防衛大、学生2000人外出禁止 ストレスで自殺未遂者情報も

防衛大、学生2000人外出禁止 ストレスで自殺未遂者情報も

コロナ対策で出席者を限定して開かれた今年の防衛大卒業式(時事通信フォト)

 新型コロナの影響で学生たちがキャンパスに通えない状況となり、全国の大学が対応を余儀なくされている。文科省の調査によれば、多くの大学でオンライン授業が実施・検討されている。しかし、そうしたなかで全く異なる状況にあるのが、将来の自衛隊の幹部自衛官を養成する「防衛大学校」(神奈川県横須賀市)だ。オンライン授業は導入されず、学生たちは寮(学生舎)がある防衛大の敷地から出られない状況が続いているのだ──。

「入学したばかりの1学年(1年生)たちは、精神的にかなり不安定になっていると思います。ストレスからか、首つりやリストカット、飛び降りといった自殺未遂、自傷行為が複数、起きているんです……」

 そう話すのは現役学生のひとりだ。防衛大では4学年の約2000人が全寮制生活を送る。新型コロナの影響で4月5日に予定されていた入校式典は延期になり、緊急事態宣言の発令を受けて5月6日まで授業訓練の中止が決まったが、そうしたなかで新1年生を含む学生たちは防衛大の敷地内の寮で集団生活を続けなくてはならなかった。防衛大関係者が明かす。

「対面での授業、訓練ができないのだから、学生たちを帰省させて他の大学のようにオンライン授業をやればいいのに、ただ敷地からの外出を禁じるだけの状況が続いた。学生たちは食事や清掃などの時間以外は自由行動でやることがない。『ウエストポイント(米陸軍士官学校)をはじめ、海外の士官学校などでは早い段階からオンライン授業が行なわれているのに、なぜ防衛大でできないのか』といった不信の声が学生たちからもあがっているが、対応はなく、大学側への不信感が高まっている」

 防衛大の寮は、原則として上級生から下級生まで8人が一部屋に暮らしている。新入生のなかには、体験したことのない上下関係の厳しさに戸惑う者もいるといい、「1学年がストレスに晒されることを気にしてか、指導教官から『呼び出し指導(指導役の上級生が下級生を居室に呼び出して指導すること)』をやめるように指示があった」(前出の現役学生)という。授業や訓練がなく、ただ集団生活が続く状況では、下級生の心理的なプレッシャーが大きくなって当然だろう。

 しかも、集団生活の環境自体が「3密」に該当する懸念がある。大学側は一斉に摂っていた食事の時間を分散させ、1日2回の検温などで体調不良者を早期発見するといった対策を取っているというが、「食堂や浴場の利用時間がグループ分けされたものの、出入り口などで並ぶ時にかえって混雑しているという声も聞こえてくる。学生に感染者が出たという話こそないが、すでにPCR検査を受けた学生が数多くいる」(前出の防衛大関係者)といった状況があるというのだ。

 未知のウイルスの脅威に立ち向かうにあたって、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」などに災害派遣されながら感染者を出さなかった自衛隊の任務遂行能力は称賛を浴びてきた。にもかかわらず、特別職国家公務員の自衛隊員として扱われる“身内”のはずの防衛大の学生に対して、ケアが行き届いていないのではないか。防衛大に質した。

「営内(防衛大の敷地内)における全寮制のもと、4月以降は学生に対しては不要不急の外出を禁止し、毎日の検温等など必要な感染防止対策を講じている。帰省を含む不要不急の外出については、防衛大臣指示で『厳に慎む』とされており、その方針に従った措置を講じている」(総務課広報係)

 学生たちのストレス対策については、「専門家などによるメンタルヘルスケア、希望者に対する臨床心理士によるカウンセリングなどを行なっている」と説明したが、自殺未遂が起きていることを問うと、「学生のプライバシーに関することなので、答えを控えたい」とするのみ。問いを重ねても、「いずれにしても、新型コロナ感染に関するストレス軽減に努力しているということ」と答えるばかりだった。

 全国の多くの大学がそうしているように、オンライン授業に切り替えれば学生たちをストレスに満ちた環境から解放できるはずだが、「現行の学内のシステムとしては、オンライン授業を行なうのに十分な機能が備わっていない」(同前)ことを理由に、実施される見込みはないという。

 学生たちの授業訓練は、5月6日まで停止された後、同7日以降は課題を提出させる形式で徐々に再開させているという。防衛大側は「時期は検討中だが、公共交通機関を利用していない教官による対面授業を順次再開していく予定だ」と説明した。ただ、防衛大の“正常化”はまだ遠そうだ。別の防衛大関係者が語る。

「対面授業の再開に向けて教官たちにあった説明では、授業冒頭で課題を出した後に教官は速やかに退出して、学生たちだけで課題に取り組んだ後、最後に教官が戻ってきて退出などの指示を出すやり方だという。教官と学生の接触時間が連続15分以上ないようにとのことで、これでは対面授業というより自習。学生が置かれている異様な環境は、ほとんど変わらないのではないか。オンライン授業のほうがよっぽど有意義な時間になる」

 新型コロナに限らず、大規模災害など国家の危機のたびに、その役割が脚光を浴びてきた自衛隊。幹部候補生たちが厳しい教育・訓練を通過するのは当然なのかもしれないが、新型ウイルスという“見えない敵”の脅威があるなか、どういった環境で時間を過ごすことが適切なのか、課題は大きい。

関連記事(外部サイト)