ホムセン、100均、携帯ショップ 図らずも発生の3密空間

ホムセン、100均、携帯ショップ 図らずも発生の3密空間

どうしても混み合ってしまう場所もある(時事通信フォト)

 密集、密閉、密接の「3密」を避けましょうという呼びかけが始まって1ヶ月以上が経過した。その呼びかけが功を奏したのか、いつもなら多くの人で賑わうはずの銀座や渋谷などの歓楽街、観光地に多くの人がやってくることはなく、「3密」は避けられているように見える。ところが、別の場所で密が多数、発生し、迎えねばならない人たちが疲弊している。ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、史上もっとも人の動きがないゴールデンウィークが終わったとはいえ、緊急事態宣言下であることに変わりは無い。ただ、家にこもり静かに過ごすことを続けている、とは言いがたい場所がある。

「外出自粛が続き、自宅環境を整えようという人々が増えたんです。客足は4月の中頃から増え、ゴールデンウィーク期間中はかき入れ時の例年を上回る人出、まるで遊園地状態。従業員も総出で対応に当たりました」

 こう話すのは千葉県内の家電店店員・横田一志さん(仮名・30代)。大掃除用にと掃除機が売れたり、自宅での食事をより良いものにしたいとホットプレート、電子レンジ、炊飯器などの売り上げが目立ったという。同じ理由で客足が伸びたのは、休業要請の対象にはならなかったホームセンターだ。都内の大型ホームセンターのアルバイト・藤原美津子さん(仮名・50代)が、目の回るような忙しさだった今年のゴールデンウィークを振り返る。

「植物の売り上げが特に顕著で"庭の手入れをしたい"といって家族で訪れる人が目立ちました。熱帯魚やペットコーナーも大盛況。特にゴールデンウィーク直前には、ビニールシートやテント、BBQグッズが飛ぶように売れました。自宅のお庭でキャンプをする人がいる、というニュースを見ていましたが、どう考えても外出目的の人たちばかり。マスクと手袋、フェイスシールドをして接客にあたるんですが、怖いったらありません。レジも長蛇の列、間隔を開けて並ぶようにいうのですが、店の外にまで行列ができるほどで、最終的には完全な3密空間が出来上がっていましたね」(藤原さん)

 別のホームセンターでは、あまりにも人が集まるために「臨時休業」という苦渋の決断を下したというのだから、従業員の苦労や心配は計り知れない。神奈川県内の100円ショップにも、通常期の数倍の客が訪れていた。理由について「テレビのせい」と憤るのは、同店パートの前川典子さん(仮名・40代)だ。

「自宅にこもってテレビを見ていたところ、100均グッズでDIYしたりスイーツを作るという番組をやっていて店に来た、というお客さんが相当いました。なぜ休業しないのか、と従業員仲間で話していた最中のことで、本当に参りました。自宅にいよう、ステイホームとかアナウンサーが言っているのに、全然真逆のことが起きていたんです。テレビにも腹がたつし、お客さんも悪意はないんでしょうけど……、悪魔のように見えましたね」(前川さん)

 そして「時短営業」をわざわざテレビCMで行なっている携帯ショップには、とある層の客が押し寄せていた。

「お客様が増え始めたのは3月の下旬頃からです。特に高齢者の方が目立ち、朝から並んで毎日来るという人もいたほど。コロナの影響で病院に行けず、時間があるから来た、と仰る方もいました」(埼玉県内の携帯電話販売店店員)

 通常でも2〜3時間待ちはザラであったが、ゴールデンウィーク期間中は4〜5時間待ちということもあった。さらに、若い客は待ち時間を店の外で潰すが、高齢者はずっと店の中で過ごす。店内は高齢者の3密空間だったいう。

「みなさん、消毒もしっかり行なってくれず、かと思えば消毒液を必要以上に使う人もいて、すぐに入れ替えないとだめなほど。さらに、機種変更や新規契約のお客さんは皆無といってよく、みなさん"携帯の使い方"についてお聞きに来る方ばかり。一部の店頭対応についてはサービスを有料化しているのですが、それを伝えると知らないお客様からはクレームをつけられる……」(埼玉県内の携帯電話販売店店員)

 生活に必要な業種、そして不要不急の定義も曖昧。「お客様は神様」という文化が根強く残るわが国だからこそ、起こるべくして起きた「3密」。ゴールデンウィークが明けても、まだ残る緊急事態宣言期間を、こうした業種に従事する人々は、疲弊と恐怖の中で過ごさなければならない。

関連記事(外部サイト)