震災・原発事故から7年、安易な「安心」に飛びついてはダメ

震災・原発事故から7年、安易な「安心」に飛びついてはダメ

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 2011年に起きた東日本大震災と福島第一原発事故から7年。当時、誕生した子どもは小学校に入学するほど時間が経った。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、福島県で続けられている子どもの甲状腺検査と、事故を風化させない復興の歩みについて考えた。

 * * *
 東日本大震災と福島第一原発事故から7年が経過した。放射能のホットスポットが点在した福島県飯舘村でも除染が進み、この春、小中学校が再開した。

 仮設の学校はこれまで福島市にあった。ぼくも数年前、仮設の中学で「命の授業」をしたことがある。今回の再開により、児童・生徒約600人のうち約100人が飯舘村の学校に戻ってくる。多くの子どもたちは、村外の仮設住宅からバスで通学するという。

 小学校1年のとき、原発事故に遭った子どもたちは、中学2年になった。村に戻るかどうかは、中学生一人ひとりが真剣に考えて決めた。親が決めたり、友だち同士で誘い合ったりすることなく、自己決定したという。

 3月初めに飯舘村を訪ねたが、子どもたちの成長を見ると、7年という時間の重みを感じずにはいられない。

 放射能は見えない。だから、忘れようと思えば、あっという間に忘れられてしまう。

 子どもの甲状腺検査の結果について、福島県民健康調査検討委員会は福島第一原発事故の影響とは考えにくいという見解を早々に出している。まるで、原発事故など早く忘れて、気にせず生きていこうといわんばかりである。

 甲状腺検査は、原発事故当時18歳以下の子どもたち約38万人を対象に行なわれている。甲状腺がんが発見された子どもは、検査一巡目で116人、二巡目で71人、先月、発表された報告では三巡目で10人ということだった。合計197人が、原発事故後、甲状腺がんを発症したということである。

 子どもの甲状腺がんはもともと少ないと言われているが、この結果を見ると決して少ないとは言えない。

 ぼくが最も気になるのは、二巡目で発見された71人のうち、一巡目でまったく異常が見られない「A判定」とされた子どもが65人いたということだ。また、三巡目の10人のうち7人が、二巡目の検査ではA判定だった。

 甲状腺がんの多くは、ゆっくり成長すると言われているが、1年から1年半の間に、A判定の子どもが甲状腺がんになっている。なかには、3cmものがんが見つかった子もいる。発症までの速さが気になるのだ。

 長崎大学の光武範吏准教授は、福島の子どもの甲状腺がんの遺伝子を解析し、チェルノブイリの原発事故後6000人の子どもに発生した甲状腺がんとは違うタイプだと発表した。

「原発事故と甲状腺がんの因果関係はない」と言いたいのだろう。しかし、進行の速さやリンパ節転移のリスクが高いことなどの説明がつかない。今のところ原発事故との関係があるとも、ないとも言えないように思う。

 そんななかで、福島県小児科医会などは、不安に思う子どもたちが多いことを理由に、検査の縮小を提案しているが、それで本当の安心が得られるのだろうか。

 ぼくはチェルノブイリの汚染地域に医師団を102回派遣し、ぼく自身も何度も足を運んできた。ベラルーシでは放射能の見える化をして食の安全性を確保するとともに、健康診断を重視していた。年2回はホールボディカウンタで全身の内部被ばく量も測定。子どもたちには、汚染地帯から離れる「保養」も長期的に続けてきた。子どもたちは国内外に保養に行くことで、新しい文化を知り、人と出会い、前向きに成長していたのが印象的だった。

 ミンスクの甲状腺がんセンターの所長であるユーリ・ジェミチェク医師は、「福島でも甲状腺検査は続けるべき。そして、甲状腺がんが見つかっても手術をするなどきちんと治療すれば、子どもの命は必ず守ることができる」とぼくに話してくれた。

 昨年、過労で急逝し、これがぼくたちへの遺言になってしまった。

 低線量被ばくとの闘いからすれば、7年という時間は短い。リスクを最小限にとどめるためには、この先20年、30年と事実を風化させず、すべきことを続けていくしかない。どんなにつらい現実も、忘れないかぎり復興の歩みは進んでいくはずだ。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。近著に、『人間の値打ち』『忖度バカ』。

※週刊ポスト2018年4月20日号

関連記事(外部サイト)