コロナ感染症、若い患者の脳梗塞併発増加し在米日本人医師の疑問

コロナ感染症、若い患者の脳梗塞併発増加し在米日本人医師の疑問

写真のようなCT検査で見つかることも多い脳梗塞。新型コロナウイルスとの関係も指摘されている

 新型コロナウイルス感染症で心配されるのが、脳梗塞の併発だ。米マウントサイナイ病院の報告では、新型コロナに感染した50才未満の患者が、脳梗塞を併発した症例が2週間で5人に達した。

 同病院の脳神経外科に勤務する日本人医師の重松朋芳助教が話す。

「いままでは、50才未満の若い患者が脳梗塞を発症するのは、2週間に1人未満でした。新型コロナの感染拡大とともに脳梗塞の患者が急に7倍になったので、『絶対におかしい』と思いました。しかも5人の患者はいずれも、脳梗塞の危険因子である糖尿病、高血圧、高脂血症などの持病はなかったのです」

 新型コロナウイルスに感染すると脳梗塞を発症しやすくなるのか。キーワードとなるのは、血の塊である「血栓」だ。

「これまでの症例などから、新型コロナは血管の内側の細胞に侵入し、血が固まりやすくなる状況をつくりだすと考えられます。その結果生じた血栓が血管を通って脳に到達すれば脳梗塞になり、心臓に向かえば心筋梗塞のリスク因子になる。

 新型コロナで肺炎が重症化するのも、肺の中にある細かな血管のいたるところに血栓ができて、循環が悪くなるからだと考えられます」(重松さん)

 新型コロナ感染者の症状として報告されている、しもやけやじんましんなども、血栓が関連するとの指摘もある。

 さらに突然死にも血栓がかかわっている可能性があるという。日本では4月15日、発熱症状で自宅療養していた都内の男性(57才)が朝は元気に妻と会話していたにもかかわらず、同日夜に急に亡くなった事例がある。これと同様の突然死が世界でも多発しているというのだ。

「新型コロナの登場以降、ニューヨークでは自宅死亡に対する救急隊の出動が4倍に増えたといわれます。新型コロナに感染して血栓ができ、それが脳梗塞や心筋梗塞を引き起こした可能性が大いに疑われます。

 脳梗塞は時間との闘いで、症状が現れたらすぐに治療が必要です。医療側も脳梗塞患者に対しては、最初から新型コロナとの関連を疑う体制が必要です」(重松さん)

 なぜいまになって脳梗塞との関連が指摘されるのか。

「当初は肺炎の症状ばかり注目されましたが、ニューヨークで爆発的な感染拡大が起きて患者が激増したことで、血栓との関連が注視されるようになった。血栓は高齢世代だけでなく若い世代でもできやすいので、すべての世代で注意が必要です」(重松さん)

 さらに知っておかなければならないのは新型コロナウイルス感染症の後遺症だ。風邪やインフルエンザと違い、新型コロナウイルスは一度感染したら、回復後も後遺症の恐怖と闘わなくてはならない。

「新型コロナから回復し、陰性になってから再発が報告される例も後を絶ちません。新型コロナが陰性となり退院したものの、1週間ほど後で心脳血管疾患で亡くなったケースも報告されました。

 回復後も血が固まりやすく血栓が生じやすくなっている可能性もある。脳梗塞や心筋梗塞のリスクも考えて生活を送るべきでしょう。

 特に脳梗塞の症状を併発した人は、発症後1年で10%、10年で50%が再発するといわれているので注意が必要です」(医療ジャーナリスト)

 肺機能の後遺症も危惧される。

「新型コロナは一度かかると肺に重大な疾患が残るケースがある。特に、人工肺や人工呼吸器を利用した重症者は重い後遺症が残るという例も報告されました。プロスポーツ選手が新型コロナにかかり、以前のようなパフォーマンスができなくなっているという報道もあった。一生、息があがりやすくなり、スポーツなどが制限される可能性も指摘されます」(前出・医療ジャーナリスト)

 慢性的な腎臓病、味覚や嗅覚の後遺症も報告されている。未知のウイルスだけに、この先も思いがけない症状や後遺症が見つかる可能性がある。闘いの終わりは見えない。

※女性セブン2020年5月21・28日号

関連記事(外部サイト)