満員電車復活で「痴漢」の懸念 痴漢外来での治療法とは

満員電車復活で「痴漢」の懸念 痴漢外来での治療法とは

5月25日の「緊急事態宣言」解除後、初めての朝を迎えた新宿駅の人波(時事通信フォト)

 緊急事態宣言の全面解除とともに、6月から通常の勤務体制に戻るという人も多いのではないか。これから少しずつ、通勤ラッシュの満員電車が戻ってくることになる。そこで懸念されることのひとつが痴漢の増加だ。警視庁の調べでは、昨年都内で検挙した痴漢(迷惑防止条例違反)は約1780件で、うち64%が電車や駅構内で発生していた。東京では1日あたり3件強、駅や電車で痴漢が検挙されている計算になるが、被害者である女性が泣き寝入りしているケースがあることを考えると、実際の発生件数はそれよりもずっと多いと見られる。初夏を迎え肌の露出が増えるいま、女性を狙う卑劣な性犯罪である痴漢問題について改めて考えてみたい。

 痴漢の常習者を対象に「治療」を行っている医療機関があることはあまり知られていない。痴漢などの性犯罪や性的問題行動をやめられない人たちを対象にした「痴漢外来」だ。10年間で500人を超える痴漢などの性犯罪を含む性的問題行動を治療してきた筑波大学人間系教授の原田隆之氏(保健学博士。臨床心理学や犯罪心理学などが専門)が指摘する。

「痴漢や盗撮などの性犯罪には、すべてではありませんが「性的依存症」であると考えられるケースがあり、そのようなケースでは処罰に加えて治療が必要です。もちろん痴漢は被害者のいる犯罪であり、加害行為の責任が問われるべきであることは間違いありません。しかし、痴漢を何度も繰り返す人のなかには、自分の意思ではどうしても我慢できず、やめたくてもやめられないという人がみられます。このため痴漢は再犯率が高く、刑罰が再犯防止に結び付いていません。

 こうした人々を痴漢外来で科学的に治療することにより、再犯を抑制することができます。痴漢外来の目的は、あくまでも性犯罪のない安全な社会をつくることです」

 依存症とは何らかの物質や行為などにのめり込み、やめたくてもやめられなくなる症状を中心とした病気である。アルコールや薬物の依存症が精神や体を壊し、ギャンブル依存症が家計を破壊する一方、痴漢は直接の被害者がいる犯罪であり、法に則った処罰が求められる。

 原田教授は都内の精神科病院で痴漢外来を受け持つ。患者の大半は痴漢と盗撮がやめられない人たちで、少数だが強制わいせつなどの暴力的性犯罪を起こした人や小児性愛者などがいる。100%男性で30〜40代が多く、実際に刑務所を経験した人もいる。

 痴漢外来では、どのような治療を行うのか。まず大前提となるのは、「自分を信じないというルール」を課すことだという。

「依存症の治療で大切なのは、自分の意思に頼らないことです。痴漢を繰り返す人は、本人がやめたくてもやめられないことに苦しんでいます。だからたんに“我慢する”という意思に頼る方法ではなく、どういう時に痴漢したくなるかを考えて、その時にどう対処すべきかという具体的な行動のスキルを学習します。これが意思の力だけに頼らず,痴漢をやめるための武器になるのです。痴漢を繰り返した末に痴漢外来にたどり着く人は“どうせ自分には我慢できない”と無力感を抱く人ばかりですが、対処法を身に着けて痴漢行為を避けられるようになれば、本人の自信も回復していきます」(原田教授)

 痴漢外来では最初に本人に過去の行動を振り返らせて、性的問題行動にいたる「引き金」を最低でも20個あげてもらう。

「満員電車や女子高生の制服、露出度の高い服、朝やお酒を飲んだ時など、痴漢をしたくなる環境や時間帯などを最低20個あげてもらいます。そのうえで『混雑した電車には乗らない』『女子高生がいるような場所は避ける』など、リスクを避ける行動目標を立てます。通勤でどうしても満員電車に乗らないといけないなら、『始発駅から座って乗る』『電車内では目をつぶって音楽を聴く』などの対処法を患者と一緒に考案します。また盗撮の場合は、患者にスマホのレンズを壊してもらう。こうして物理的に性犯罪をできない状態にすることが性的依存症の治療ではとても有効です」(原田教授)

 なぜ痴漢をしてしまうかにも焦点を当てる。痴漢常習者だけでなく、アルコールやギャンブルなど多くの依存症患者に共通するのは、仕事のストレスや対人ストレスを晴らそうという気持ちから、行為に及んでしまうという点だ。

「多くの依存症患者は、日常でたまったストレスを痴漢やお酒、ギャンブルなどで発散します。そのうちに、『今日は会社で嫌なことがあったから痴漢するぞ!』という妙な思考回路ができあがってしまう。爆発寸前になってからストレスに気づいても遅いので、まずは肩凝り、やけ食い、イライラなど、ストレスがたまったサインに気づくようにします。そのうえで、おいしいものを食べたりジムで汗を流したりするなど、健全な方法でストレスを発散できるようにします。日常でリラックスする時間を増やすことも大切ですね。

 会社の上司にストレスを感じる場合、上司を変えることはできないので、自分の認知を変えることをめざします。たとえば、苦言や小言は自分がスキルアップするために必要と考え、上司は自分のためを思って言ってくれるのだと患者が考えるようにします。

 また性犯罪を繰り返す人は、『女性は痴漢されて本当は喜んでいる』といったゆがんだ認知を持っているケースが多い。そのことが女性の人格を無視して、何の関係もない女性を自己本位な目的のために利用することにつながります。痴漢外来ではこうした認知のゆがみに気づいてもらい、別の認知に置き換える『認知再構成法』も行います」(原田教授)

 引き金やストレスへの対処法を学ぶとともに、患者は一日の生活スケジュールを立てることを求められる。

「計画を立てて規則正しい生活を送ることは一見性犯罪とは関係なさそうですが、依存症の治療にはとても効果的です。痴漢の常習者は痴漢が生活の中心となり、痴漢をするために帰宅時間や時間の使い方を調整するようになるため、そのようなライフスタイルを変えるためには,まず生活を枠にはめることが重要。空白の時間帯が危ないので、なるべく孤独な時間をつくらず、できれば人と生活時間を共有するようにします。また『家族と週3度食事する』『毎日運動をする』『夜11時までに寝る』など、日常で守るべき生活習慣を最低8つは実践してもらいます。こうした生活習慣を継続的に行うことで、枠から外れて痴漢に走るリスクを軽減できます」(原田教授)

 加えて行うのが、危険を察知するための自己モニタリングだ。患者は夜寝る前に一日を振り返り、その日の状態に応じて赤・黄・青で色分けしたシールをカレンダーに貼る。 

「一日の行動を振り返り、決められた生活習慣を実践して平穏に過ごせたら『青』、決められた通りに行動できなくてムラムラする時間などがあったら『黄』を貼っていきます。どんな時が黄色になるかは各自が決めますが、生活習慣のルールから少しでも外れたときや『女性を目で追った』ときなど、できるだけ厳しい設定にすることが望ましい。

 ここで重要なのは青を続けることではなく、黄色信号に気づいて『このままでは危ない』と思えるようになることです。たとえて言えば、火山が噴火してしまう前に振動や温度の上昇に気づいて、噴火を食い止めることが重要なのです」(原田教授)

 また,カレンダーを見直して,青色が続くようになると治療が軌道に乗っていることがわかり,治療効果が一目瞭然となります。これは、日常生活において自分を律し続けるためのモチベーションにもなります。たんなる気分ではなく、行動をチェックすることでいまの状態を客観的に把握することがポイントです。

 これらのプログラムを週1回、24週実施して依存症の克服をめざすが、新規の患者は最低2年の通院で経過観察することが望ましいという。外来で行われるグループセッションでは人には言えない悩みを仲間と共有し、一緒に頑張ろうとのモチベーションが生まれて治療効果が増す。規則正しい生活が行われているかどうか、週一度、病院で専門家からのチェックが入ることも痴漢外来のメリットだ。

 こうした治療によって多くの性犯罪常習者の社会復帰を支えた原田教授が強調する。

「治療を経て依存症を克服することで就職先が見つかったり、別居していた家族と同居するようになるなど、患者が自分の人生を取り戻したり、新しい人生を切り開けるようになることが治療の最終的な目標です。そうすることで,確実に再犯が抑止されるようになります。このように,痴漢の常習者を科学的に治療することは、性犯罪のない安全な社会をつくることにつながります。痴漢を病気ととらえることに批判や反発があることは承知していますが、痴漢を治療することが社会全体を利する面を持つことも知ってほしい。それとともに,被害者のケアも忘れてはいけないことは言うまでもありません。わが国ではこれがまだまだ不十分です」(原田教授)

 法務省の統計によれば、痴漢の同種再犯率は執行猶予者で約30%、刑務所出身者で約50%だが、痴漢外来で治療を終えた患者の再犯率は3%にとどまる。この事実をもとに、痴漢についての議論が進むことを期待したい。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)