「差別黙認は差別主義者!」ネットで多発する屁理屈の回避法

「差別黙認は差別主義者!」ネットで多発する屁理屈の回避法

言葉の暴力から、わが身を守る方法は?(写真/Getty Images)

 SNSでの誹謗中傷などでクローズアップされている“言葉の暴力”。これに対し、「SNSに限らず、マスメディアや国会答弁、実生活でのハラスメントなど、言葉の暴力は私たちの周りに溢れている」と語るのは『屁理屈に負けない! 悪意ある言葉から身を守る方法』(扶桑社)を上梓した慶應丸の内シティキャンパスの桑畑幸博氏。

「だからこそ、今の時代には悪意の言葉から身を守る方法を知っておく必要がある」と続ける桑畑氏が教える、論理学の観点から言葉の暴力を看破する方法とは?

拡大解釈で言い掛かりをつける「わら人形論法」

 言葉の暴力から身を守るには、「まず、あなたを攻撃してくる悪意の言葉が、いかに姑息で卑怯なテクニックを駆使した、相手にする価値もない言葉であるかを知るべき」と桑畑氏。その姑息なテクニックが「屁理屈」と呼ばれるものだ。

「屁理屈には実にさまざまな種類があり、知っておかないと気付かずに言い返せなかったり、傷ついてしまうリスクがあります。例えば、自営業者が『コロナ禍で生活が苦しい』と呟いただけで、『みんな頑張っているのに、自分勝手な奴!』と“自粛警察”が飛んできたりする。当人は経済的に苦しいという事実を伝えただけなのに、まるで自粛解除を要求する非国民のような扱いをする。このように誰かの言動を勝手に拡大解釈して、言ってもいないことを的にして攻撃する方法を『わら人形論法』と呼びます」

 拡大解釈により架空のわら人形をこしらえ、それをサンドバックにすることで優位に立とうとする実に卑怯なやり口だ。冷静に考えるとまったく見当違いな主張だが、相手がわら人形論法を使っていると気付かなければ、言いくるめられてしまう。

「さらに、この『わら人形論法』と大義名分に訴えかける『同情論証』を組み合わせると、非常に厄介な屁理屈が完成します。同情論証とは『差別をなくすために』とか『会社のためを思って』といった反論しにくい大義名分を掲げた上で暴論を展開するテクニックですが、『さすがにそれは乱暴な主張だ』と反論されたら、『差別を黙認する差別主義者だ!』『会社のことを考えない反乱分子だ!』とわら人形論法で攻撃する。誰にでもできる簡単かつ凶悪な言葉の暴力です」

拡大解釈で言い掛かりをつける「わら人形論法」

 屁理屈とは姑息なテクニックではあるが、知らなければ「なんか釈然としないけど、言い返せない……」と傷ついたり、マウントを取られたりする。だが、そのからくりさえ知っておけば、「あ、これは屁理屈だな。聞く価値ないな」とスルーできる。例えば、以下のような主張もそうだ。

“プロ野球のドラフトは個人の希望に関係なく球団が指名する。要は奴隷売買と一緒で、人権侵害である”

「ドラフトをミスコンに変えたバージョンもありますが、言うまでもなくドラフトと奴隷売買は一緒ではありません。そもそもプロ志望届は本人の意志で提出している。しかし、『球団側に指名権がある』という一点のみで『人身売買と同じだ!』と攻撃する。このように共通点がひとつあるからといって、それをまったく同じものだと主張するテクニックを『媒概念不周延の虚偽』と呼びます」

「アベはヒトラーと一緒だ!」とか「コロナウイルスをばらまく感染者はテロリストだ!」などの主張も同様に、媒概念不周延の虚偽を使った不正確で扇動的な主張だ。

「こうしたテクニックを知らないと、『そうかも……』と流されてしまうリスクがあります。まず、攻撃的な言葉に触れた場合、鵜呑みにするのではなく、『待てよ』と立ち止まってみることが大切。そして、冷静に考えると“単なる屁理屈=気にする価値のないつまらない主張”であることがほとんどだと気付くでしょう。そうやって言葉の暴力をスルーできるようになれば、声が大きいだけの攻撃的な人々の言葉がどうでもよくなり、もっと生きやすくなるはずですよ」

【Profile】
桑畑幸博氏●社会人ビジネススクールである「慶應丸の内シティキャンパス」シニアコンサルタント。2001年の立ち上げから参画し、これまで資生堂、カゴメ、ブリヂストンなど100社以上の一流企業、および多数の自治体で研修を手掛ける。新著に『屁理屈に負けない!――悪意ある言葉から身を守る方法』。

関連記事(外部サイト)