コロナによる「間質性肺炎」 早期で肺全体に損傷、治療困難

コロナによる「間質性肺炎」 早期で肺全体に損傷、治療困難

肺炎患者の肺のCTスキャン画像。上が肺胞性肺炎、下が新型コロナ肺炎(間質性肺炎)。新型コロナ肺炎では、両方の肺全体に白い影が広がる(写真/GettyImages、時事通信社)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、注目度が高まるのが「肺炎」だ。実は一口に肺炎といってもさまざまな種類があり、起こる場所によって「肺胞性肺炎」「間質性肺炎」の2つに大別される。

 単に「肺炎」という場合、前者の「肺胞性肺炎」を指すことが多い。ウイルスや、マイコプラズマなどの細菌、食べ物や飲み物が気管に入る誤嚥などによって、肺胞の内側が炎症を起こす。特に高齢者がかかりやすいのは「肺炎球菌」という細菌が原因のものだが、ワクチンで予防が可能だ。また、細菌による肺胞性肺炎は、抗生物質によって治る場合もある。医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんが説明する。

「ただし、近年は『耐性菌』の問題が指摘されています。たとえばウイルス性の風邪は抗生物質では治せない。それなのに『念のため』といって処方する医師がいまだにいる。やたらと抗生物質をのむことで、薬が効かない菌が増えつつあります。そうなると治療の幅が狭まってしまうのです」

 つまり“念のため”が後々命取りになるかもしれないのだ。いざというときに困らないよう、ふだんから抗生物質の濫用には気を払いたい。

 一方、「間質性肺炎」は、肺胞の周囲にある組織である「間質」が炎症を起こす病態だ。新型コロナウイルスで起きる肺炎はこのタイプであることが多いほか、膠原病などの自己免疫疾患、アレルギー、金属やアスベスト(石綿)などの粉塵を吸い込んだことによるものなどが知られている。それ以外にも原因不明の「特発性間質性肺炎」も多発している。

 肺の炎症は肺胞の壁を厚く硬くし、酸素を取り込みにくくする。一度硬くなってしまった部分は、残念ながら元通りになることはない。

 また、肺胞性よりも間質性肺炎の方が重症化しやすく、苦痛が大きいという特徴があるという。

「間質性肺炎は、本来はウイルスや細菌などの異物だけを攻撃するはずの免疫システムが過剰に活動して、その周囲の正常な細胞も攻撃して傷つけてしまうことが大きな原因です。

 肺の一部に炎症が起こる肺胞性肺炎と違い、早期の段階から肺全体にくまなくダメージが与えられることに特徴がある。当然、治療も難しくなります」(上さん)

 新型コロナが引き起こす肺炎では、この「免疫暴走(サイトカインストーム)」による重症化が指摘されている。

「ひどい場合は肺に深刻なダメージを与え、呼吸不全に陥らせることもある。幸いにして生還できた場合も後遺症が残り、肺にハチの巣状の穴があいていたという複数のケースがWHOに報告されています」(医療ジャーナリスト)

 海外では、さらに恐ろしい症例が挙げられている。

「欧米では、新型コロナに感染した子供の中に、発熱や発疹、腹痛などを患う川崎病に類似する症状になったとの報告が相次いでいます。川崎病は全身の血管に炎症を引き起こす疾患で、新型コロナが発症してから数週間後に重篤な症状が出ています。つまりウイルスが死んだ後に起こっており、ウイルス自体の攻撃ではなく、それと闘うための免疫が過剰反応して自らを傷つけていると考えられます」(上さん・以下同)

 ウイルスの攻撃だけでなく、自らを守るはずの免疫が牙をむくこともある。特に新型コロナについては未解明のことが多く、今後も注視が必要だ。一見、関係なさそうなことでも肺に異変が起きていることがある。その一因が心臓疾患だ。

「心臓のポンプ機能が低下し、血液を全身に送り出せなくなる病気である心不全になると、肺の間質に水がたまり、肺水腫という状態になることがあります。肺が水浸しになるわけで、やはり水に溺れているかのように呼吸が苦しくなり、非常につらい病気です」

 なかには「死ぬより苦しい」と形容した患者もいるというから恐怖に身も凍る。

※女性セブン2020年6月25日号

関連記事(外部サイト)