外出禁止でわが子を虐待してしまいそう… そんな時の対処法

外出禁止でわが子を虐待してしまいそう… そんな時の対処法

コロナ禍のストレスで追いつめられ…。親と子のSOSが急増(写真/PIXTA)

“もう限界”――毎日のようにインターネット上の窓口に寄せられる相談の中に、この言葉が何度も登場している。感染リスク、休校、在宅勤務、収入など、過去に前例のない大きなストレスに襲われた母親たちの悲鳴だ。わが子にいら立ちを爆発させる前に、母にできることとは。

 長い自粛生活で、日本中の人々が大きなストレスを抱えている。一日中家の中に閉じこもって家族と顔を突き合わせていると、ストレスの発散もままならない。親たちも苦労が絶えないが、追い詰められた親たちの“はけ口”になるのはいつも子供だ。

 5月12日、厚生労働省は、1〜3月に全国の児童相談所が対応した虐待相談件数が前年より1〜2割増加したことを発表した。

 児童相談所に限らず、虐待防止のためのNPOや民間団体などにも、「わが子を虐待してしまいそう」「虐待してしまった/された」といったSOSが急増しているという。

◆4月の相談件数は3月の3倍に

 NPO「あなたのいばしょ」は、悩みを抱えた人が誰でも気軽に相談できるように、24時間365日、チャットでの相談を受け付けている。慶應大学3年生で代表の大空幸星(こうき)さんは、4月に入ってから相談件数が増えていると話す。

「平均して1日に約200件の相談が寄せられる中、新型コロナの影響による家事や育児のストレスを訴えるかたが増えています。実際に虐待したのではなく“虐待してしまいそう”という相談だけでも、4月は3月の3倍です。“虐待の一歩手前でなんとか踏みとどまっている”という声が多い」(大空さん・以下同)

 実際の相談を見てみると、母親の行き場のない思いが伝わってくる。

《自粛生活が長びいてイライラしています。在宅ワークをしていますが、子供も休校で家にいて、日に日にストレスが増していって、どうやって過ごしたらいいかわからなくて。今日、子供とウマが合わず家を出ました。いま、ひたすら歩いています。不安です》

 この相談者と同じく、多くの母親は、自分が“虐待の一歩手前”にいることを自覚していると、大空さんは言う。

「“子供に話しかけられただけでイライラする”という母親も多く、“このままではダメだとわかっているのに、どうすればいいかわからない”という切実な思いが伝わってきます」

 一方で、本当に限界を超えてしまった母親もいる。生後2か月の子供を育てる母親は、「あなたのいばしょ」に悲痛な思いを明かした。

《リモートワークと外出自粛でイライラして、赤ちゃんを叩いてしまいます。その場から離れても、戻ってきたときにまだ泣いていると、やっぱりイライラしてしまう。絶対にダメだとわかっているのに、今日、子供を乱暴に床に置いてしまいました》

 大人は前述のような暴力やネグレクトといったわかりやすい行為にばかり目がいくが、一方で、子供たちから届く相談は「死ねと怒鳴られた」「家から出ていけと言われた」といった心理的虐待に関するものも多い。

《両親の喧嘩が収まりません。家が狭くて、逃げ場がない。外も、家も怖いです》《お父さんがお母さんをなぐります。わたしにできることはありますか》──

 両親のけんかや暴力を毎日見せることも、立派な虐待だ。

◆どんな親だって虐待の可能性がある

 積もり積もったストレスを子供にぶつけてしまう、子供の目の前で爆発させてしまう──温かいはずのわが家が“コロナ虐待”の現場になってしまうのはなぜなのか。母娘関係専門カウンセラーの高橋リエさんは「子供に理不尽に怒りをぶつけてしまう原因は“過去の恐怖”」だと話す。

「ご自身の子供の頃を思い出してください。ほとんどの人が親から“なんでこぼすの!”と叩かれたり、“早くしなさい!”と怒鳴られたりした記憶があるはず。いまは“厳しくしつけてもらった”“苦労をかけた”と親に感謝していても、子供の当時は“怖い”“痛い”“嫌だ”などと強く思ったはず。どんなに親に感謝していても、怖い思いをした記憶とは別物で、大人になっても消えません。

 自分の子供がかつての自分と同じシチュエーションになると、無意識にわが子とかつての自分を重ね合わせ、“怒られて怖かった”という思いがわいてきます。すると、恐怖に対処するために怒りの感情となって勝手に表れるんです」(高橋さん・以下同)

 虐待の“素養”は、誰にでもあるということ。いまのストレスフルな状況が恐怖に拍車をかけ、虐待を招いているのだ。

◆目をそらさず子供の顔を見つめてわれに返る

 多大なストレスを理性で抑え込む苦労は並大抵ではない。わが子に向けないためには、どうすればいいのだろうか。

「親に厳しく叱られた」という当たり前の体験が原因になっている以上、打開策は“対処療法”しかない。

 過去の恐怖と怒りでわれを失っているのを、強制的にクールダウンさせるには、いちど怒りから“意識をそらす”のがいい。

「例えば、手が出そうになったら、冷蔵庫の扉を両手で触ったり、氷を握りしめたりして冷たさを感じる。太ももなどを軽く叩いて痛みを感じる。“部屋の中にある赤いものを数える”など、自分の五感に集中するような行為は、気持ちを落ち着かせてくれます」

 お小言がいつの間にか暴言になってしまう、延々と説教をしてしまうという人は、意識を子供に向けるといい。

「30分以上も説教し続けているようなときは、たいていが自分の感情をコントロールするための“デトックス”になっている。目の前にいるわが子の顔をよく見てください。愛おしく思う気持ちを思い出して、冷静になれます」

 それでも、どうしてもカッとなってしまうこともあるだろう。「自分は悪い親だ」などと絶望すれば、あなたの恐怖や焦りは余計に膨らむ。わが子に真摯に向き合い、本当の気持ちを伝えてみてほしい。

「“叩いてごめんね、痛かったね。お母さんが怒りすぎちゃった。〇〇ちゃんが悪いんじゃなくて、お母さんの問題だからね”と謝りましょう。“あなたは悪くない”“私はあなたを大切に思っている”“カッとなって人を傷つけることは間違いだ”と伝えて。きちんと話せば、幼くても理解できます。ちゃんと伝えてあげないと、子供が自分を肯定できないまま育つため、将来、人の顔色ばかりをうかがうようになってしまう」

 ストレスや不安の逃げ道をつくっておくことも必要だ。

「家から出られないなら、子供から見えない場所で、クッションなど柔らかいものを投げるのも1つの手段。児童相談所に連絡すると“しばらく様子を見て”と言われ、すぐに対応してもらえないこともある。その場合は、自治体の保健センター、子育て支援の窓口やNPOなどに相談するのがいい。保健師などが相談に乗ってくれます。

 プロに助けを求めることに抵抗があるなら、SNSでつぶやいたり、友人に電話やLINEで吐き出したりしてもいい。ひとりで抱え込むことだけは避けて」

 もしあなたが一線を越えそうなら、すべきことはがまんではない。ここに記した対処法を試してみてほしい。

※女性セブン2020年6月4日号

関連記事(外部サイト)