外出自粛中の児童虐待 危険を感じた時の相談先は?

外出自粛中の児童虐待 危険を感じた時の相談先は?

子供に危険が及ぶ前に

 新型コロナウイルスの感染防止のため、外出自粛を強いられる一方で、貧困世帯では、光熱費の増加や子供の自宅学習のためのドリル代などで、家計が逼迫するケースもあるという。また、外出できないストレスなどの影響もあり、DVや児童虐待の増加も指摘されている。

◆LINEで虐待相談受付も

 感染のリスクにおびえ、明日が見えない日々のなかで困窮する当事者たちが少しでも楽になる方法はあるのか。子供の貧困に詳しい跡見学園女子大学教授の鳫(がん)咲子さんは「困ったら勇気を出して声を上げてほしい」と訴える。

「自治体やNPOの一部では給食用だった食材などで昼食を提供するなど、懸命に対応するケースがあります。当事者は助けを求めることに抵抗を持たないでほしい。まずはどんな支援が受けられるか、地域の広報誌や自治体のホームページなどをチェックして、わかりづらければ電話で問い合わせください。

 SNSを活用するのも1つの方法です。私が教える大学でも、右も左もわからない新1年生がツイッターなどで『自分たちは困っている』と声を上げたことで、上級生が新入生の支援を始めました」

 母子家庭を支援するNPO「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」相談員の小森雅子さんは、相談者に「緊急小口資金」という特例貸付制度をすすめているという。

「子供の面倒を見るために仕事を休み、一時的に資金が必要になった場合などに20万円を上限に貸し付けを受けられる制度で、住まいの地区の社会福祉協議会が窓口です。すでに貸し付けのある人も無利子で借りられるなど要件が緩和されたので、苦しい人は利用して事態が収束するまで急場をしのいでほしい」(小森さん)

 虐待の場合、当事者である子供が相談できる場がある。公益財団法人「あすのば」代表理事の小河光治さんが説明する。

「例えば10代の相談窓口サイト『Mex』ではいじめや虐待からネットトラブルまでさまざまな悩みの相談に乗ってもらえます。とにかくひとりで抱え込まないことが肝心です」

 子供の前で親が配偶者に暴力を振るう「面前DV」の経験者で、YouTubeに『外出自粛で高まる家庭内の虐待リスク』という動画を掲載して注意喚起をしている映像作家の西坂來人さんも「1つの場所に相談してうまくいかなくても助けてくれる人はきっといる。あきらめずに相談してほしい」と声をそろえる。

「とはいえ、当事者が声を上げにくい問題でもあり、学校が休校の現在、もともとのつながりのあった近隣の人たちが頼みの綱です。毎晩のように罵声や子供の泣き声がするなど、違和感に注意してほしい」(西坂さん)

 もし、近所の子供の様子がおかしいと感じたら「189」をダイヤルしてほしい。

「189は無料の児童相談所虐待対応ダイヤルです。通告すると自治体や児童相談所が当該家庭に『何か困ったことはないですか』と尋ねます。虐待する親は何かしらの困難を抱えていることがほとんどなので、通告は支援の第一歩になります」

 もしあなたが子供を虐待してしまいそうなほど追い詰められているのなら、「児童相談所相談専用ダイヤル」(0570・783・189)を利用してほしい。

「2019年12月にできた新しいホットラインで、子育ての悩みを中心に専門家が相談に乗ってくれます。都内在住なら『子ゴコロ・親ゴコロ相談@東京』というLINE相談もあります」(高祖さん)

 未曽有の事態にストレスがたまるのは決しておかしなことではない。大切なのは子供に向けないことだ。

「虐待してしまいそうになったらとにかく『叩かない』と心に決め、深呼吸したり、その場を離れてトイレなどひとりになれる場所に行くなどしてクールダウンを心がけましょう。家事育児や在宅勤務で大変ななか、“これまで通りのパフォーマンスをしなくてもいい”と自分を許し、好きな音楽をかけるなどして上手に気分転換してほしい」(高祖さん)

 あなたの行動が、子供たちを救うかもしれない。

※女性セブン2020年5月21・28日号

関連記事(外部サイト)