安倍氏・麻生氏・小池氏・西村氏…政治家のマスクへの評価

安倍氏・麻生氏・小池氏・西村氏…政治家のマスクへの評価

西村経済再生担当大臣のマスク姿は、「板についている」と主婦層からの評判は悪くない(時事通信フォト)

 体験取材を得意とする“オバ記者”ことライターの野原広子(63才)が、世の中の出来事にゆるくツッコミを入れる。今回のテーマは「政治家たちはマスクに無頓着すぎる」だ。

 * * *
 名は体を表す、っていうけど、いまや「マスクは人を表す」。新型コロナが広まった3月半ばからマスクに注視し続けてきた私にはそう見えるんだわ。特に使い捨てマスクがドラッグストアから消えた4月初めからはそう。みんな、使い捨てマスクにハンカチでカバーをつけたり手製のマスクをつけたりと工夫しだして、口元に“お人柄”が出てきたのよ。

 その中で頭ひとつ抜け出したのは、男性では西村康稔経済再生担当大臣兼新型コロナ対策担当大臣ね。シュッとした顔によく似合う“大臣マスク”を世に認識させた功績は大きいと思うよ。型紙のいらないあのマスクの作り方がYouTubeにはいっぱい上がっている。ってことは、それだけ作り手がいるってことだよね。

 議員会館でパートをしている私に、友達は「国会議員は支持者からいろんなマスクが届くんでしょ?」と言う。西村大臣のように手製のマスクをしている人もいるけど、たいがいの議員は無個性のサージカルマスク。なかには、使い古した手ぬぐいを折りたたんで“マスクもどき”にしている、なりふり構わない議員もいるけどね。

 高齢者は「マスク大嫌い」な人が多いね。その代表が麻生太郎財務大臣。話しているときに鼻の下に下げようとして、また上げて、結局は“あごマスク”。息苦しくないマスクをなぜ探さない?

 そうそう。女性でマスク姿が印象的なのは、小池百合子東京都知事。最初のコロナ会見でつけていた立体マスクについて「手製ですか?」と聞かれ、「あ、はい」とはにかみながら答えた様子がやけに印象的だったらしく、私の周囲ではちょっとした話題になったの。「小池さんのマスク、手製って、知事って意外と女らしいのね」って、知事本人が作ったと思ったみたい。でも、マスクの出来をちゃんと見てよ。素人離れしているし、第一、公務を終えて自宅に帰った小池さんがミシンに向かう? あり得ないって。ま、それはともかく、発表から約2か月たったいまも一向に届かないアベノマスクをよそに、進化を遂げている“知事のマスク”を、手芸オバさんの私は目が離せなかったんだわ。

 そういえば、マスクデビューを果たしたばかりの小池さんが、やけに息苦しそうに話していたことがある。「ヤバくない?」と心配したけど、後で思えば通気性のあまりよくない布地を使っていたのよね。最初は顔からはみ出すほど大きかった立体マスクも、立体の山が大きくなったり、低くなったり。最近は、口が動くたび息づかいがわかる、山のないマスクがお気に入りのよう。彼女のコロナ対策について「7月の都知事選挙のことしか考えていない“次の選挙ファースト”」と言う人もいるし、自分に合うマスクを探求する姿を「やりすぎ」と批判する人もいる。

 でも、政治家なら、自分に興味を持って当たり前だと思うんだよね。てか、人からどう見えるかに興味のないおっさん政治家の見苦しいことといったらない。

 その上で、11の型紙を作って、72枚のマスクを作った私から、余計なお世話をひと言。小池さん、人前で話すときは口と連動して動く立体マスクより、「あ」と大きく口を開けられるプリーツマスクの方が使いやすいよ。

 小池都知事にはこれからもいろんなマスクをした姿を私たちに見せてもらい、マスクですっかりケチがついた安倍晋三総理の鼻を明かしてほしいわ。

 しかしアベノマスクをした安倍総理のこっけいさはまた別格だって。口元を隠すガーゼが小さいせいか、よくもあんなにというほどボロが出るんだもの。見送りになったとはいえ、黒川弘務前東京高等検察庁検事長の定年を延長させて何をしたかったのか知らないけど、さんざん世間を大騒ぎさせた後で、肝心の黒川氏が新聞記者と賭け麻雀して幕引きって、あり得なくない? そういえば総理って、モリカケ問題も桜を見る会の前夜祭も、私らが「ふむふむ、なるほど」と思える説明をしてこなかったよなぁ、とマスク縫いの夜なべ仕事をしながら、腹が立つったらありゃしない。

※女性セブン2020年6月11日号

関連記事(外部サイト)