「世界で2番目に頭がいい人間」他、天才が遭遇する苦労

「世界で2番目に頭がいい人間」他、天才が遭遇する苦労

世界で最も若くして大学院へ進学したローラン・シモンズ君(写真/アフロ)

 持って生まれた才能を生かし活躍する天才に対して“天賦の才があれば、人生は思うがままじゃないか”と考える人もいるだろう。しかし、高すぎる知能によって苦労を重ねる天才も多い。192という高いIQを持ち「世界で2番目に頭がいい人間」と呼ばれた米カリフォルニアのリック・ロズナー氏(60才)は、悩みの多い人生を送ってきたという。

 ロズナー氏は幼少期から、自分が社交性に欠けることに悩んでいた。しかし、IQテストで好結果を出して以来、“自分もアインシュタインのようになれるかもしれない”と希望が芽生え、IQテストを受け続けたという。

「しかしある日突然“IQテストの結果がいくらよくても、優秀な人間にはなれない。こんなテストに何千時間も費やすなんてバカだ”と悟り、テストを受けることをやめたそうです。

 高校に入学する頃には、“勉強ができても、自分は女の子とつきあえない物理オタク”と気づき、絶望的な気持ちに陥ったそう。それからはモテたい一心で筋トレに励み、男性ストリッパーやヌードモデルなどの仕事を転々とし、いまでは喜劇作家を生業にしているそうです」(海外メディア関係者・以下同)

“モテる”ために幾多の努力を続けたロズナー氏だったが、物理への関心は消えず、気づけば宇宙の真理に思いを馳せていたという。

「彼の探究心の深さはすさまじく、“プロレス技の『スリーパー・ホールド』をかけるときに、どうすれば正しく頸動脈を押さえられるか”の答えを出すために30年かかったと発言しています。ロズナーさんはそんな自分を『バカ』だと評し、どんな天才も“ただの肉でできた生き物に過ぎない”と口にしていたそうです」

 ロズナー氏のような行動は、凡人にとって理解し難いものかもしれない。しかし、彼ら天才からすれば「周囲が自分に追いつかない」こともまた、苦労の原因だろう。

 画家のゴッホも、生前はその才能が評価されず生計が立てられなかったが、死後になってようやく作品が高値で売買されるようになった。

 今年4月、京都大学の望月新一教授によって、現代数学で最も難解とされる「ABC予想」が証明された。しかし、望月さんがそれを解いたのは、実は2012年のことだ。

「論文は600ページに及ぶ上、あまりに難解だったため、周囲が理解するのに長い時間がかかりました。その結果、望月さんが独力で構築した理論が数学界で認められるまで8年がかかったんです」(数学関係者)

◆発達障害の子供の才能に気づかない親も多い

 おおよそIQ130以上という高い知能や才能を生まれつき持つ人を「ギフテッド」と呼ぶ。その人数は諸説あるが「人口の約2〜5%」といわれる。全人口の約70%はIQ85〜115の間に収まるとされるので、ギフテッドがいかに高い知能を持つかがうかがえる。

 周囲に理解されない悩みは多くのギフテッドが通る道だという。米シリコンバレーにある「ヌエーバスクール(以下、ヌエーバ)」は、そんなギフテッドを対象にした学校。そのヌエーバで15年にわたって日本語を教えてきた、ギフテッド教育の専門家・川崎由起子さんは次のように語る。

「ギフテッドの子供は賢さから、普通の学校で目立つことが多いんです。学校の課題の漢字ドリルをすべて終えて提出したら、先生から“先に進みすぎているから消しましょう”と返された子もいました。そうしたことで学校がつまらなくなり、不登校になるギフテッドもいます」

 ヌエーバでは、社会から外れないように、“普通の人々”とどうつきあうかを教えるという。

「ギフテッドの子供たちは、自分が5分でできることを2日かかってもできない子がいると、不思議に感じます。しかしそれは、普通の子からしたら“嫌み”にも聞こえかねません。周囲とどのようにかかわるかを学ぶことが、彼らの生きやすさにつながり、才能を埋もれさせることなく生かすことにもなります」(川崎さん)

 才能を持つ子供への理解を深めることも、彼らを守ることにつながるだろう。才能教育の第一人者で、関西大学教授の松村暢隆さんはこう話す。

「ADHDなど発達障害を持つ子供たちの中には、その一方で特定の分野で非常に優れた才能を持つ子も多くいます。そうした子供は『2E』と呼ばれますが、日本では“才能がある”という意味だけの『ギフテッド』と混同されがちです」

 2Eの子供はその性質から、「才能を伸ばす才能教育」と「発達障害に応じる特別支援教育」が必要だという。しかし、日本では障害への支援ばかりが注目され、才能を伸ばすことは無視されやすい。「ギフテッド=障害がある子」と誤解する人も多い。そうした誤解から、親が子供の持っている才能に気づかないことも多いという。

「日本では発達障害の医学的基準はありますが、才能について公式の定義も基準もありません。公式の才能教育制度がないからです」(松村さん)

 発達障害を持ち特別支援学級に通っていたが、実は優れた才能を持つ2Eだったと、後になってわかった例もある。

「障害の有無にかかわらず、いろんな才能を持つ子供たちが一緒に学ぶ『インクルーシブ教育』が導入されるなど、日本でも少しずつ変化がみられています。そうしたなかで、才能を持つ子が才能を発揮しやすくなるのではないかと期待しています」(松村さん)

※女性セブン2020年6月25日号

関連記事(外部サイト)