抗体検査 今すぐ意味を見いだせなくても長期的には力を発揮

抗体検査 今すぐ意味を見いだせなくても長期的には力を発揮

PCR検査など、それぞれの検査の特徴は?

 厚生労働省は、6月から東京都、大阪府、宮城県で計1万人程度を対象とした大規模な新型コロナウイルスの「抗体検査」を実施すると表明した。沖縄県でも、県が独自に6000人を対象に抗体検査を行うことが決まっており、すでに対象者の割り振りが始まっている。

 人間の体にウイルスなどの病原体が侵入すると、免疫反応として抗体が作られる。抗体には、再び病原体が体内に入った時に病原体を攻撃し感染を防ぐ「中和抗体」と、感染を防ぐわけではない抗体とが存在している。麻疹やおたふく風邪な度の抗体は「中和抗体」だが、HIVやC型肝炎ウイルスの抗体は「中和抗体」ではない。新型コロナウイルスの抗体が「中和抗体」であるか否かは、まだ不明だ。

 新型コロナウイルス抗体検査について、米国国立研究機関博士研究員の峰宗太郎さんは「急ぐ必要はない」と言う。

「新型コロナの抗体が再感染や重症化をさせない『中和抗体』であると証明されない限り、正直、抗体検査はあまり意味がありません。感染の有無を知ることで安心できるという人もいるかもしれませんが、現状では、その結果をどう役立てられるのか、答えが出ていないのです」

 ウイルス克服の最終形の1つとして「集団免疫」という考え方がある。社会の一定割合の人が抗体を獲得するとウイルスは感染を拡大することができなくなり、終息へと向かう―舵手というわけだが、抗体検査は、そこへどれだけ近づいているかの指標にならないのだろうか。

「集団免疫に必要な感染率は60〜70%程度といわれていますが、大流行した欧米でも20%程度しかなく、まったく足りません。恐らく、日本の感染率は1桁台に留まるのではないでしょうか。どちらかというと、いま知るべきは、過去の感染歴よりも“現在、感染しているかどうか”です」(峰さん)

◆「窓を開けて新型コロナの空気を吸うわ」

 いま感染しているかどうかを調べられるのが、おなじみの「PCR検査」。ウイルスの遺伝子を検査するもので、高い精度で新型コロナへの感染を確認できる。さらに、5月13日には、「抗原検査」キットが厚労省に承認された。峰さんが続ける。

「抗原とは、病原体の一部のことです。PCR検査同様、いま感染しているかどうかを調べる検査ですが、PCR検査より簡単で、迅速に結果がわかります。PCRと比べると感度がやや劣りますが、『陽性』と出れば、『陽性』で間違いない。うまく使い分けることで、PCR検査キットの不足をカバーできる可能性があります」

 最終的にはワクチンが開発されない限り、新型コロナが終息することはないとされている。各国で熾烈な開発競争が起こっているが、まだ手探り状態だ。わだ内科クリニック院長の和田眞紀夫さんはこう話す。

「不活化もしくは弱毒化したウイルスを人為的に体に入れ、その病気にかかった状態と同じ免疫力をつけさせようというものがワクチンです。もちろん発病してはいけませんので、発病しないようにウイルスを処理しています。

 ただし、結核や麻疹などもそうですが、ワクチンで無理やりつけた免疫は、途中で消えてしまうこともあります」

 ワクチンは、病原体の正体をはっきりつかめないと開発ができない。実際、40年以上研究されているHIVウイルスは、いまだにワクチンが開発されていない。

「100年以上研究されているインフルエンザも、まだ完璧なワクチンはできていません。そう考えると、新型コロナはわずか5か月で急速に研究が進んでいるといえます」(峰さん)

 ワクチンがない限り安心は禁物という専門家の意見をよそに、最近、抗体検査を受けた有名人の奔放な行動が注目を集めている。

 4月末には、米国人歌手のマドンナ(61才)が、抗体検査の結果が「陽性」だったとSNSに投稿し、《抗体を持っていることがわかった。だから明日は遠くまでドライブに行く。窓を開けて新型コロナの空気を吸うわ》と語った。

 日本では、神田うの(45才)が5月16日に抗体検査の結果が「陰性」だったと報告。これはあくまで「感染歴がない」ことを示すに過ぎないが、なぜか「これで来週憲ちゃん(美川憲一)と安心して会えます」「知らずして周りの皆様にご迷惑をお掛けする事がないという事が分かり良かったです」(原文ママ)などと見当違いの内容をつづり、ネットをざわつかせた。

「陽性」でも「陰性」でも、その結果を前向きに受け止める気持ちは悪いことではない。しかし、現状では、どんな検査結果も自由に人と会って許される“パスポート”になるかははっきりしないのだ。

◆「第二波」への備えのためにも

 いますぐは意味を見つけづらい「抗体検査」だが、数年続くとされるコロナ禍の先を見越したとき、本当の力を発揮する。自由診療として新型コロナの抗体検査を実施しているナビタスクリニックの内科医で、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんが話す。

「大規模な抗体検査によって、感染しやすい地域や職種、社会活動の内容などの濃淡が見えてきます。たとえば、中国の研究で、屋外での感染例はほぼないことが判明している。これによって『屋外での活動は緩和しましょう』といった判断ができるようになるわけです。抗体検査は、そういった判断材料の1つになる可能性を秘めている」

 さらに、必ず来るとされる「第二波」への備えとしても抗体検査が有効だという。

「ウイルスは感染を繰り返す間に変異し、別の性質を持つことがある。死亡率や感染率の高さから、ヨーロッパと日本では流行したウイルスのタイプが違う可能性が指摘されています。今後、第二波として欧州タイプが日本で流行したとき、第一波の感染状況を把握しておかなければ予測を立てられません」(上さん)

 すでに突入した「ウィズ・コロナ」時代。有益な情報を見誤らないようにしたい。

※女性セブン2020年6月4日号

関連記事(外部サイト)