偏差値60以上、月額11万円の学生手当 防衛大とは何なのか

偏差値60以上、月額11万円の学生手当 防衛大とは何なのか

今年の卒業式での「帽子投げ」(時事通信フォト)

 コロナによる“軟禁状態”の影響もあってか、「連続脱走」「校内不審火」「自殺未遂」「賭けトランプ」「賭け麻雀」などの問題発生も報じられた防衛大学校(神奈川県横須賀市)は、学校教育法に基づく「大学」ではない。防衛省の施設等機関である「大学校」だ。ただし、大学評価・学位授与機構の認可を受けており、いわゆる「4年制大学」と同様に卒業後は学位が授与される。

 将来の幹部自衛官の養成を目的とし、学生は特別職国家公務員の「自衛隊員」となる。授業料は免除、衣食住は国費で賄われ、さらに「学生手当」として月額約11万円が支払われる。陸海空の幕僚長など自衛隊幹部には防衛大OBが名を連ね、いわゆる“士官学校”の位置づけだ。

 入試は「採用試験」となり、21歳未満(自衛官が受験する場合は23歳未満)などが条件だ。今年の受験要項によれば募集人員は約480人。そのうち女子の募集が約60人となっている。

「人文系も理工系も偏差値は60以上とされ、一般入試の倍率はおよそ10倍です。

 入学後は全寮制で、コロナがない通常時は朝6時にラッパの音とともに起床し、5分後には外で日朝点呼して乾布摩擦。授業がある教場には整列の上、行進して向かいます。また、授業とは別に訓練課程がある。1年生で東京湾内約8kmの遠泳訓練、複数人の手漕ぎで進む小型船『カッター』を操縦する訓練などがあり、気力、体力の向上も求められる」(防衛大関係者)

 総理大臣が参列する卒業式ではウエストポイント(米陸軍士官学校)に倣った「帽子投げ」が恒例で、卒業後は自衛官に任命される。幹部候補生学校での教育訓練を経て、最も下の階級である「2士」よりも8階級上の「3尉」から、自衛隊でのキャリアをスタートさせていく。

 近年は卒業後の「任官辞退」が増えているのが議論を呼んでいる。

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連記事(外部サイト)