「わが子のゲーム依存症」条例の類では防げないと考える理由

「わが子のゲーム依存症」条例の類では防げないと考える理由

規制するだけでは逆効果かもしれない

 子どもを取り巻く環境は様変わりしている。テクノロジーの進化は著しく、親世代の経験則がそのまま通用するとも限らない難しさもある。コラムニストのオバタカズユキ氏が考察する。

 * * *
 短絡的で浅はかな若者だ、としか言いようがないのだけれども、6月24日、宮城県仙台市の男子大学生(21)が、香川県のインターネット・ゲーム依存症対策条例(以下、ゲーム条例)の成立に主導的だった県議を脅迫した疑いで逮捕された。

 大学生は、4月22日、自民党の自称「真正保守」の大山一郎県議宛てに、「大山一郎ナイフでめった刺しにして殺す」とのメールを送信したという。逮捕した香川県警高松北署によると、「香川県のゲーム条例を廃止したいと思った」と話しているとか。だからといって、そんなメールを出したら犯罪になることぐらい、21歳にもなればわかって当然だが、頭のネジの飛んだ大学生が1人いたということだろう。苦笑するしかない事件である。

 幸いなことに、このニュースに対し、世間の反応はわりと冷静だ。「こういう自分の感情をコントロールできない若者をつくってしまうから、ゲームは怖い」といった、事件とゲーム依存を直接結びつける声はごくわずかしか見当たらない。それよりも、「脅迫という犯罪行為に走るのは、ゲーム規制推進派を利することになってしまう」という「心配」の声のほうが多かった。

 香川県のゲーム条例は今年の3月に県議会で成立したものだが、そこに至るまでのプロセスにおいて、県民や事業者から意見を募ったパブリックコメントを隠蔽、改竄したなど、問題点が指摘されてきた。また、内容についてもエビデンスに乏しいなど、いろいろと批判されてきた。

 ゲーム条例の目的は、〈ネット・ゲーム依存症対策を総合的かつ計画的に推進〉するというものなのだが、中身を具体的に見ていくと、たしかにこれはどうかなと首を傾げたくなるものも少なくない。

 その中でも「子どものスマートフォン使用等の制限」として定めた、以下の条項はいかがなものかと思う。

〈保護者は、前項の場合においては、子どもが睡眠時間を確保し、規則正しい生活習慣を身に付けられるよう、子どものネット・ゲーム依存症につながるようなコンピュータゲームの利用にあたっては、1日当たりの利用時間が60分まで(学校の休業日にあっては、90分まで)の時間を上限とすること及びスマートフォン等の使用に当っては、義務教育修了前の子どもについては午後9時までに、それ以外の子供については午後10時までに使用をやめることを基準とするとともに、前項のルールを順守させるよう努めなければならない〉

「前項のルール」というのは、スマホ等使用に関して家庭内でつくるルールのことを指すのだが、だったら平日の上限が60分で、休日は90分とか、細かなルールを条例でわざわざ明記する理由がわからない。なぜ家庭内の話に行政が口出しをするのか。60分、90分という基準が、ゲーム依存症にならないための重要な線引きであるといった科学的根拠に乏しいという批判もある。

 また、1日60分だけ集中して遊んで、時間が来たらピシッとやめて、勉強なり他の課外活動なりに切り替えるといった「健やかな」な若者像を押しつけている感じがする。私はこの点がとても気になる。

 子供は大人がそうあってほしいと思い描くように育つものではない。遊びと勉強とスポーツなどをそれぞれメリハリをつけて集中するような、カンペキな生活習慣を身につけている子供がいたら、かえって気持ち悪くないだろうか。

 自分の子供がそうだとしたら自慢のご子息ということになるのかもしれないが、実は親の理想に従って自分を押し殺しているのではないのかと、私は逆に気になってしまう。一言でいえば、子供らしくない。子供はもっと不安定で当然だ。

 ゲームに関しては、だから子供の使用が難しい。個々の性格によって違いは大きいはずだが、一度始めたら、何時間でも、下手すりゃ1日中でも、やり続けてしまいがちなのがこの遊びだ。ましてや、今のゲームは、業界の長年に渡る企業努力と技術の蓄積で、プレイヤーが強い快感を覚えることができるように進化している。なので、大人でもハマって抜け出せない人がたくさんいるし、自制心のしっかりしていない子供ならなおさらだ。まだ不安定だから、いくらでもやり続けてしまう。

 ゲーム依存症を心配する大人たちは、そういう危なっかしい子供の姿を見て、あるいは姿を想像して、「対策を講じなければ大変なことになる」と焦ってしまうのだろう。けれども、子育て経験者なら重々承知しているように、どんな対策を講じようが、本人が自らそうしようと決めたことでなければ、親の話など聞く耳を持たない。

 香川県の条例で、ゲーム時間の基準が設けられることで、家族内ルール決めの際に、親が子供を説得しやすくなるという意見もある。だが、実際は、「こういう条例もあるのだからね」と言ったところで、子供が納得するとは限らない。むしろ、「わけのわからない条例を理由にして自分を縛るのか」と、親に対する不信感を抱いてしまう恐れがある。

 おそらく、ゲームについては、一度、二度とドハマりして、「こんなことばかりしていちゃ、ダメ人間になるよなあ」と子供本人が気づかないと、次にステップに進めない子が多いのではと思われる。あるいは、ゲームよりも楽しいものと出会うかどうかだ。

 新型コロナウイルスの影響でゲームのプレイ時間はどうなったか。香川県の子供たちのゲーム利用は全国と比較してどう違ったか。ゲームエイジ総研というマーケティングリサーチ&コンサルティングファームが調査した結果がある。

 産経新聞が報じたそれによると、〈新型コロナウイルスの感染拡大で休校措置がとられた時期と重なったためか、全国的に10代の利用時間は増加傾向にある。香川県の10代の利用時間も全国と同様に、学校が休校になった3月7日前後から増加。条例が施行された4月1日には減少したが、その後の緊急事態宣言の発令に合わせて再び増加傾向に戻った。2月3日〜4月19日の11週間で、利用時間平均は全国で計270.2時間、香川で計262.6時間と、あまり変わらなかったという〉

 このデータだけで、条例に意味なしと断定するのは早計だろうが、やっぱりねと感じた人は多いのではないだろうか。

 ゲーム依存に関しては、まだまだ専門的な研究が足りない。ネットゲームは、ソーシャルネットワークとしても使われており、全国各地、下手したら外国にもネット友達がいるという子供は普通にいる。そこから始まる社会勉強もある。ゲーム=悪、ではない。

 わが子がゲーム漬けになっていたら、当然、親は心配だ。その気持ちはよくわかる。でも、大人が一方的に決め事をしたから事態が変わるほど簡単な話ではない。どうするか決めるのはあくまでも本人。親ができるのは我が子の意思を尊重し、その意思の実現のサポートすることぐらい、と腹を括るのが肝要なのだと思う。

関連記事(外部サイト)