて断わった病院もあるという。

 英大手紙デイリー・テレグラフは、イタリア北部ピエモンテ州トリノの市民保護局が、80歳以上の患者などには集中治療を受けさせないとの「緊急事態下の集中治療へのアクセス基準」をまとめたと報じた。

「日本も『命の選択のルール作り』が必要です」と指摘するのは作家の橘玲氏(61)だ。

「『譲カード』の問題提起は重要ですが、若者に譲るという選択肢を高齢者個人の犠牲的な精神に委ねると、『譲りたい人だけ勝手に譲ればいい』という人が必ず出てきます。だからこそ、医療崩壊を防ぐための公的なルール作りが必要です」

 橘氏が例として挙げるのはオランダだ。

「オランダでは、集中治療室医組合が新型コロナにおける救命対象基準を80歳から『70歳』に引き下げ、アムステルダムの緩和ケア専門知識センターは『余命1年未満』や『重篤な心臓疾患がある』、『慢性的に体が弱い』などの患者をICUに運ばないとの基準を作りました。こうした公的な基準があれば医師が苦渋の決断をしなくて済むし、患者個々人の判断に委ねて“不平等”が生まれることもないのでは」(橘氏)

◆治る可能性が高いのに…

 だが、当事者である高齢者にとっては「年齢で一律に区切られる」ことをすんなり受け入れられるわけではない。

「新型コロナは治る可能性が高い病気ですよね。この先はインフルエンザや風邪の一種のようになることを考えると、“若い人に譲ります”とは簡単に言えないな」

 と語るのは落語家のヨネスケ氏(72)だ。

 新型コロナの影響で寄席がなくなり、近所の散歩を始めたヨネスケ氏は、それまで気づかなかった自然の美しさに感動した。立ち止まって自分を見つめることでこれから先の人生に前向きになったと語る。

「今日も散歩中にベンチに座った2人のおばあちゃんが、マスクをして社会的距離を取りながら、『えー?』『何ですって?』と大声でやり合う姿を見て、高座で話せばウケると思った。そんな風に、まだ長生きして芸人としてネタでコロナをやっつけたいと思っているんです。年寄りだからって命を若者に譲れと言われて、すぐに『ハイ』とは言えません」(ヨネスケ氏)

※週刊ポスト2020年5月22・29日号

関連記事(外部サイト)