小学校の道徳が教科に格上げ 教える教師の最大の不安とは

小学校の道徳が教科に格上げ 教える教師の最大の不安とは

「道徳」を通信簿でどう評価する?

 4月から小学校で、これまでは“教科外活動”として行なわれていた「道徳の時間」が、「特別の教科 道徳」に“格上げ”された。

 学習指導要領によると、教える内容は「善悪の判断」「誠実」「思いやり」「国や郷土を愛する態度」など。つまり、「善悪の判断がついているか」「誠実さはあるか」「思いやりはあるか」「国や郷土を愛しているか」が、評価の要素になるということだ。

 授業の内容も変わる。これまでは「教材の登場人物たちの気持ちを読み取る」形式が多かったが、今後は「考え、議論する道徳」にシフトするという。

 たとえば、小学校4年生の教科書(光文書院)の「言葉のキャッチボール」という項目では、「相手の気持ちを考え、どんな言葉を返したらよいか考えてみましょう」として「ナイスボール」な言葉と「デッドボール」な言葉の例が書かれている。

〈かずきさんは、休み時間に係の仕事があって、ゆうじさんたちとやくそくしていたサッカーをする時間におくれてしまいました〉

 ここで「デッドボール」なのは、「おそいぞ! 何やってたんだ!」と聞いてしまうこと。「係の仕事をしてたんだよ。たいへんだったんだぞ」と言い合いになってしまうという。「ナイスボール」は「おそかったけど、何かあったの?」。こうすると相手も「おそくなってごめんね」と謝りやすくなるということのようだ。

 後者のほうが“大人な対応”なのだろう。しかし、小学4年生の子供が、本当にそんな物わかりの良い人間でなければいけないのだろうか。

 教える側の教師も悩んでいる。

「この項目には、最後に〈言葉のキャッチボールで、友だちが「ナイスボール」だったと思うことを発表し合いましょう〉とあります。しかし、子供同士が評価し合うのは危険ではないでしょうか。

 褒め合うにしても、『○○クンを親友だと思っていたのに、僕のことは褒めてくれなかった』といった不満が出る可能性もあります。そもそも我々教師だって何が“ナイスボールな言葉”かなんてわからないんですから」(40代男性教諭)

 教科書の内容をめぐっては、「伝統文化の尊重や郷土愛などに関する点が足りない」という意見がつけられ、「パン屋」を「和菓子屋」に変更した教科書会社や、高齢者を登場させるために「おじさん」を「おじいさん」に変えた教科書会社もあった。何が「道徳」なのか、関係者の大人も手探り状態なのだ。

 教師にとって最大の不安は、通信簿に記載する「評価」だ。

「テストで点数が出る他の教科と違い、道徳心を客観的に評価するのは厄介です。基本的には子供を傷つけないような書き方をするしかないから、褒めるしかない。しかし、その際には具体的に書いたほうがいいと言われていますから、ますます何を書いていいか分からない」(40代女性教諭)

 元文科省の官僚で京都造形芸術大学教授の寺脇研氏はこんな不安を指摘する。

「来年からは中学で教科になりますが、評価は入試の合否判定に活用しないとはいうものの、心配する親や子供もいるかもしれない。そうすればせっかくの道徳の授業なのに、通信簿のために良いことだけを言うように取り繕う児童・生徒が増えるかもしれません」

 逆に「入試とは無関係」ということを強調すれば、今度は生徒が適当に授業を聞き流す事態になる。

 なんとも「自己中心的な道徳心」が養われてしまったら本末転倒というしかないが。

※週刊ポスト2018年4月20日号

関連記事(外部サイト)