ウイルスは必ずしも悪ではない、別の感染症の防波堤となることも

ウイルスは必ずしも悪ではない、別の感染症の防波堤となることも

「医療崩壊」を起こしたイタリアでは3万人近い死者が(写真/AFLO)

 今なお世界中で猛威をふるい、日本でも収束のめどが立たない、新型コロナウイルス。多くの人々が、新型コロナによって、未来がどのようになっていくのか、不安を抱えていることだろう。

◆ウイルスや細菌は長い時間をかけ、人間を守る存在へと変化する

 アフリカや中南米など、感染症流行地域の最前線で闘ってきた医師で、『感染症と文明──共生への道』(岩波書店)の著者、長崎大学教授の山本太郎さんは、ウイルスを「悪」と捉える人々へ一石を投じる。

「99.9%のウイルスは悪さをしません。ウイルスは自力では増殖できず、ほかの生物の細胞に自らの遺伝子を注入し、その細胞の中で遺伝子を増幅させて自己複製を繰り返す。むしろその過程で、元の生物のDNAを進化させることもあります。

 これは人間のDNAでも生じている現象で、実際、人間の胎盤を形成する遺伝子にはウイルスが関与してきたとの研究報告があります。数万年スケールで見れば、感染症は人類が進化する原動力にもなっているということです」

 細菌でも同様の変化が起こる。『パンデミック──〈病〉の文化史』(人間と歴史社)の共著者の1人である元埼玉学園大学教授の赤阪俊一さんが説明する。

「体の表面や体内に存在する『善玉菌』と呼ばれる細菌の中にも、かつては人間にとって脅威だったものがあります。長い時間をかけて共生するうちに、人間を守る性質に変異したのです」

 たとえば、腸内にはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌があるが、これらも大昔の人間にとっては喜ばしい存在ではなかった可能性がある。こういった変化は、人々の食事や暮らしの移り変わりが影響している。

 山本さんは、「文明こそが、感染症を育む“ゆりかご”である」と語る。

「狩猟生活をしていた時代は移動が多く、糞尿の処理など衛生面での問題が少なかった。さらに集団ごとの人数も少なく、仮に感染症が起きてもすぐに終息した。

 ところが農耕を営むようになると、集団の規模が大きくなり、定住するようになります。すると、処理が不充分な糞尿から、寄生虫や細菌による感染症が発生し、集団内でうつし合う形になる。見方を変えれば、感染症が流行するということは、増加した人口を維持できるほどの文明が成立した証拠でもあるのです」

◆集団として免疫を持つことは別の感染症の防波堤になり得る

 パンデミックが永久に続くことはない。一方で、感染症を根絶することは不可能に近い。これまでに、人類が「完全勝利」したといえる感染症は天然痘しかなく、そのほかの感染症はいまも、世界のどこかに感染者がいる。

 だが、たとえ根絶はしなくとも、「集団免疫」を身につけることで事態は穏やかな終息を迎える。山本さんが解説する。

「新型コロナはすでに世界中に広がっており、もはや根絶することは難しい。治療薬やワクチンの登場時期にもよりますが、個人的には、このままいけば全人口の7割が免疫を獲得するまでに1〜2年くらいかかると考えています。それ以降は、風邪程度の症状に落ち着いていくのではないかと思います」

 身につけた新型コロナの免疫力は、数十年、あるいは数百年単位で見ると人類にとってメリットになり得るという。山本さんが続ける。

「木々がうっそうと生い茂る密林には、新しい植物が進出しにくいものです。これとよく似ていて、新型コロナの免疫獲得は、別の感染症の防波堤になってくれる可能性があるのです」

 免疫を得る手段は、ワクチン接種によって人工的に得る方法が一般的だが、生活の中で自然にウイルスに感染する「自然感染」という方法もある。

 重症化と医療崩壊のリスクを避けるため、多くの国では都市を封鎖し、人間同士の接触を制限しているが、一方で、経済への打撃を最小化するため、スウェーデンのように普段通りの生活を続けている国もある。その結果、国内での感染拡大は進むものの、ワクチンを待たずして自然感染による集団免疫を獲得することもできるかもしれない。

 しかし、同国では約2万1000人の感染者に対し、約2500人もの死者が出ており、高い死亡率を指摘する声がある。赤阪さんも、自然感染による集団免疫の獲得には難色を示す。

「7〜8割の人が自然に感染して免疫をつけるには、相当数の死者を覚悟しなければならない。いまは、なるべく感染者の増加を抑えながら時間稼ぎをして、特効薬やワクチンを待つしかありません」

 4月末には、紫外線や高温多湿の環境が、新型コロナを減少させる効果があるというアメリカの国土安全保障省幹部の報告もあった。これが正しければ、夏になるとウイルスの不活化が進むことが期待される。

 ただし、これらの報告はあくまで研究段階で、「かつての生活に戻れる」と考えるのは早計だ。 米カリフォルニア大学アーヴァイン校公衆衛生学准教授のアンドリュー・ノイマーさんは、「ウイルスとの闘いは持久戦」だと話す。

「感染拡大が小康状態になったとしても、ウイルスは勝手に消えてくれない。ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)を解除すれば、感染は再拡大してしまうでしょう。ワクチンができるまで、徹底して医療崩壊を起こさないよう努めなければなりません」

※女性セブン2020年5月21・28日号

関連記事(外部サイト)