小池都知事の学歴詐称疑惑、エジプト政府との関係でも重要

小池都知事の学歴詐称疑惑、エジプト政府との関係でも重要

学歴詐称疑惑が再燃(時事通信フォト)

 東京都知事選の告示(6月18日)を目前に控え、小池百合子・東京都知事(67才)の動向が新型コロナウイルス対策以外で注目されている。いわゆる“学歴詐称問題”だ。一冊のノンフィクション作品がきっかけで再燃した疑惑──。国際ジャーナリスト・山田敏弘氏が真相に迫る。

 * * *
 その本の帯には《救世主か?“怪物”か?彼女の真実の姿。》と書かれてある。

 5月末に発売された『女帝 小池百合子』(文藝春秋刊)。作家の石井妙子氏が、3年半にわたって小池百合子・東京都知事の半生を取材し、まとめたノンフィクションだ。

 小池知事は1971年に19才で単身、エジプトの首都カイロにわたり、名門カイロ大学に入学。1976年に「首席」で卒業したという。その後はニュース番組のキャスターを経て政界入りし、2016年からは女性初の都知事となり、“次の総理候補”とまでいわれるようになった。

 この本では、特に小池知事の学歴にスポットを当てている。“カイロ大学卒業が虚偽ではないか”と指摘しているのである。

 もし虚偽ならば、公人である小池知事は公職選挙法違反(虚偽事項公表罪)に問われる可能性も出てくるから、ただの嘘では済まされない。

『女帝』が指摘する最大の根拠は、当時、カイロで小池知事と同居していたことがあるという女性の独白だ。

 この同居女性の主張をまとめると、こうだ。小池知事は、高度なアラビア語が不可欠となるカイロ大学にエジプト人有力者のコネで入学。だがアラビア語がまったくできず、大学の授業でアラビア語の手助けをしてもらうために日本人留学生と結婚するも、すぐに離婚。結局、その後に一時帰国した日本で「カイロ大学卒業」という嘘の学歴をメディアに売り込んだと同居女性は小池知事本人から聞かされた──。

 実は筆者も小池知事の学歴詐称疑惑を調べるために2017年にカイロで現地取材を行っている。

 留学当時の小池知事を知る日本人やエジプト人は、彼女に卒業できるアラビア語能力はなかったと一様に口を揃えた。日本人として初めてカイロ大学を卒業した小笠原良治・大東文化大学元名誉教授をはじめ、カイロ時代の小池知事と交流があった人たちには「カイロ大学を卒業できる能力はなかった」とはっきりと述べる者も少なくない。

『女帝』によれば、カイロ時代の同居女性はこれまで40年以上も口を閉ざしてきた理由を、「小池さんと同居していたものとして知っている事実を口にするには、彼女はあまりにも有名で、国民に知らされている情報を覆すことは、私自身の身の安全を考慮してもできませんでした」と吐露。その上で、「カイロ大学は1976年の進級試験に合格できず、従って卒業はしていません」と語っている。

 小池知事は帰国後すぐに、カイロでの学生生活を仔細にまとめた著作『振り袖、ピラミッドを登る』(講談社刊)を出版している。だがそこには事実関係の矛盾や嘘が入り交じっているという指摘はかねてからあった。

結婚生活など小池知事のカイロ時代を語る上で欠かせない情報は一切言及されていない。そうした実態を知ると、これまで彼女の学歴詐称疑惑が繰り返し議論になるのも仕方がないとも思える。

 本人もそれを自覚してか、2016年に都知事選に出馬した際、一度だけフジテレビのテレビ番組で卒業証明書を判読できる形で公開したことがある。

 だが、証明書に書かれた文言や日付、スタンプなどにおかしな点があると検証されており、卒業証明書を不正に入手したのではないかとの疑念すら出ている。

◆日本のメディアに卒業証明書を配った

 数年にわたって議論されてきた小池知事の学歴詐称疑惑。ここで筆者はひとつの結論を出したい。彼女は学歴詐称をしていない、と。いや、学歴詐称を証明するのは難しい、と言った方がいいかもしれない。

 前述したように筆者はカイロで現地取材をした際、カイロ大学の日本メディア窓口である、文学部日本語学科長のアーデル・アミン・サーレ教授と接触。学内にある卒業者の記録書を調べてもらったところ、彼は「小池さんは首席ではないごく普通の成績ですが、1976年に間違いなく卒業している」と、断言した。

 そして今回も改めてカイロ大学側に接触し、大学の広報による正式な見解を文書で受け取った。そこにはこう書かれている。

《1952年7月15日生まれの小池百合子氏は、カイロ大学のエジプト人または外国人に対する規則に従い、1976年にカイロ大学文学部社会学科の学士を取得したことを、ここに表明します。同氏は、自国で高職を得て、高く評価できる卒業生の一人であることを、カイロ大学として評価しています》

 またこれまでの学歴詐称疑惑に関する記事については、《カイロ大学の卒業生の一人である小池百合子氏についての疑念を断固として拒否》し、《間違った情報を発信されたことについて強い遺憾を表します》と続けた。

 大学側が卒業をこのように認めている以上、それを覆すのは難しいのではないか。

 さらに言えば、2016年に小池知事が初の女性都知事として当選した際に、カイロ大学のガーベル・ガード・ナッサール学長(当時)が地元のテレビ番組に出演し、「カイロ大学文学部社会学科の卒業生である小池知事を誇りに思う」と発言していた映像も存在する。

 肝心の学力はどうか。当時の彼女の語学力では卒業が困難であることは誰もが認めるところだ。

 留学時の小池知事を知る人物が語る。

「小池さんの父親は石油商で、彼の人脈で知り合った元エジプト情報相のアブデル・カーディ・ハーティム氏というエジプト人有力者のおかげで、ホームステイ先やカイロ大学への推薦書なども手配できたといわれています。当時のエジプトはカネとコネの世界ですから、彼女の人脈は大きな武器となったことでしょう」

 あるカイロ大学の関係者はこんな話を打ち明ける。

「ナッサール前学長は現職中(2013〜2017年)に、小池氏の学歴詐称疑惑を問い合わせてくる日本人の記者には、小池氏の卒業証明書を惜しみなく提供する方針だった。現学長になってからプライバシー保護の観点から個人情報を提供しなくなったが、当時は相当数配ったから、日本のメディア関係者には小池氏の卒業証明書のコピーを持っている人がたくさんいるはずだ」

 つまり、“物証”はあるということ。

 ただし、大学側の見解や物証が出ても、『女帝』に登場する同居女性の告発や、エジプトではかつてコネやカネで卒業証明書などを購入できたという情報もあり、学歴詐称疑惑が完全に払拭されたわけではない。

 この疑惑は小池知事が改めて卒業証明書を公開し、その上で、正々堂々と疑惑を追及しているメディアの取材を受けてその正当性を証明すれば済む話である。前出の大学関係者は、「この問題はエジプト政府の高官レベルでも話題になっている。日本政府などが絡んで大きな騒ぎになると、在エジプト日本国大使館が動いて調べるなど、エジプト政府との関係でも大事になる」とも語る。

 2期目を目指す現職都知事は自らの身の潔白を説明する責任があるのではないか。さもないと、この不毛な議論がいつまでも止むことはないだろう。

※女性セブン2020年6月25日号

関連記事(外部サイト)