藤井聡太七段 将棋界の未来を懸けた「超過密日程」の影響

藤井聡太七段 将棋界の未来を懸けた「超過密日程」の影響

藤井七段 超過密日程の影響

藤井聡太七段 将棋界の未来を懸けた「超過密日程」の影響

初タイトル獲得を目指す

 6月8日の棋聖戦5番勝負第1局で、藤井聡太七段(17)が10時間を超える死闘の末に渡辺明棋聖(36)を破り、好スタートを切った。17歳10か月20日でのタイトル挑戦では、これまでの最年少記録を「4日」更新。31年ぶりとなる新記録に勝利で花を添えた。

 両者ともに集中力を高めるためか、対局終盤でマスクを外し、息詰まる大熱戦となった。実は藤井七段の最年少記録更新への“難敵”となったのが新型コロナの感染拡大だった。観戦記者が語る。

将棋連盟は4月11日以降、100km以上の移動を伴う対局を休止、延期した。対局の多くが東京と大阪の将棋会館で行なわれるため、愛知県在住の藤井七段は4月10日の王位戦挑戦者決定リーグ(大阪)後、対局ができなかった」

 棋聖戦の日程への影響も大きかった。

「藤井七段が棋聖戦の挑戦者決定トーナメントを勝ち抜き、最年少でのタイトル挑戦を達成するには、6月11日までに5番勝負を開幕する必要があった。非常事態宣言解除後、6月2日に準決勝、同4日に決勝を行ない、中3日で5番勝負突入という超過密スケジュールになったのは、記録達成の“アシスト”でしょう」(前出・観戦記者)

 将棋ライターの松本博文氏もこう話す。

「挑戦者決定から中3日で5番勝負を行なうのは異例中の異例。暗い話題の多い将棋界で、藤井七段の記録達成は関係者や多くのファンが期待している。将棋連盟としては藤井人気を追い風とし、新たな将棋ファンとタイトル戦を支えるスポンサーを獲得したいという思惑があるのでしょう。いずれにせよ、この過密スケジュールの中で勝ち進んでいく彼の実力には驚くばかりです。タイトル獲得の最年少記録更新にも期待が高まります」

 コロナの影響で対局や観戦にも変化が見られた。

「藤井七段の対局はネットテレビが中継し、終局後の記者会見も質問者と離れリモートで行なわれている。今後、記録係はAIシステムを導入する方向ですし、将来的には東西の会館での“遠隔対局”や藤井七段が愛知にいるままの状態で東京や大阪の棋士と対戦するということもあり得るかもしれない」(松本氏)

 藤井七段の活躍とともに、“新しい将棋界様式”が生まれそうだ。

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連記事(外部サイト)