「コロナ禍でも差別がない」イタリア 日本が学ぶべきこと

「コロナ禍でも差別がない」イタリア 日本が学ぶべきこと

イタリアでは医療従事者を励ますため「フラッシュモブ」が行われることもしばしば(写真/Getty Images)

 明日愛する人を抱きしめるために、今日がまんしよう──。イタリアのジュゼッペ・コンテ首相は、そんなロマンチックな表現で国民に訴えかけた。死者が3万人を超え、感染大国となったイタリア。しかし、その国に生きる人々の姿は、心の余裕を失いかけている私たち日本人に、大切なことを教えてくれる。

 *
 緊急事態宣言が全面解除されても、心が晴れないという人は多いだろう。その一因は、日本中を覆っているギスギスした空気のせいかもしれない。

 新型コロナウイルスの感染拡大が本格化して以降「コロナ差別」が後を絶たない。医療従事者の子供との接触を避ける、感染者の名前・家族・住まいを暴いて晒すといった差別的行為が横行。公園で遊ぶ子供を通報し、営業中の飲食店に「店を閉めろ」と張り紙をするなど、「自粛警察」まで現れた。

 全世界が未曽有の危機を迎えているいま、どの国でも同じような雰囲気が漂っているのかといえば、そうではない。死者が3万人を超え、大きな被害を受けたイタリアを包んでいるのは、意外にも真逆の“温かい雰囲気”だという。

 一例を挙げれば、イタリアでは感染者や死亡者の報じられ方が、日本と大きく違う。現地主要紙『コリエレ・デラ・セラ』は、新型コロナで亡くなった人々を追悼する特集を連日掲載。そこでは、「犠牲者面」として毎日1ページ以上が割かれ、著名人だけでなく一般市民も実名で報じられている。例えば、「認知症の高齢者との人形を使ったコミュニケーション法の研究と実践に長年取り組んできたイーボ・チレージさんが、61才で亡くなった」と、詳細に報道。男性の人柄が伝わる写真が大きく掲載され、亡くなるまでの経過がたどられた。

「感染者についても実名で細かく報じられることがありましたが、差別される雰囲気はまったくないようです。2月下旬、中国に渡航歴がないイタリア人男性に初めて感染が確認された際には、この男性が訪れた場所が詳細に報じられました。しかし、訪問先や男性の勤務先が中傷を受けることはなかったそうです。むしろ、この男性が治療を終えて退院したことが大きく報じられ、明るい話題になったくらいです」(イタリア現地紙記者)

 そうした報道ができるのも、イタリアにはもともと差別をしない文化が根付いているからだという。イタリア在住のジャーナリスト・新津隆夫さんは次のように語る。

「イタリアの『プロント・ソッコルソ』という救急病院は、保険証を持っていない外国人や、難民・移民なども、無料で受け入れています。国籍に関係なく、大変なときはみんなが助け合おうという意識が普段から強いのです。

 コロナに関しても、日本と違い“国内における外国人の感染者数”は公表されていません。他国では“アジア人というだけでののしられた”といった報道がありましたが、イタリアではそうした差別は聞いたことがありません」

◆ボランティアの文化が定着

 イタリアでは医療従事者は差別を受けるどころか、「英雄」として扱われるという。さらに、多くの民間人がボランティアとして病院を支え、医療従事者の手助けをする。人口約6000万人のイタリアでは、550万もの人が、普段からボランティア活動をしているという。

 イタリア在住のライター・田島麻美さんは言う。

「コロナ禍に際しても、70万を超える人がボランティアとして力を貸したそうです。さらに、イタリアでは、国内初の感染者が確認された2月20日が『白衣の日』という記念日として制定されました。犠牲者をしのび、医療従事者やボランティアなど命がけでコロナに立ち向かった人々をたたえる日です」

 イタリアでは国を挙げ、医療の最前線にいる人に感謝を示しているのだ。

 また、公のボランティアだけでなく、市民が自然発生的に助け合いをする例も各地で見られる。田島さんは自宅マンションで「買い出し代行」の張り紙を見たという。

「コロナが流行りだしたとき、“買い出しや薬の受け取りが必要なかたがいたら、代わりに行きます”と書かれた紙が貼られました。それは“お年寄りが買い出しに行けずに困っているのではないか”と思った男性が自発的に貼ったものでした。危機的状況に陥ったときのイタリア人は、躊躇せずに自分が正しいと思ったことを実行するんです」(田島さん)

 ロックダウン後も働き続けるスーパーや薬局の店員に、「ありがとう」と声をかける人が増えたという。子供たちが店員に、お礼の手紙を書く光景も見られたそうだ。

「支払いを済ませたカゴいっぱいの食料品を、あえて持ち帰らずスーパーに置いていく人たちがいました。それは、“食べるのに困っている人がいたら、自由に持って行ってください”と、置かれたもの。イタリアでも、日雇い労働者をはじめ、コロナ禍で収入が激減した人がたくさんいますが、そのような人たちは大いに助けられたことでしょう」(新津さん)

 個人だけではなく企業も一丸となり、国難に立ち向かっている。

「テレビCMは、商品の宣伝が減り“コロナを乗り切ろう”と鼓舞するCMが増えました。医療関係者の奮闘を伝えるドキュメント映像もよく流れています。女性や子供に向けたDV被害者のためのコールセンターのCMも多く、“ひとりじゃないよ”と呼びかけるCMが増えた印象です」(イタリア在住のライター・大平美智子さん)

◆あちこちに貼られた「なんとかなるよ」

 いまのイタリアは日本のように徐々に活動制限が解除され、「新しい生活様式」を受け入れている。「挨拶がわりにハグやキスをすることが当たり前だったイタリア人が、いまではハグやキスをしない、手を握らないといったことをすっかり定着させている」(大平さん)という。

 スペイン風邪の流行といった歴史的教訓から感染症には敏感なイタリア人だが、遠い中国の街で発生したウイルスが突然自分たちを襲うとは誰も予期していなかった。しかし、次々と死者が出て、コロナの恐ろしさに気づくやいなや、人々は行動を一変させた。

「やたらと人とくっついてワイワイやるのが当たり前だったイタリア人の日常生活は、大きな変化を余儀なくされました。それでも、“命よりも大切なものはない”と冷静に変化を受け入れるイタリア人の切り替えの早さには脱帽しました」(田島さん)

 北部の都市・ミラノでは「Tutto andra bene(なんとかなるよ)」と書かれた張り紙が、街のあちこちに貼られたという。

「イタリア人は、つらいときこそ弱みを見せません。普段は感情的ですぐ怒ることもありますが、切羽詰まったときほど、取り乱さず空元気でも余裕を見せる。“泣いたら負け、怒ったら負け”という感覚が、張り紙につながったのでしょう」(新津さん)

 ユダヤ系イタリア人の親子が主人公の映画『ライフ・イズ・ビューティフル』では、ナチスにより強制収容所に入れられても、息子を怖がらせないためにずっと冗談を言い続ける父の姿が描かれる。過酷な状況下でも楽観的でポジティブな気持ちを忘れないイタリア人の気質も、コロナ対策の大事な要素かもしれない。

 日本は感染者数、死亡者数ともにイタリアに比べてずっと少ない。しかし、互いが監視し合うような空気が、閉塞的なムードを重くさせている。

 日本で感染者が出始めた当初は「感染者の職場や訪問先は非公表」という対応が多く、不安の声が広がった。しかし、「差別や中傷をしない」という意識が日本社会の根底にあれば、最初から対応は変わっていたかもしれない。

 イタリアのように、隣人を思いやり、前向きに生きる。それが、自分の心身を守ることにもつながるはずだ。

※女性セブン2020年6月18日号

関連記事(外部サイト)