コロナの中、地震が広域で発生 全て同一プレートが影響か

コロナ禍の地震の共通点を専門家が指摘 数年で『スーパー南海地震』発生の可能性も?

記事まとめ

  • 5月に入って関東地方ではわずか1週間で、緊急地震速報が3回も鳴り響いた
  • この1か月の地震の共通点は、フィリピン海プレートの影響で起きたと考えられること
  • ここ数年で超巨大地震『スーパー南海地震』が起きる可能性があると専門家は指摘した

コロナの中、地震が広域で発生 全て同一プレートが影響か

コロナの中、地震が広域で発生 全て同一プレートが影響か

いま大地震が来たらどうする?(時事通信フォト)

 自粛生活のなかで鳴り響いた大音量の警告音──緊急地震速報は新型コロナ一色になっていた日本人に、この国が「地震大国」であることを再認識させた。頻発するアラームは巨大地震の予兆なのか。だとすれば私たちはどう備えればいいのか。

・5月4日 千葉県北東部 震度4(マグニチュード5.6、以下同)
・5月6日 千葉県北西部 震度4(5.0)
・5月11日 茨城県沖 震度3(5.8)

 5月に入って関東地方ではわずか1週間で、緊急地震速報が3回も鳴り響いた(5月19日時点)。

 揺れに襲われたのは関東だけではない。東北地方では14日に岩手県沖で震度3、同18日には宮城県沖で震度4、翌日にも福島県沖で震度4の地震が発生している。

 中部地方では、4月22日から5月13日にかけて長野・岐阜の県境を震源とする地震が、小規模なものも含めて計88回を記録し、5月13日には1日で13回もの地震が起きている。

 西日本でも、5月11日、山口県東部で発生した地震に注目が集まっている。震度2、マグニチュード3.9と小規模だが、気象庁によると、この地域では1919年の観測開始以来12回しか有感地震がなく、今回は過去2番目の大きさだという。

 日本は地震大国で、揺れが起きること自体は決して珍しくはない。

「小さな揺れも含めれば日本列島全体では1か月で1万5000〜3万回の地震が起きています。昨年5月から今年5月10日までの1年間でも、マグニチュード5.0以上の地震は74回、同5.5以上の地震は37回発生しています」

 こう語るのは、立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授だ。だが、この1か月の地震を分析すると、共通点が見つかるという。

「茨城から西日本まで広域で発生している群発地震は、すべてフィリピン海プレートの影響で起きていると考えられるのです」(高橋特任教授)

◆「スーパー南海地震」の可能性

 関東地方は北から北米、東から太平洋、南からフィリピン海と3つのプレートが押し合っている(別掲図参照)。今年、関東地方で発生した主な地震はいずれも北米プレートとフィリピン海プレートの境界付近が震源だ。

「注目すべきは震源の深さです。一番上に位置する北米プレートとその下に位置するフィリピン海プレートの境界とされる50km前後で多数発生しているため、関東地方の地震はフィリピン海プレートの活動が原因で起きていると考えられます。関東大震災はフィリピン海プレートが北米プレートの下に潜り込む相模トラフで発生しています。

 ユーラシアプレートにも圧力をかけているため、関東のみならず、浜松や三河湾、紀伊水道、豊後水道、日向灘、奄美大島、沖縄本島、宮古島と幅広いエリアで頻繁に地震が起きるようになりました。霧島山新燃岳(鹿児島)や阿蘇山(熊本)の火山活動が活発化していますが、これらもフィリピン海プレートがユーラシアプレートを圧縮することによって発生する火山の爆発と考えられます」(高橋特任教授)

 地球規模で見ると、フィリピン海プレートの挙動で大地震が起きている。2019年1月7日にはインドネシアでマグニチュード7.0、2019年12月15日にはフィリピンで同6.8という大地震が起きた。

 日本列島で懸念されるのは「首都直下」や「南海トラフ」の大地震だ。

 これまで「首都圏直下型地震が30年以内に70%」「南海トラフのプレート型地震が80%」などと報じられてきたが、「2つを別の地震と捉えないほうがいい」と高橋特任教授が続ける。

「政府の地震対策では、伊豆半島を境にして東側の地震を首都直下型、それよりも西の四国までを南海トラフ型と呼んでいますが、いずれもフィリピン海プレートが震源と考えられる。つまり、沖縄トラフから南海トラフ、千葉県沖の相模トラフまで連動する超巨大地震『スーパー南海地震』が起きる可能性があるのです。私はここ数年で発生するのではないかと見ています」

 阪神大震災や東日本大震災を上回る大災害になりうるという。

※週刊ポスト2020年6月5日号

関連記事(外部サイト)