コロナ休業中のパチンコ店店長 「民事再生も検討」の苦悶

コロナ休業中のパチンコ店店長 「民事再生も検討」の苦悶

「コロナ騒動で急にお先真っ暗です」と某パチンコ店店長のM氏

 緊急事態宣言の解除が進み、ようやくコロナの収束ムードが漂ってきたが、街が元の活気を取り戻すまでには程遠い。自粛期間中、特に風当たりが強かったパチンコ店は、今どんな状況にあるのか──。パチンコライターの河原みのりが、コロナショックで経営が行き詰まったパチンコ店のベテラン店長に話を聞いた。

 * * *
 4月7日の緊急事態宣言からもうすぐ2か月が経とうとしている。早いような遅いような、不安定な時間が過ぎる中で、まだまだ油断のならない日々が続いています。完全にこの騒動が収まるのはいったいいつになるのか、自粛明けも自身の仕事や暮らしがどうなるのか……先の見えない未来にもどかしい毎日を過ごしている方も多いことでしょう。

 専門誌のライターとして私が身を寄せるパチンコ・パチスロの世界もまた、業界全体に甚大な被害が及び、すでに路頭に迷い始めている人もたくさん存在します。ですが、娯楽業界の一部としては、この状況を仕方のない事として受け止めるしかありません。

 パチンコ店の休業に伴い、それに関わるいろいろな業種が苦しい状態にありますが、今回、その渦中にあるパチンコ店店長、知人のM氏に話を聞くことができました。

「お店への新型コロナウイルスの影響が目に見えて出始めたのは、3月の最終週あたりからです。データを見てもお客様の滞在時間が明らかに減り、稼働ピークの時間帯がかなり狭くなりました」(M氏/以下カッコ内は同氏)

 小規模ながらも関東にある2店舗を長年営業してきたお店の店長は、厳しい現状をこう語ります。

「正直、うちは元々資金繰りが苦しい状態が続いていて、ここ最近はずっと赤字。銀行返済もギリギリで利息のみを支払っている状況なので、どの道先は長くありませんでした。が、そこにコロナ騒動が出てきて……急にお先真っ暗です」

 年々締め付けが強くなる機械規制、それに加えて機械代の高騰など、小さなお店がそれなりの営業をしていくには体力がないと難しい現状にあります。

 最近の新台はほとんどのメーカーが1台40万円以上が当たり前。中古台をメインにしたとしても、さらに毎月のテナント料や、3〜4人の社員と十数名のアルバイトの人件費、その他もろもろ諸経費や返済金を考えると首が回らないそうです。

 とはいえ、ユーザー側からは「莫大な売り上げがあるじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、M氏はこう苦しい財務状況を説明します。

「どんなにキツめの調整営業をしても、取れる粗利は売り上げの2割〜3割程度です。世間的にはかなり抜いているイメージがあるかもしれませんが。稼働がめちゃくちゃ良いお店は別としても、実際はそこまで粗利が取れているケースは少ないと思います」

 ギリギリの中で毎日お店をまわしていくのがやっとのことだったそう。そんな頭を悩ませているところに、追い討ちとも言える「新型コロナウイルス」が日本にも上陸、猛威を振るい始めました。緊急事態宣言が発令され、パチンコ店も次々に休業が始まります。

「うちも大手パチンコ店同様、宣言発令翌日の4月8日からきっちりすぐに休みたかったですが、社長の指示により休業できず、ずるずると4月20日まで営業が延びてしまいました」

 来店するお客さんはもちろんのこと、従業員側も感染のリスクがある中でお店を開くのは、相当心苦しかったと言います。

「周りの店が休み始めてからは、やはり稼働は集中し、売り上げ、稼働などすべての面で前年比、先月比の2倍の営業成績を叩き出しましたが、気が気ではありませんでした。

 ただ、お客様もそこまで危機感がないのか、マスクをせずに来店される方も多く見られました。なので、アルコール消毒液は常備、自店で用意したマスクを無料配布し、遊戯中は着用をお願いしました」

 できる限りの工夫を凝らしながら営業していたようですが、お客さんは増えてしまい戸惑う一方。さすがにこれ以上は……と耐えかねて、4月20日には上からの指示で休業に入ったそうです。

 それぞれいろんな考えの企業があるかと思いますが、M氏の勤める店舗のように一時的なものにすぎない目先の利益にしがみつく思いで営業を続けていた、また続けざるを得なかったパチンコ店が他にもたくさんあったことは事実です。

 このお店は今回の休業によって、今後営業できる状態ではなくなってしまったため、現在は民事再生申請をする方向で話を進めているとのこと。コロナ前から合併や買収の話は出ていたそうですが、それがこの騒ぎでどうなるのかも分からなくなってしまったといいます。

「コロナ禍が収まり、もし営業を再開できたとしても、きっと先は長くないので転職を考えないといけないと思っています。確実に収入は減るので妻にもパートに出てもらうことになるかもしれません」

 家庭には小学生以下の小さな子供が3人、これから先の不安は大黒柱に大きくのしかかります。

「元々パチンコ・パチスロが好きでこの業界に入りましたが、環境の変化もあり、ただでさえ衰退は免れません。約20年この業界にいますが、コロナパニックは過去で一番の大事件、コロナ倒産も相当出ると思います」

 M氏は悩ましげな声でそう締めくくりました。

 緊急事態宣言がすでに解除された地域では、パチンコ店の営業も徐々に再開が始まっています。入場制限や遊技台の消毒、BGMの停止、いつも以上の換気など、しっかり対策が施されているとはいえ、コロナの第2波、第3波が心配されている中で、またしても世の中やメディアでは賛否の声が飛び交うかもしれません。娯楽業界に関しては、安全に心置きなく楽しめる環境が整うのはまだまだ先のようです。

 戦っている相手が人よりもずっと厄介なだけに、この先世界がどうなってしまうのか、ただ傍観することしかできない自分がとてつもなく無力に思えました。

 ただ、世の中がどんな変革の時を迎えようとも生きていかなくてはいけないということは変わらない事実です。苦しい時ですが、信頼できる家族や仲間がいて、共に頑張れる存在があることはそれだけで幸せなのかもしれません。M氏にも家庭があることが救いになればと、心から願うばかりです。

●かわはら・みのり/1989年生まれ、北海道出身。グラビアアイドルとして『週刊ヤングジャンプ』や『週刊プレイボーイ』などで活躍。『パチスロ必勝ガイド』の当時の編集長にスカウトされ2012年に転職し、人気ライターとして雑誌や動画などで台の実戦・解説を行なう。

関連記事(外部サイト)