安倍首相バラ色発言「コロナに打ち勝った証として五輪を」他

安倍首相バラ色発言「コロナに打ち勝った証として五輪を」他

無責任発言を検証(時事通信フォト)

 新型コロナに関して安倍晋三首相は計8回、総時間460分、国民に向けて会見を開いたが、振り返れば「虚言」「詭弁」「責任逃れ」ばかり。それを検証する。

 事態が緊迫する中、3月28日、3回目の首相会見が行なわれた。東京の累計感染者数は3000人に迫り、小池百合子都知事は「オーバーシュートの危険が高まっている」と夜間・休日の外出自粛要請に踏み切っていた。東京五輪の延期も決まった。

「ひとたび爆発的な感染拡大が発生すると、欧米の例から試算するとわずか2週間で感染者が今の30倍以上に跳ね上がる。そうなれば(中略)我々の戦略が一気に崩れる」

 首相は危機感を露わにした。急務なのは経済対策だった。

 景気は大きく冷え込み、休業や失業がどんどん増えていた。官邸では自営業者から大企業経営者まで各分野の代表者を呼んで経済への影響に関する集中ヒアリングを終えたばかり。

「昨日まで7回にわたり、現場の声、地域の声を直接、伺ってまいりました。活動の自粛などに伴って、日本経済全体にわたって極めて甚大な影響が生じています。来月のバス予約は前年比で9割減、航空業界もすでに年間の営業利益が全て吹っ飛ぶぐらいの減収となっています。宿泊や飲食といった業界でも売り上げが8割、9割減ったところも多い。音楽業界ではイベントが中止となり、売り上げゼロどころかマイナスだという話もありました」

 自粛要請で経済の悲惨な実情を知らされた首相が、どんな対策を打ち出すかが注目された。ところが、次の言葉に国民はのけぞった。

「先行きが見通せない中で、中小・小規模事業者の皆さんからは、正に死活問題であるとの悲痛な声がある一方で、歯を食いしばって、この試練を耐え抜くよう頑張っていくという決意も伺うことができました」

“まだ耐えられますね”と受け止めていたのだ。

 そんな認識だから、対策を発表するときも言葉だけが踊ってしまう。「前例のない中小・小規模事業者支援」「思い切った生活のための給付」と誇張された表現を続けてからこうぶち上げた。

「感染の拡大が抑制され、社会的な不安が払拭された段階では一気に日本経済をV字回復させていく」

 1年延期された東京五輪についても“バラ色”の言い方をした。

「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証として、国民の皆様と共に来年のオリンピック・パラリンピックを必ずや成功させていきたい」

 だが、これがいかに無責任な言葉だったか。この日の会見での記者との質疑応答で感染終息の見通しをこう語ったことからもわかる。

「オリンピックを遅くとも来年の夏までに開催するということで、バッハ会長と合意をしました。先般、G20共同声明において、この決断を称賛すると強い支持が表明されたところでありますが、ではいつこのコロナとの闘いが終わるのか、終息するのか。現時点で答えられる世界の首脳は一人もいないのだろうと。私もそうです。答えることは残念ながらできません」

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連記事(外部サイト)