ネット中傷 「依存症」だけでなく煽って稼ぐ業者も跋扈する

「やめたいのにやめられない」ネット中傷を続ける女性が告白 中傷煽り稼ぐ業者も

記事まとめ

  • ネット中傷を続ける40代女性が「やめたいのにやめられない」と告白し反響を呼んだ
  • 「あの女がいる限りやめられない」「有名人はSNSやらなきゃいい」と女性は語る
  • まとめサイトやトレンドブログなど、ネット中傷を煽り金を稼ぐ業者も跋扈している

ネット中傷 「依存症」だけでなく煽って稼ぐ業者も跋扈する

ネット中傷 「依存症」だけでなく煽って稼ぐ業者も跋扈する

悪いことだと分かっているがSNSを、ネット中傷をやめられない

「やめたいのにやめられない」と特定の人物へのネット中傷を続ける40代女性の告白は、大きな反響を巻き起こした。彼女は、自分の発言への反応を見て「あの女」へのこだわりに何か変化があったのだろうか。仕事や人生がいまひとつうまくいかないと鬱屈する団塊ジュニアやポスト団塊ジュニアを「しくじり世代」と名付けた俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、自分の告白の反響を受け止めた女性の現在と、一筋縄でいかないネット中傷の存在についてレポートする。

 * * *
「ネットの反応はわかってました。そりゃそうですよ。私も最初からわかってますし」

 電話口のチューミンさん(仮名・ハンドルネームとも関係なし・40代)は元気そうだった。声もあいかわらず可愛い。私はSNSの誹謗中傷の実態を知るため彼女に話を聞いた。彼女はとある有名人をネットで非難することに執着していて、それがやめられないと話す女性だ。彼女の告白記事に対する反応は様々だったが、予想通り否定的なものばかりだった。私はネガティブな内容の場合は親しい対象とよく煮詰めた上での取材が多いため、とある会社の紹介とはいえ彼女のようなまったくの他人を扱うことは少ない。だから非常に心配したというか、反応が怖かった部分もあることを正直に話した。

「気にしないでください。私はやめたいとは思ってるわけで、これが悪いこともわかってます」

 SNSの誹謗中傷を5年以上も続け、もうやめたがっている彼女。否定的な反応も意に介してはいいない。そもそも彼女も最初から誹謗中傷が悪いことはわかっているので世間の反応に怒ることはなかった。そして彼女は電話で話す限りは礼儀正しい女性だ。ただし、

「中傷をしなきゃいけないように仕向けてるのはあの女ですし」

 これさえなければ――というエクスキューズはつくが。で、いまも「あの女」に執着しているのか。

「もちろんです。あの女がいる限りやめられないのがつらいです。あの女が先に消えればいいのに。ほんと図太いブスですよ」

 彼女がその有名人を語る時は「あの女」としているが、これは本稿における便宜上のもので実際は実名(ペンネーム)だ。「あの女」を語る時、チューミンさんの口調は早口で乱暴なものとなる。

「私だけならわかるんです。やっぱ私がおかしいのかなって。でもあの女の場合はアンチだらけで叩いてるのは私だけじゃない。つまりあの女が悪いんですね」

 チューミンさんのアンチっぷりにブレはない。確かに検索してみると、驚くほど多くのアカウントがこぞって「あの女」に対する非難を今も繰り返している、誹謗中傷が社会問題となり、訴訟の準備や実際の行使を宣言する有名人が増えているにも関わらず、そんなの気にせず大量の批判と中傷のリプを飛ばしまくっている。というか「あの女」に限らず、「その女」も「この女」も、「あの男」も、ありとあらゆるアカウントがあちこちで攻撃を受け、今現在も炎上している。あの日、女子プロレスラーの女の子がそういった行為の積み重ねの果てに死んでしまったというのに、それとこれとは関係ないとばかりに誹謗中傷が繰り返されている。そのことをチューミンさんに聞いてみると、

「しょうがないですよ。気に入らない人間が勝手が見つかっちゃうシステムというか、どんどんお勧めされちゃうんですから」

 面白いことを言ってくれた。なるほど、いわば自分のための中傷候補リストが次から次へと、回転寿司のように回ってくるようなものか。確かに検索はもちろん、トレンドやリツイートで興味のないもの、知らないものでも回ってくる。それが気に入らなければ気軽に攻撃メンバーの仲間入りを果たせる。しかし訴えられるかもしれないわけでそのことを指摘すると、チューミンさんに笑われてしまった。

「日野さん、あの女がそんなことしても、私たち一般人なんてたいしたことないですよ。しょせん民事ですし、いままでいろんな一般人が訴えられてもなんでもなかったでしょ」

 確かにそうだ。これまで多くの有名人がネットの誹謗中傷で裁判を起こしたが、その被告が広く晒されることなどほとんどなかった。現状は民事の微罪でしかないネット中傷、そもそも裁判で決着がつくことのほうが珍しいくらいだ。警察が動いたって生命・身体に危害を加えられなければ不起訴の可能性がほとんどだし、動いてくれるかどうかもあやしい。私も身近にネット絡みの中傷で訴えられた男性を知っているが、Facebookを見る限りいまも元気に会社勤めで妻や子どもと家族旅行を楽しんでいたりする。ましてや彼の場合、訴えてきた相手が有名人ではなかったので報道すらされない。その賠償金額もわずかなもので、彼からすればスピード違反の罰金感覚だろう。サラリーマン以上にしがらみの少ない市井の自営や無職なら無視したって構わないかもしれない。これでは被害者も裁判なんか嫌になってしまうだろう。有名人はずっと微罪であってもついてまわるが、悪意の一般人(善意の一般人はもちろんそんなことしない)にしてみればやったもん勝ちの世界だ。

「私はコルセンのバイトですし、あの女ほど失う立場なんか無いですもん」

 これを承知のチューミンさんはある意味、確信犯か。

◆そもそも有名人はSNSやらなきゃいい

 国公立大学卒業後、いろいろあってチューミンさんはコールセンターのアルバイトをしている。世間に知れ渡るような刑事罰を受けるならともかく、民事の訴訟でバイトがどうにかなるものでもあるまいし、万が一どうにかなっても都下のワンルームで気楽な独身暮らし、別を探せばいいだけだ。実名でSNSをやらざるを得ない有名人にはひどく不利な現状だが、その辺を話すと、チューミンさんは「うーん」と声に出した後、

「カネ目当てにステマや炎上で目立つほうが悪いし、そもそも有名人はやらなきゃいいんじゃない?」

 と続けた。このセリフ、ずいぶんと昔に古参のネットマニアからも同じようなことを聞かされた覚えがある。彼曰く「匿名一般人の集まりだったネット界隈に、実名顔出しの有名人が後からカネ目当てに入ってきたんだからリスクは当然でしょ」とのことだったが、言いたいことはわからなくもない。パソ通まで遡れば違うが、基本的に日本のインターネットは匿名文化だった。むしろ「リア充」にはバカにされる世界だった。それがマネタイズとスマホの普及で広く浸透して今日に至る。ことSNSは実名こそ少数派で、有名人だろうが、リアルで力があろうが同一ツール内では平等。この根本的なネットに対する捉え方の齟齬が、両者いまだに平行線のまま続いているように思う。

「やめようとは思ってますよ。これは前から何度も言ってますが本当です。とてもつらいし時間の無駄です。SNSなんて別に好きじゃないし、インターネットにも興味ないですから」

 言われてみればそうだ。チューミンさんがネットを始めたのは遅い。いまもSNS以外、というか「あの女」叩き以外で彼女がのめり込んでいるネットコンテンツはない。被害者には腹立たしいかもしれないが、中傷側からすれば誹謗中傷もコンテンツ、アプリと変わらないのかもしれない。

「日野さんの仰るとおり、嫌いな赤の他人のために自分の将来とか、時間を使うのはもったいないですし」

 チューミンさんは小学校の先生を目指している。深刻な教師不足と積極的な社会人採用によって間口は広くなり、中高年の新人教師も珍しくなくなったとは言っても、新卒の若手に比べれば残された時間は少ない。勉強のできるチューミンさんでもネット中傷などにかまけている暇はないし、本人もそれをわかっている。ちなみにどんな先生になりたいのか。

「時間とか挨拶とかきっちりと守れる子どもにしてあげたいですね。あと勉強も。マナーと学力が大切だと思ってます。私は教え好きなんで、一人一人に向き合いたいです」

 彼女は氷河期世代の女性として紆余曲折を経て今に至る。あの時代、国公立大学にストレートは優秀だっただろうし、ネット中傷さえなければ普通の女性だろう。しかしスマホを持っている限りSNSから離れることはできず、普通ではなくなる。スマホにせよ、ガラケーにせよSNSは出来るし通信手段を持たないことは社会人として不可能だ。ソシャゲ中毒もそうだが、アル中やギャンブルといった旧来の依存症とは別のベクトルでやっかいだ。

 あとはチューミンさんが教員免許取得のために履修しようとしている通信制大学についての話となった。私は通信制大学を都合3校卒業、修了しているので相談に乗った。国公立大学卒の優秀なチューミンさんだが、教免目当ての場合は大学のネームバリューや偏差値は気にしないことや、おすすめの大学も紹介した。これで彼女自身の道だけを歩んでくれるといいのだが。もちろん医師に相談することもさりげなく勧めたが、気乗りはしないようだ。確かに現状、SNSのネット中傷がやめられないという相談を専門的に見てくれる病院が少ないことは確かだろう。

◆ネット中傷を煽り、ときには自作自演する業者の存在

 これは彼女との会話の中でも出たが、ネット中傷を義憤や批判、出来心や遊び半分といった認識ではなく「依存症」として見なすことも検討してはどうか。買い物依存やゲーム依存と同様に、「ネット中傷依存」とも言うべき病理として捉えてもおかしくないほどに、SNSにおける過度の誹謗中傷者は病的だ。彼らは深く考えないまま誹謗中傷をしているのではなく、深く考えてネット中傷を繰り返している。そしてやめられない。やめたいのにやめられないので繰り返す。ある芸能人を執拗に叩いていた男は、警察の取り調べから解放されてすぐにまた中傷を書き込んでいる。ストーカーとも似ているが少し違うような気がする。ことさらに何でも依存症としてしまうのは危険だし、私のような素人がジャッジできる代物でもないが、ネット中傷を依存症として精神医学、心療内科の分野からアプローチしてみることは無駄ではないように思う。

 また仮に依存症とするならネットリテラシーのみならず、さらに踏み込んだ法的規制もやむなしと考える。「言論の自由に対する政府介入」と難色を示す向きもあるが、あの女子プロレスラーの女の子に向けられた罵詈雑言を言論とは呼ばないし、許される自由でもないだろう。私の旧知のグラビアモデルや女性声優も、かつて某匿名掲示板で過酷な叩きに遭った。ブログで言い返すグラビアアイドル、泣き寝入りの女性声優、前者は掲示板の書き込みのせいで当時通っていた学校にまで嫌がらせが来て、女性声優はブスだキモいだのと書き込まれ続けて共に病んだ。すでに両者とも引退したが、私は今以上に野放しで警察どころか弁護士、いや社会すら相手にしてくれなかった時代を知っている。

 それでもあの時代、あの悪名高い某匿名掲示板は「見なければいい」「相手にしなければいい」が通用した。それとて許せるものではないが、妬みや嫉みといった人間の闇そのものは仕方のない話で、社会的地位など皆無のイリーガルな掲示板など無視すればいい。リアルの被害に及べばさすがに警察も動く。

 しかしSNSは中傷を直接相手に飛ばすことができる。毎日どころか毎分、毎秒飛ばすことだってできる。アカウントを凍結されてもまた作ることが出来る。それどころか複数のアカウントの100や200は当たり前に持っていたりする。チューミンさんも多数持っているそうだ。法的な規制とともに、営利と効率を優先する運営側の姿勢も改めなければならないだろう。もはやSNSは情報インフラであり、公に対する責任を伴う立場になったことを認識すべきだ。あちこちの「あの女」に向いている銃口すべてが運営会社やスタッフに向くとも限らないことを肝に銘じるべきだ。

 またネット中傷を煽って金を稼ぐ連中も跋扈している。まとめサイトやトレンドブログだ。個人でやっているところが大半だが、それなりの規模の会社組織、システム会社やWEBデザイン事務所でやっているところもある。煽るどころか工作員をはした金で雇って自作自演を繰り返しているところもある。金儲けのためにSNSのアカウントを駆使して有名人にリプを飛ばして叩き、記事にする。クラウドソーシングの仲介屋にはそんなあやしい案件がいくらでも転がっていて、普通のサラリーマンや主婦がそんな小遣い稼ぎに手を染めている。私は以前から追い続けているが、思っていた以上に闇が深く一筋縄ではいかないことを痛感している。

 有名税など存在しないし、善悪はその場の空気で決まるものでもない。おそらくSNSはより強い法的な規制の下で、「それまでよりは安全だが不自由な世界」になってゆくだろう。規制といえば、自動車は1960年まで16歳でも軽自動車が運転できたし、排気量関係なくヘルメットも無しにバイクにも乗れた。道路交通法が施行された1960年以降の区分と規制の積み重ねが現在の免許制度である。これはモータリゼーションの進化と国民の運転意識(とくに交通戦争と呼ばれた時代)がもたらした結果である。インターネットもソーシャルネットワークの進化と国民のネット意識が、安全と引き換えの不自由をもたらす。この流れは止められないし、有名無名問わず、多数の被害者を救うためにはやむをえない。

 ネット中傷 ―― コロナという疫病により増幅した社会不安とむき出しの悪意。中傷という行動が習慣となり、やがて人格となり、依存から抜け出せないという「運命」に至る。重ねて法規制と病理か否かのアプローチが求められるし、いまも苦しんでいるネット中傷の被害者を救うための法制度と運営側の意識改革が必要だ。それが同時にチューミンさんのようなネット中傷依存に蝕まれた人々を救うことにもなるだろう。

●ひの・ひゃくそう/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で第14回日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。2019年7月『ドキュメント しくじり世代』(第三書館)でノンフィクション作家としてデビュー。12月『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)を上梓。

関連記事(外部サイト)