Uber Eats配達員って儲かるの? 仕事激減ライターが挑戦

Uber Eats配達員って儲かるの? 仕事激減ライターが挑戦

Uber Eatsで潜入バイトしてみると?

 四角い箱を背負って都心を駆け抜ける自転車男たちの姿は、東京ではコロナ禍におけるおなじみの光景となった。レストランの料理を宅配する「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のサービスはいまや社会インフラだが、一方で配達員の事故や冷遇など過酷な労働環境が問題視されている。中国でホストクラブ勤務や「テーマパークの着ぐるみの“中の人”」など様々な職業体験をルポしたライター・西谷格氏が、「ウーバー配達員」を新たな潜入先に選んだ。

 * * *
 新型コロナの影響は出版業界も例外ではなく、私のライター仕事も発注が芳しくない。ひとつ副業でもしてみるか……と街中で見かけるウーバーイーツ配達員を始めてみると、世の中の仕組みが垣間見えた。

 配達員として働くべく、まずは専用アプリ「Uber Driver」をダウンロードし、氏名や年齢、顔写真、免許証の画像などを送信した。始める前に、あのよく見る配達用のバッグはどうすればいいのか。コールセンターに問い合わせると、不慣れな口調の女性が出た。

「アマゾンでお買い上げいただきたいのですが、現在品薄となっています。ご自分で用意されたもので構いません」

 何でもいいのかと聞くと「はい、それなりのものなら」。それなりとは?と重ねて問うと、常識レベルの清潔感や保温性があれば問題ないそうで、あまり堅苦しく考えなくても良いようだ。

 専用バッグを使いたかったが、転売目的の買い占めによりアマゾンでは売り切れ。ヤフオクで1万5000円の高値で売られたものを見つけ、泣く泣く購入した。愚直にメシを運ぶドライバーより、“転売ヤー”のほうが儲かりそうだ。

 自転車は私物を使うことにしたので、準備完了。履歴書も面接も研修もなく、いきなり仕事が始まった。これでいいのかと思ったが、人命を預かるわけでもなし、多少のミスは折込済みで実地訓練する方が早いのだろう。

“聖地”とされる六本木でアプリを開き、「出発」ボタンを押してしばらく待つと、アラームが鳴った。注文が入ったのだ。10秒ほどのカウントダウンが始まり、やるかやらないか即座に判断を求められる。受注すると、飲食店の店名や住所が表示され、取りに行けと指示された。

 店で商品を受け取ると、今度は地図上で2キロほど離れた地点にマンション名が表示された。配達先が判明したので、アプリに指示されるがまま自転車を漕ぎ始めた。

 給料は1回の配達で都内は基本給が390円。お店から配達先へ運んでいる間は1キロ60円が加算され、そこからウーバー社への手数料10%が差し引かれて手取り額が決まる。時給換算すると1000〜1500円、どんなに頑張っても2000円が限界だろう。月収40万円を稼ぐ猛者もいるそうだが、それには朝から晩まで自転車を漕ぎまくる体力と根性が必要だ。タクシー業界では長距離客が歓迎されるが、ウーバーイーツでは「ロングピック(店が遠い)」、「ロングドロップ(配達先が遠い)」はむしろ敬遠される。短距離で回数を稼ぐほうが、効率的なのだ。

 需要が増える雨の日はチャンスだが、労働環境は地獄。ジャージ姿で配達していたら全身ズブ濡れになり、ブレーキの利かない坂道で何度もスリップの恐怖を味わった。大学生の配達員が事故死したニュースが脳裏をよぎり、同時にコールセンターの事務的な説明を思い出す。

「お料理を運んでいる時のみ、保険が適用されます」

 店に向かう途中や配達を終えた後は、無保険状態。仕事中に交通事故に遭っても、自己責任なのだ。

「食事時間=稼ぎ時」なので、腹ペコのまま23時すぎまでペダルを漕ぎ続け、疲労困憊。帰ろうと思っても、アラームが鳴るとつい受注してしまうのは、歩合制の“魔力”か。キッパリ断わる気持ちを持たないと身体が壊れそうになる。

 六本木周辺は外国人客が多く、200円ほどチップが加算されることもある。チップはコロナ禍を機に配達員へ感謝を示すために始まった制度だが、これは注文客の善意によるもの。ウーバー社はノーコストで配達員にインセンティブを与えられるのだから、よくできた仕組みである。

 配達先で客と連絡が取れない時は、10分待ったら料理を捨てるか、食べていいルールなのだが、後になって客が激怒し、クレームを受けるケースもあるという。私はドアの隙間から商品を奪うようにひったくる客に遭遇したが、あまり気持ちの良いものではなかった。気楽なようで、結構ストレスの溜まる仕事なのだ。

 受け取りに行った店先で10分以上待たされることもあったが、そんな時は怒りを込めて「バッド評価」をクリック。配達員、店、客のそれぞれが互いにレビューし合う“評価経済”が働いている。

 慣れれば単純作業の繰り返しだが、走り終えると心地よい疲労感もあった。サイクリングがてら小遣いを稼げると思えば、悪くない仕事だろう。1週間かけて細切れに28回の配達を行ない、給料は1万5217円。ようやくバッグ代を回収できたところである。

●取材・文/西谷 格 撮影/高橋定敬

※週刊ポスト2020年6月5日号

関連記事(外部サイト)