パチンコライター・ナミ 自粛明けのホールで打つべき機種は

パチンコライター・ナミ 自粛明けのホールで打つべき機種は

パチンコライターのナミ(デジタル写真集『MEDAL NUDE』より/撮影・扶桑光)

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が全国で解除され、長らく休業を余儀なくされてきたパチンコ店にも営業再開の気運が高まっている。だが、すでに倒産・閉店に追い込まれたパチンコ店が全国で85店確認されるなど、苦しい経営環境はしばらく続きそうだ。女性パチンコライターのナミが、コロナ禍のパチンコ業界と今後についてレポートする。

 * * *
 最近、にゃんこ大戦争やバイオハザード7のプレイ動画をYouTube配信して楽しんでいるナミです!

 ようやく緊急事態宣言が全国で解除され、数多くのパチンコホールが営業を再開し始めています。まだまだ油断できる状況ではないのですが、業界が日常を取り戻すための一歩を踏み出したことで、一安心しております。

 ただ、今回の一連の休業により、多くのパチンコ店が閉店や倒産に追い込まれてしまったことは残念です。パチンコファンの間でもホールの倒産は心配されていましたが、自分の好きだった店が休業したまま潰れてしまったという人もいるのではないでしょうか。

 その場合、「貯玉システム」に補償はあるのか、私も複数店舗に貯玉があったので調べてみました。結論を簡潔に述べると「一般社団法人貯玉補償基金」の補償システムにより、カタログギフトへの交換が可能です。

 しかし、特殊景品への交換は非常に難しいようです。私も手数料のかからないATMのように日常的に貯玉を利用していたので、預ける貯玉数を少し意識しなければいけないなと思いました。

 景品といえば、日本中でマスクや消毒液が現在も品薄状態ですが、3月中旬頃までは景品コーナーにマスクや消毒液が並んでいて「マスクを獲得するためにパチンコを打ちにきた!」なんて不思議な話も聞いたことがあります(笑い)。

 そんな自分も、以前に景品として何気なく交換したマスクのおかげで数か月マスクが不足することなく過ごせた経験があります。もともと景品コーナーの目立つところにマスクは置かれていましたが、今後はさらに主役となりそうな景品ですよね。

 今回のコロナ騒動がなければ、各メーカーから様々なパチンコ・パチスロの新機種が発表され、全国のホールに導入される予定でした。しかし、海外からの部品調達が困難になり、リリースが遅れているという話を耳にしています。暗い話題が続いている業界ですが、新機種の販売延期による影響から、ひとつ嬉しいニュースもあります。

 新台入れ替えが困難な場合の対策として、5号機の人気パチスロ機『押忍!番長3』や『沖ドキ!』の設置期限延長が確定されました。パチンコの『真・北斗無双』なども含まれるそうです。

 現在ホールに設置されている6号機も演出面・タイアップ版権の豪華さなど文句の付け所がない完成度ですが、やはり出玉力・スペックを一番に求める打ち手が多く、いまだに5号機の人気が高いのは事実だと思います。

 本来なら来年2021年1月末に撤去予定だった人気機種ですが、1年ほどの設置延長が決まったとなれば、ユーザーは大いに楽しめるのではないでしょうか。最終的な決定はまだされていませんが、久々に楽しみが増えるニュースにテンションが上がりました。

 SNSを見ていると、今もパチンコ業界に限らず、さまざまなニュースに対する攻撃的・批判的な意見や書き込みが目立ちます。長く続いた外出自粛や仕事への影響などで国民全員が少なからずストレスを溜めていて、何かにぶつけて発散したい気持ちもあるのかなと思います。

 ストレス減少のためにリラクゼーション効果のあるパチンコ機種もあります。『海物語』シリーズです。これは科学的にも証明されていて、変動中の重低音と液晶の海の色や図柄の一定間隔のリズム感が脳に心地よい刺激を与えてくれるそうです。

 最近の機種にしては光量も控えめで落ち着いて打てます。特にお勧めなのは『大海物語』シリーズの一番海層の深い「トレジャーステージ」です。自分も複雑な演出の信頼度に惑わされたくない時は、シンプルに楽しめる『海物語』シリーズを打つことが多いです。

 なかなかストレス発散が難しい状況ではありますが、自粛生活が完全に明けたら、ぜひ皆さんもホールで体感してみてくださいね!

●なみ/1987年生まれ、東京都出身。短大卒業後、OLとなるが会社を辞め、コーヒーレディへ転職。2014年にパチンコ・パチスロ専門誌の「ライターオーディション」に合格し、デビュー。2018年、DMMぱちタウン専属ライターへ。週刊ポストデジタル写真集『パチンコライターナミ MEDAL NUDE』、DVD『ナミとのデート』が発売中。

関連記事(外部サイト)