「俺コロナ」バカ続出で愛知県が注目されるという気の毒さ

【新型コロナ】「俺コロナ」と店や役所で言う男が続出した愛知県にネット上で注目

記事まとめ

  • 大阪は『大阪民国』で東京は『トンキン』と書かれ、民度の低さをバカにされている
  • しかし、地味なイメージだという愛知県が新型コロナ禍では一躍脚光を浴びている
  • 愛知県では「俺はコロナだ」と店や役所で言い業務妨害する男が続出している

「俺コロナ」バカ続出で愛知県が注目されるという気の毒さ

「俺コロナ」バカ続出で愛知県が注目されるという気の毒さ

名古屋の歓楽街も人影はまばら(時事通信フォト)

 大都市・名古屋がありながらも、東京・大阪と比べると、どこか地味なイメージを持たれがちな愛知県。それが新型コロナウイルスの流行以来、ネットで注目を集める地域となっている。ニュースの見出しにまでなった「俺コロナ」によって注目を集める愛知県の存在感について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が考察する。

 * * *
 ネットにおける各都道府県の偏見的なものは毎度盛り上がる。群馬県の場合は「未開の地グンマー」という言葉があり、発展途上国に住む部族の写真とともに「グンマーの実情」などと書かれる。

 大阪は「大阪民国」で東京は「トンキン」と書かれ、民度の低さをバカにされる。民度の低さといっても「やたらと行列ができる」「電車が混んでいる」「犯罪が多い」といった人口の多さに伴うものが多いのだが、その他の地域の人々からこの2大都市はバカにされている。

 今回のコロナ禍で一躍脚光を浴びたのが愛知である。何しろ「俺コロナ」と店や役所で言う男が続出したのである。愛知のメディアが特にこの手の騒動が好きで進んで報じた可能性はあるものの、他の都道府県と比べて明らかに「俺コロナ男」の発生件数が多いのである。

 匿名掲示板・5ちゃんねるでは愛知のこうした例がまとめられている。「★2020 愛知コロナ」と題されたこのまとめは、日々更新されて、5月16日現在、14件が紹介されている。

 1つ目は「03/04 蒲郡 比パブ『コロナをばらまいてやる』比嬢感染→本人コロナ死(50代 男)」である。テレビでも散々取り上げられたが、開店時刻前にフィリピンパブを訪れ、入口のソファーで寝転がった後、接客する従業員と濃厚接触をしてカラオケをした男性のことだ。その後警察が捜査に動いたものの彼は死んだ。以後、「03/29 名古屋駅前 ビックカメラ『コロナビーム』(42歳 男)」を経て最新が「05/15名古屋 中川区『俺はコロナだ、コロナばらまくぞ』と息を吹きかけ隣人脅迫(54歳 男 バイト)」等の例が次々と挙げられた。

「また愛知か」「なんで愛知でこんな多いんだ」といった感想が書き込まれるのも定番だ。愛知でこうした例が続出していることについては愛知の県民性は関係ないと思うが、ここでまとめられているのが全員男というのは一体どういうことか。あと、最初の男性はさておき、なぜこいつらは感染していないのに「俺コロナ」と他人に言い、業務妨害をするのか? 多分バカなのだろう。

 とはいっても、優しい目線になった場合、他人とのコミュニケーションをもちたかったのかな、とも思う。そう考えるとこのまとめに登場するような状況についても各人が精神的に限界状態になったのでは、とも感じる。だからこそ、各地での外出自粛解除はこうした人たちを通常の精神状態に戻してくれることを期待している。

「俺コロナ」という言葉は3月からネット上では頻繁に使われるようになったが、名古屋が本社のCBCテレビの電子版では5月16日に「『俺コロナ』で逮捕、愛知県内で2件相次ぐ」の見出しをつけて報じており、「俺コロナ」がネットで人気のワードになっていることを見越してつけているのだろう。

「名古屋飛ばし」という言葉もあるように、愛知はあれだけ商業・製造業の一大拠点であるにもかかわらず全国的には注目度は低い。まさかの「俺コロナ」によりネットの一部で注目されるようになったのは気の毒である。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など

※週刊ポスト2020年6月5日号

関連記事(外部サイト)